『自分らしく』の落とし穴

Pocket

最近、よく目にする
『自分らしく』という言葉。

これって
ちょっと理解するのが難しいなって思うのは
私だけでしょうか??

あなたは、どんな時に

「今自分は、自分らしくしているな」

と、感じますか?

 

今日は、

『自分らしい』

について
一緒に考えていきたいと思います。

 

そもそもこの言葉
誰がどんな時に使うんだろうって
思いませんか?

ココが重要だと思ったんです。

でっ

私の個人的な感想では

『自分らしく生きられてない人』

『自分らしく生きられていない時』

に使うのではないか?
という結論が出たんです。

つまり逆説的に考えると

『自分らしいかどうか
気にせず楽に生きられている』

という時こそ

自分らしく生きられている
のではないでしょうか。

 

==============
どうすれば、そうなれるのか?
==============

で、結局は
どうすればそうなれるのかが
一番の課題ですよね?

自分らしさを求めているのが
自分らしく生きられていない
と思っているときだと仮定すると…

そもそも、その『自分らしい』が
どういうことなのか分からなくなっている
時なんだと思うんですよ!

…どうですか?

少なくとも
私が自分らしく生きたい
って思ったときは

色んなことを我慢して
その我慢がホントは
自分でしたい我慢じゃなくて

なんだか損している
なんだか生きずらい

そんな気がしている時でした。

その『負』の状態には
気が付いていましたが

じゃあ、どうなってたら自分らしいのかという
具体的なイメージがなかったのです。

我慢していないと、自分はどうしたいのか?
生きやすさを感じる時、自分は何をしているのか?

 

あなたはいかがですか?

 

逆に、スイスイ生きてる友人、知人は
それが自分らしいかどうかなんて
気にもしてない様子でした。

( ̄ロ ̄lll)ガーン

 

==============
ウェルスダイナミクスの出番です!!
==============

ウェルスダイナミクスでは
8つのプロファイルの特徴や才能や弱みを
ご紹介しています。

また、ビジネスにおける
そのプロファイルに合った戦略を知ることもできます。

そして、ウェルスダイナミクスでは
プロファイルの事をこう表現しています。

 

もっとも抵抗の少ない道のり
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

流れるプールをイメージしていただくと
いいと思います。

流れるプールの流れに逆らって泳ぐとき
あなたはもっとも強い抵抗を受けながら
泳ぐことになります。

流れるプールの流れに乗ってすいすい泳いでいるとき
あなたは、もっとも水の抵抗が少ない状態で泳げます。

これ、なんとなくイメージできますか?

この状態を作り出すために
ウェルスダイナミクスが提供しているのが

  • プロファイルの強み、成功
  • もっとも向いている役割
  • プロファイル戦略

の解説です。
これを活用していただくことで

『自分らしく』

を可能にするんです^^

 

==============
自分らしくない><

自分らしい(*^^*)

への手順
==============

【1.プロファイルを知る】

まずはオンラインテストで
プロファイルを知ることがスタートラインです。

 

【2.プロファイルに納得する】

レポートをじっくり読む、もしくは
専門のプラクティショナーに解説を受けることで
「自分はこのプロファイルだ!」
という納得度合いを高めてください。

ここをしっかりやっておかないと
3.をやることに躊躇したり
やりながら不安になったりします。

しっかりとやっておくことが大事です^^

 

【3.強みの選択と実行】

強み、成功、向いている役割、プロファイル戦略の中から
今の自分に必要なアクションを選び実行する。

それが、どれなのかわからない時も
プラクティショナーからのセッションを活用してください。

 

【4.マスターする】

自分が何者か気にならなくなるまで
それを実行していく

選んだ強みが当たり前すぎて
息を吸うくらい自然になった時
自分らしいかどうかなんて
考えていない状態になりますよ^^

そして、流れるプールで
流れに沿って泳いでいるかのように
すいすい楽しく物事が進むようになっているはずです。

ぜひ、お試しください。

プロファイルテストとセッションは
同時に受けていただくことをお勧めします!

お申込みはこちらのリンクから
⇒ プロファイルテストについて詳しく見る

または、お近くのウェルスダイナミクスの
認定講師の方から購入することもできます^^

瀬賀 啓衣(スター)

 

Pocket