1×1×1×1=1の悲劇

Pocket

困った
—————————————–
1×1×1×1=1の悲劇
—————————————–

あなたは
チームで活動した
経験はありますか?

できれば、
仕事上のチームを
思い出してください。

そのチームでの仕事は
うまくいきましたか?

TEAMの頭文字を取って、
こんな風に表現される
ことがあります。

T…Together(一緒に)
E…Everyone(みんな)
A…Achieves(達成する)
M…More(もっと)

人が集まったときに
全員で、
一人でやるよりも
もっと達成するのが
チームです。

ウェルスダイナミクスには
方程式があります。

富=価値×レバレッジ
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

この方程式を理解するために、
チームを作って
活動するといいと
アドバイスを受けて、
チームに参加したことが
ありました。

ですが…
これがなかなか
上手くいきませんでした。

私たちは、
ウェルスダイナミクスを
お伝えするセミナーを
行っていたのですが、

チームメンバーは4人
参加者1人

…汗

という状況が
結構続きました。

そして、やればやるほど、
一人でやっていた方がいいのでは?
という状態になりました。

まるで
1×1×1×1=1
の結果を4人で分けるのですから、
マイナスになってしまいます。

活動の後半、
現在協会のメルマガ執筆や
ソーシャルメディアマネージャーの
守屋さんが活動に加わりました。

すると、
状況がどんどん
変わっていったのです。

なぜか?

たぶん、セミナーは
当時も私のほうが
面白かったと思います。
(そこで勝負?汗)

でも参加者が求めていたものは、
そこに時間とお金を投資する
【価値】だったのです。

—————————————–
価値を見極める指標
—————————————–

私たちは、
違うプロファイル同士で
チームを組みました。

スター
サポーター
トレーダー
アキュムレーター

それはよかったのですが、
スペクトルレベルというものを
意識していなかったのです。

スペクトルの9つのレベルの図↓

スペクトル

私たちは、
全員、基礎プリズム
しかも、ほとんどが
一番下のレベルの赤外線【犠牲者】
でした。

これでは、
掛け算をするとき、
1にも換算できません。

マイナス同志の
掛け算をしていた
ことになります(泣)

守屋さんだけが、
黄色レベル【プレーヤー】
だったのです。

—————————————–
同じ悲劇を経験しないために
—————————————–

あなたはすでに
スペクトルのレポートを
読んでいただけましたか?

ぜひ、読み込んでいただいて、
ご自身だけではなく、
他の方のスペクトルレベルを
見極められるように
なっていただきたいと
思っています。

でないと、
私と同じ失敗を
してしまう可能性があります。

まずは、スペクトルの各レベルの特徴を
じっくり学んでみてください。

学び方としては、
1、スペクトルレポートをじっくりと読む
2、書籍「才能は開ける」を読む
3、スペクトルのセミナーに参加する

また、
スペクトルに関する相談を
したいというときは、
スペクトル診断セッション
お申し込みいただくこともできます。

または、全国の
スペクトルコンサルタントたちに
ご相談ください。

 

瀬賀 啓衣(スター)

 

Pocket