12月 03

スタートアップの資産拡大

Pocket

あなたはどうやって3年間でスタートアップ(起業)を

3億ドル以上の資産規模に拡大していきますか?

fb

27歳のメラニー・パーキンズは

オーストラリアのスタートアップ(起業)Canva.com を

その資産規模を築き上げました。

 

Canvaは、今週、資産価値の1千500万ドル、

その後資産価値の2倍の3億450万ドルまで作り上げました。

 

メラニー・パーキンズがそこにたどりまでに取った

5つのシンプルではあるけれど、

あまりシンプルでもないステップを以下紹介します。

 

 

1) あなた自身の問題を解決しよう

2007年に大学でグラフィックデザインを学んでいる際、マラニーは彼女が使用していたグラフィックデザインソフトウェアの難しさとソーシャルメディアの使いやすさの違いと比較していました。

「とても複雑で難しいものでした。ソフトウェアにあるボタンの位置を学ぶまでに1学期の期間を要しました。それと同時期に、フェイスブックは人気のソフトとして使われ、使用方法はとても簡単で、誰もがフェイスブックを使っていました。」

それを機に、メラニーは、学校のいろんなアルバムを寄せ集めてまとめられるチャレンジを解決するためのビジネスを始めることにしました。そして”Fusion アルバム”という製品を発売しました。

 

 

2)小さなものから始めよう

「私の彼氏が共同創設者となり、私の母のリビングルームでビジネスが始まりました。幾つかの面で私たちのナイーブさが手助けとなりました。もしその時にすべての事を知っていたら、威圧感にさらされるなんて私自身がわからなかった」と、メラニーは思い起こしています。

起業立ち上げの頃、メラニーは多くの人に拒絶されてきましたが、規模が小さいままでいることは、困難な時期もしのぐことができました。

「起業の際の1つ1つのステップには、たくさんの拒否に対処していかなければなりませんでした。あなたが人から拒絶されたとき、私の反応は以下のようになります。再びやりたいと思わないけれど、そのような会社を運営するということは、拒絶されることはプロセスの一部分だと気づくのです。」

「私たちは、一番最初に100ドルのチェックを手にしたとき、この上ない喜びでいっぱいでした。そして、私たちが築いてきたものに人々が料金を払う準備ができているということを悟りました。」最初のお客様から、初年度に15校、2年度には30校、3年度には80校へとお客様の数が増えていきました。

 

 

3)大きく考えよう

メラニーは、それから資金調達をしに、100人以上の投資家に新しいアイデア提案しに行きました。彼女曰く、「早い段階の提案資料で、最初の数枚のスライドで私たちの製品について話しました。しかし、結局はプレゼン資料のほとんどが、問題とその重大さについて説明をしました。」

彼女は最大の賭けは大きく考えることだと決意しました。
Fusionアルバムのための資金調達をする代わりに、次のスタートアップ(起業)Canvaの資金集めをしようと決めました。Canvaは、無料のオンラインツールで、どんな人にもグラフィックのデザインができる機会を提供するサービスです。学校の市場以上にかなり大きな市場となりました。

2012年に、サンフランシスコに飛んでいき、シリコンバレーにあるVCsを訪問の目的で、3ヶ月間メラニーの兄の家のフロアで寝泊まりしていました。ミーティングの合間は、ショッピングモールで無料のWiFiを使っていました。100以上のミーティングとより大きな提案を重ねてきたにも関わらず、取引までたどりつくことができないままでいました。彼女曰く、「なんでこれがそんなに難しいものなんだろうかと考えていたことを思い出します。」

 

4)流れにフォローしよう

だから、メラニーは、オーストラリアのパースで行われたある会議で出会った投資家、MaiTaiの創始者のビル・タイに連絡を取りました。ビルはマウイのMaiTaiを運営していました。そこは、メラニーがカイトボーディングを学んだところでもあり、ハリウッドスターのオーウェン・ウィルソンとウディー・ハレルソンとつながりはじめた場所でした。彼らはビルと一緒にCanvaに投資することを決意しました。

Fusionアルバムとより大きなCanvaのビジョンとメラニーが懸命にがんばったことによって成功をおさめ、2013年に、Canvaはホームページが立ち上がる以前かなり前から、当初300万ドル売り上げました。彼女のホームタウンから離れた旅行先でこう言いました「たくさんの試行錯誤の旅をしてきましたが、結果的に、私が望むように物事が動いています。」

