なぜ、ビジネスをするには1000人のフォロワーが必要なのか?

Pocket

最近は、SNSの普及によって、
個人が情報を発信することで
メディア的な役割を果たし、ビジネスにつながっていく。

という現象が、以前よりも多く
見られるようになってきている気がします。

Twitterをビジネスに活用する人も多く
Twitterのビジネス活用に詳しい人の中には、

・ビジネスを立ち上げたいならまずは
 Twitterのフォロワーを1000人以上集めるといい

・起業をしたいなら1年くらいかけて
 Twitterのフォロワーを1万人以上集めたらとても有利

といったアドバイスをしている方もいらっしゃいます。

ちなみに上記2つの教えは
それぞれ異なる人が言っていたことです。

フォロワーを集めることが、そんなに
ビジネスに影響するのでしょうか?

実は、SNSのフォロワーとビジネスの規模の相関関係については、
ウェルスダイナミクスとウェルススペクトルの
創始者であるロジャー・ハミルトンが開発した最新の理論、

「インパクトメーター」

の中でも触れられています。

ここでは、「フォロワー数」というのは、
Twitterだけに限らず・・・

  • Twitterのフォロワー数
  • Facebookの友達の数
  • YouTubeのチャンネル登録者数

など、自分のビジネスに関する情報を発信しているSNSで、
ゆるく接点を持っている人の総数
をフォロワー数と考えて良いでしょう。

 

インパクトメーターは
ビジネスの規模を色で示す理論です。

そして、主にビジネスの規模は
1年間に商品を購入する顧客の数、
そのビジネスに関する情報を発信するSNSのフォロワー数
によって定義していきます。

具体的に目安となる数値を言いますと、

 

  • レベル1-赤レベル…顧客数1人・フォロワー数100人
  • レベル2-オレンジレベル…顧客数10人・フォロワー数1000人
  • レベル3-黄レベル…顧客数100人・フォロワー数1万人
  • レベル4-緑レベル…顧客数1000人・フォロワー数10万人

 

このような定義で
ビジネスの規模を表現していきます。

ちなみに、このフォロワー数は
見かけのフォロワー数では意味がなくて、例えば
メルマガやLINEなどアクティブに情報を取得してくれる
コミュニティの募集を始めたときに、

 

  • 赤レベルの場合→登録数50人→顧客1人→売上最大200万円
  • オレンジレベルの場合→登録数250人→顧客10人→売上最大1500万円
  • 黄レベルの場合→登録数2000人→顧客100人→売上最大1億円
  • 緑レベルの場合→登録数2万人→顧客1000人→売上最大5億円

 

といった転換率にできる程度の
集客のシステムが整っていること。

こういったビジネスの規模を測定できる考え方が
「インパクトメーター」なのです。

 

そうなると冒頭でご紹介した、
Twitterのフォロワー数とビジネスの規模に関するアドバイス・・・

  • ・ビジネスを立ち上げたいならまずはTwitterのフォロワーを1000人以上集めるといい
  • ・起業をしたいなら1年くらいかけてTwitterのフォロワーを1万人以上集めたらとても有利

この規模感もとても納得できます。

フォロワー数1000人はオレンジレベル、
フォロワー数1万人は黄色レベルの
インパクトメーターと一致するのです。

 

WEBでの集客を行っていく場合、
これらのフォロワー数、コミュニティ数(メルマガやLINEの読者数)、
顧客数、売上規模を目標にビジネスを展開するのは
良い指標になるのではないでしょうか。

 

あなたのビジネスは今のところ、
どの規模になりそうですか?

また、1年後は
どのくらいの規模を目指したいですか?

もっと詳しい話が聞きたくなったら、ぜひ
6月2日(に行われるロジャーの講演を聞きにきてください。

それぞれの段階でやるべきこと、
やってはいけないことがあります。

現状のレベルでやるべきことをしっかりやりきり、
達成できたら次のレベルのやるべきことに
取り組んでいくのです。

 

ロジャー来日まで、とても待ちきれない!

という方は・・・

ロジャーの著書『才能は開ける』を読んで予習しておきましょう。

http://amzn.to/2kDRsOT

『才能は開ける』の中で解説されている、
「ウェルススペクトル」の理論が
インパクトメーター理論の土台になっています。

土台となる理論を学んでおけば、
ロジャーからの学びをさらに吸収しやすくなることでしょう。

 

本ではなく講師から直接学びたい場合は、
「ウェルス入門講座」への参加をおすすめします。

ウェルスダイナミクス、ウェルススペクトルをはじめとする、
ウェルスダイナミクスの全体像を
講師から直接学ぶことができます。

初心者でも大歓迎の入門講座です。

http://bit.ly/2EbhNjh

*開催するイベントによって
お伝えしているコンテンツが変わりますので
開催内容をよくご確認の上、お申し込みくださいね。

 

守屋 信一郎(ロード)

 

Pocket