優秀な人材が集まらない本当の理由

Pocket

あなたが今
起業していたとしても

いつかしたいと
思っていたとしても

ビジネスを大きくしたいと
思ったときに、必ずぶつかる問題
それは

『優秀な人材の確保』です。

今日のお話は
優秀な人材を確保したい経営者さん
重要な情報です。

ので、

しっかり読んでいただき
活用してくださいね。

今日は特に
有料セミナー級の内容です。

 

まずは、質問をしたいと思います。

この起業家は、どのスペクトルレベルでしょうか?

==========================

・ビジネスは美容室経営
・4店舗経営
・従業員は20人
・年商は2億円

==========================

1. 黄色レベル プレーヤー
2. 緑レベル パフォーマー
3. 青レベル 指揮者

もし、分からないなと思われたら
スペクトルの無料レポートをぜひ
読んでみてくださいね。

http://jwda.org/ws/spectrumebook/

 

いかがですか?

 

正解は…

 

 

実は…これだけでは
わかりません!



ひっかけちゃいました。
ごめんなさい!

スペクトルレベルは
業種や
店舗数や
従業員数や
年商では
決まらないんです。

例えば、上記のような状態でも
経営者ご自身が、常に4店舗を見ながら指示を出し
売上を上げる采配をしているならば
黄色レベルの「プレーヤー」ですし
それ以上のレベルの可能性もあります。

ですが

スペクトルという指標がないままこの状態になると
経営者さんは、自分の経営者としての
現在地が把握できなくなってしまい
『悩む』ことが多くなるのです。

 

そのうちの一つが

「なんで、うちには
優秀な人材が来ないのだろう」

という、『悩み』です。

売上や規模が大きくなればなるほど
黄色レベル「プレーヤー」のままで
同じ状態を維持するには
負担が大きくなる一方です。

優秀で売上げの責任を
持ってくれる人さえ来てくれたら
解決するのに、とか

どうしたら、今いる従業員が
ちゃんとできるようになるんだろう。
結局自分がいなければ、回らないじゃないか。
どうすればいいんだ…と

堂々巡りをしてしまいます。

 

同じ状態でも
スペクトルを知っている経営者さんは
自分の状況は、今のスペクトルの
位置が原因だと把握できるので

『悩む』のではなく
『考え』ます。

「そろそろ、今の状態ではきつくなるな。
黄色レベルで居続けるなら
スケールダウンする必要があるな。

このままを、上手に維持するか
もっと成長させるには
自分のスペクトルレベルを
次の緑レベル パフォーマーに
上げる必要があるな。

よし、どこから始めようか」

と、なるのです。

だからスペクトルをしっかりと学び
自分の位置を把握しておくことが
重要なのです。

 

goo辞書によると

『悩む』とは

1 決めかねたり解決の方法が見いだせなかったりして、
心を痛める。思いわずらう。

2 対応や処理がむずかしくて苦しむ。困る。
『考える』とは

1 知識や経験などに基づいて、筋道を立てて頭を働かせる。
判断する。結論を導き出す。
予測する。予想する。想像する。
意図する。決意する。

2 関係する事柄や事情について、あれこれと思いをめぐらす。

となっています。

つまり、同じ頭を使っている状態でも
一方は、解決策がわからずに思いわずらい
もう一方は、解決できる前提で
頭を働かせているのです。

この違い、大きいと思いませんか?

 

柔道では帯の色で
階級の差が一目でわかるように
スペクトルは、起業家としてのレベルが
色分けされています。

柔道の階級を上げるために
必要な要件があるように
起業家として、得たい状況を得るために
どのレベルになればいいのかが
分かるようになっています。

優秀な人材を引き寄せるには
経営者さんご自身が
スペクトルレベルを
上げる必要があるのです。

今まで以上の水をためるには
今より大きい器が必要ですよね。

それと同じことなんです。

 

ここで気づいていただきたいのは

『優秀な人材』

という言葉自体がそもそも曖昧で
使っている人と、それを聞いた人での解釈が
変わる可能性が非常に高いということです。

ビジネスという真剣勝負の世界では
この曖昧さが命取りになることがある
ということを、ぜひ、心に留めておいてください。

『優秀』な状態とは、具体的には
何がどのようにできることを指しているのか
ほとんどの経営者が言語化できていません。

それを明確にして
ビジネスという素晴らしい活動を
さらに発展させるために

例え今あなたがどんな状態であったとしても
ぜひ、一度真剣にウェルススペクトルを学ばれることを
お勧めしています。

 

ウェルススペクトル
無料レポートはこちらから

 

Pocket