アドバイザー

Pocket

「ウェルスダイナミクス活用方法」のヒント、
今回のテーマは

「アドバイザー」

です。

ウェルスダイナミクスには

  • ウェルスダイナミクス
  • ウェルスフィットネス
  • ウェルスネットワーク
  • ウェルススペクトル

という4つのプログラムが
あることをご存知でしょうか?

その中に、人脈について学ぶ
“ウェルスネットワーク(以下、WN)”
というプログラムがあります。

そして、WNにおいては
まず最初に繋がるべき人脈が
明確に設定されています。

その1つが

「アドバイザー」

と呼ばれる人達です。

 

アドバイザーとは・・・

「あなたより知識を持っている人達。
メンターやロールモデルを持っている人達も
この分類です。

自分が経験した失敗で
あなたが経験しそうなことを教えてくれたり
自分の経験から得た価値を
喜んで教えてくれる人達のこと。」

とWNでは説明されています。

 

ここで突然なのですが
私は高校生の頃からもう15年以上
趣味でギターをやっています。

音楽には、楽典と呼ばれる理論が存在するのですが
私はこれが大の苦手…

当時の私は
それなりに弾ける方ではありましたが
理論を学んでいないことがコンプレックスでした。

そして演奏レベル的にも
次に進みたいと思っていたのです。

 

ある程度の演奏をしようと思ったら
理論は必須。

そう考えた私は
気合をいれて学ぼう!
と意気込むのですが
これがなかなか続かない。

細かな理論よりも
感覚で弾く方が楽しい!
というタイプです(笑)

何年も同じようなことを繰り返し
その度に挫折してきました。

 

そんなある時、私は
以前プロギタリストとして活躍されていて
ご自身で演奏しながらも
若手ギタリストを育てている方と
出会いました。

これはチャンスだ!
と思い、私はその方に
教えを乞うことになったのです。

その方はもちろん
音楽理論に精通していて、経験豊富な方。

この機会にきちんと音楽理論を学ぼう!

そう思ってレッスンに臨んだのですが
最終的に私が学んだのは
なんと…

 

「理論が分からなくても
十分にギターが弾ける方法」

 

でした。

その方から見て私に必要なのは
徹底した理論武装ではなく
いかにギターを楽しむか?
という事だったんです。

それがきっかけで
自分の演奏レベルは
確実に上がりました。

そしてそれまで以上に
ギターが楽しくなりました。

ギターが上手くなるには理論が必要!
というのは私の勝手な
思い込みだったのです。

 

そして驚いたのは
それまで大嫌いだった理論の
理解スピードまで上がったこと。

ちなみにこの期間わずか3ヶ月。
ウェルスダイナミクスでいう
フローに乗れた瞬間です。
ここで言えるのは

自分1人では何年もかかる事
(何年かかっても達成できない事)

が、アドバイザーの力を
借りることで解決できる!
しかも1人でやるより
圧倒的にわずかな時間で。

ということです。

 

あなたには
そこに長時間かけているのに
なかなか解決できないという
問題はありますか?

であれば、まずはアドバイザーから
適切なアドバイスが貰える環境を
整えることが必須です。

「そんなこと言われても
アドバイザーって
どうやって探せば良いの…?」

って思いましたか?

そんなあなたに朗報です。

実はウェルスダイナミクスの
世界には既にこれだけの
アドバイザーがいるのです。

http://jwda.org/trainer/

 

ここで更に朗報!

それは

トレーナーには男性・女性
各業界のプロフェッショナルが揃っている

ということです。

  • 起業
  • 出版
  • コーチング
  • 経営コンサルタント
  • 企業研修
  • 人材育成
  • 教育

実に様々。

しかもそれぞれが
ウェルスダイナミクスを用いて
圧倒的な実績を出されています。

ウェルスダイナミクスを
実践的に活用している
ということにおいて
これ以上の方々はいません。

 

私もウェルスダイナミクスを学び始めた当初から
このトレーナーの方々に、色んなことを教えてもらいました。

自分1人でやっていたら
全く扱えてなかったでしょう…

自分より経験知識が豊富。
しかもウェルスダイナミクスの
再現性の高い理論をもって
自分の問題解決から、さらなるレベルアップへと
段階を踏んで確実に導いてくれるアドバイザー。

そんな理想のアドバイザーを
この機会に見つけてみてくださいね!

 

岩下 知史(スター)

 

 

Pocket