アドバイザーを選ぶときにやってはいけないこと

Pocket

あなたには
アドバイザーと呼べる方がいますか?

メンターでも師匠でも
言い方はなんでも結構です。

が、ここでは一般的に
組織における上司の方などではなく

世間的な成功を手にしていて
あなたをより良い世界へと
導いてくれる存在のことを指します。

結論から言うと

「もしあなたが成功したければ
アドバイザーが必要です。」

これは「必ず」なのです!

 

・・・と、ここまでのお話なら
あなたもどこかで聞いたことが
あるかもしれませんね。

アドバイザーの存在は
それくらい重要だということです。

しかし、そう言われて
見つけられるなら苦労は無いわけで・・・

あなたにとっては

「そもそもアドバイザーは
どうやって選べば良いの?」

の方が気になるんじゃないでしょうか?

ちなみにこの質問は
個人的にもよくある質問の
TOP5に入ると思います。

そこで、今回のテーマは

「アドバイザー選びの基準」

についてお話させて頂きます!
是非参考にしてみてください。

 

自分の中では全力で階段を駆け上っているつもりが…

さて、これは先日のお話です。

僕は、日本では10人しかいない
ウェルスダイナミクストレーナーと
お話する機会がありました。
(しかも1日にお二方と!)

ウェルスダイナミクスの話はもちろん
話の流れで私のビジネスについて
コンサルティングをして頂いたり(笑)

個人的にとても貴重な時間でした。

なのですが・・・
私はアドバイザーと話をすると
いつも思うことがあります。

それは

 

「あれ?いつから自分の視野は
こんなにも狭くなったんだ!?」

ということです・・・

これ、気づいた瞬間は
なかなかショックなんですよね(笑)

私は自らもコーチングや
コンサルティングを生業としていますし
常に高い視点を持つことを
意識しています。

そういう意味では
私も日々成長しているんです。

自分で言うのもなんですが
それは間違いないはず!

が、しかーし!!

それだけ意識していても
高い視点を持っている方と
お話をすると、ハッと気付かされるのです。

 

感覚的には

「自分の中では全力で
階段を駆け上っているつもりが
いつの間にか、同じフロアを
グルグルしようとしていた・・・」

と言ったら、分かって頂けるでしょうか?

でも、ウェルススペクトルの観点から見れば
これも当然のことなんですよね。

はい、私も頭では分かっているんです・・・

ウェルススペクトルには
スペクトルレベルという
言わばあなたの富のレベルを
9段階で表すシステムがあります。

 

次のフロアへの階段を見つけるために

例えば私の場合は

「イエローレベル」

というスタートから4つ目の
レベルにいるのですが

今回お話したトレーナーは
グリーンレベル以上
(私より1つ以上高いレベル)
の方々でした。

そして、ここ重要なのですが
スペクトルには

「各レベルにおいての成功戦略は
次のレベルの失敗戦略になる」

という特徴があります。

私に置き換えて言うと

「今のままやっていれば
イエローレベルには存在できるけど
それ以上には行けないんだよ!
(そのまま上へ行こうとすると失敗するよ!!)」

ってことです。

だから、私はこのままだと
同じフロアをグルグルすることになる
ということなんですね。

 

正確にはイエローレベルの中でも
ピンキリで成長することはできます。

が、上の階に行くためには
今持っているものを
手放す必要があります。

そして、私はトレーナーのお二方と
お話をすることでそれに気づいたのです。

お二方は言ってみれば
私より上の階にいますので

同じフロアを走り抜けようとしている私に

「階段はこっちだよー」

って教えてくれたんですね(笑)

このように、頭では分かっていても
いつの間にやら自分のことが
分からなくなるんですよねー。

 

アドバイザーとスペクトルレベルの関係

話が遠回りになりましたが・・・

要は、あなたがアドバイザーを選ぶときには
このスペクトルレベルが
一つの基準になり得るんです。

当然のことながら
自分よりスペクトルレベルが
低い人をアドバイザーに
すべきではありません。

厳密に言えば自分より
1〜2つ上のレベルの方に教わると
成長が早いです。

【補足】
同じレベルの場合は
そのレベルや知識の差によって
判断が変わります。

逆にレベルが高すぎると
今度はついていけない・・・
ってことが起こりえますので
あまりオススメしません。

 

このように、とても曖昧になりやすい
アドバイザー選びの基準も
スペクトルを活用することで
解消することができます。

ちなみに、このスペクトルレベルは
年齢や稼いでいるお金の量は
関係ないのです。

それらも基準にはなりますが
レベルを上げるためには
それ以上に重要な課題が存在します。

そしてそれらの課題を
クリアするためには
知識や経験はもちろん

それ相応の人脈や人柄までもが
必要になります。

なので、スペクトルレベルの
高い方には総じて
人徳の高い方も多いです。
(もちろん全てではありませんが・・・)

 

冒頭でお話した通り
あなたが成功するためには
アドバイザーが必須です。

そして、自分に相応しい
アドバイザーを選びの際には
スペクトルを意識して見ていくと
あなたの加速度的な成長に
繋がります。

是非、自分に相応しい
アドバイザーを探して
人生を理想のカタチへと
変えてくださいね!

 

・・・えっ?

そもそも、スペクトルレベルは
どうやって見極めれば良いか?

ですって??

それはですね・・・

ここで身をもって体感しましょう!!


スペクトルを深く理解していくと
相手の活動内容や言動などからも
レベルが推測できるようになります。

とは言え、最初のうちは
判断が難しいと思うので
実際にその「差」を体感して欲しいのです。

ここにはトレーナーの方々はもちろん
ウェルスダイナミクスの有資格者も集います。

そして、何よりウェルス考案者である
ロジャー・J・ハミルトンが来ます!

ロジャーのエネルギーは
ひと目見るだけで伝わるほど
大きいので見ておいた方が良いですよ。

 

会場に行って有資格者や
トレーナーと交流して

「ロジャーのスペクトルレベルってなに?」

という質問をしても
面白いかもしれませんね(笑)

この言葉だけでは伝わらない部分を
是非あなたの体と心で
感じ取ってみてください。

それでは会場でお会いしましょう!

本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

岩下 知史(スター)

 

Pocket