 

 

5)早く測定しよう

1年以内に新しい資本金で、Canvaは、ゼロから100人のユーザーへと増えていきました。

今日、Canvaは、179各国で1千万人のユーザーが利用しており、そのプラットフォームで作成されたデザインは1億個あります。その成功は、今期にはより容易に資金集めができるようになりました。

「第1ラウンドは、初期の投資家たちと出会ってからその投資を得るまでには、3年かかりました。最期のラウンドまでに、オーストラリアに戻るまで5つの事務所をかまえることができました。」

Canvaは、現在4千万ドル総資産があり、オーストラリアでは急成長を遂げているテクノロジーの企業の1つとして現在もその道を進んでいる最中です。

シリコンバレーのような場所の起業でどんどん急成長を遂げているテクノロジーの起業内では男性優位でありますが、その型を覆したメラニーの成功を通して、あなたはどのステップをフォローすることができるでしょうか?

 

すべての早い成長は偶然にして起こったものではなく、デザインされたものなのです。

 

メラニーからあなたへのアドバイスは?

 

「企業の評価とその何千人のユーザーを見てみるとよいでしょう。真実を知ることはとても簡単ですし、その他の人たちも真実を簡単に得ることができると考えることもできます。私がそういった状況にいたのではないことをはっきりと証明することができます。最初のアイデアを生み出してから、10年間が経ちました。私はたくさんトライしてきましたし、たくさんの拒絶を受けましたし、たくさんの痛みも味わいました。一番大事なことは、本当に重要な問題を解決することと、できるだけユーザーに多くの価値を与えられるように注意をおくことです。」

 

それでは、Canvaの次のステップは何でしょう?

メラニー曰く、「私たちが克服しようとしている次の山の先端を見上げる時間をたくさん費やしています。しかし、時々、見渡してみることをしたり、どれくらいのステップを私たちが歩んできたかということも把握するようにしています。それはかなりクレイジーなことでありますが。」

「Canvaでできることの1パーセントを成し遂げたと私たちは感じています。1千万のユーザーがいますが、現在インターネットのユーザーは3億人以上いるのです。」

 

 

******************************************

ID-100221661

あなたはウェルスダイナミクスのプロファイルテストをすでに受験されましたか?
もし、まだ受けていなければ、今すぐ無料の簡易テストを、下記のページから受けてみてください。→ 簡易テストを受験する

Pocket

9月 06

たったひとつの動画配信で億万長者になれるでしょうか?

Pocket

自身の会社 (dollarshaveclub.com)を

Unileverに10億ドルで売却したばかりの

スタートアップ起業家のマイケル・ドゥビンは、

まさにこれを実現させました。

 

 

マイケル氏が新に立ち上げたスタートアップ事業が

うまくいかずに悩んでいたのはちょうど4年前のこと。

 

 

事業アイディアは

「かみそりを月1ドルでネット販売する。」

というシンプルなものでした。

 

(彼はこのアイディアを、パートナーの

マーク・レビンとパーティーに参加した際に思いつきました。)

 

 

彼らはこの事業アイディアに全財産を投じ、

成功を夢見て2年もの月日をかけて取り組みましたが、

結局2012年の時点で成功するに至らず、

製品の配送に必要な資金も調達できず仕舞いでした。

 

 

 

打開策はあったのでしょうか?

 

 

マイケル自身が出演して、たった2分で

会社(dollarshaveclub.com)の事業説明をする動画を作成し、配信したのです。

 

 

 

マーク曰く

「僕たちは本当にお金がなかったから、

僕のかつての友人にディレクターになってもらったんだ。

自分で台本を書いて出演する、自作自演さ。

なんせお金が無かったから。

お金をかけずに営業する方法を考える

必要があった僕たちにとっては、

YouTubeで動画配信するのが一番手っ取り早かったのさ。」

 

 

動画は配信後のたった2日で視聴回数は

数十億を超え、120,000ものチャンネル登録がありました。

 

 

視聴回数はその後220億回に上り、マイケルのビジネスを成功に導いたのです。

 

 

たったひとつの動画が、作成費用45万円の動画が、

一か月後の2012年3月には10億円を得るまでに

ビジネスを成功に導いたのです。

 

 

 

その快進撃は衰えることなく続き、

2013年には90.8億ドル、

2014年には120億ドル、

2015年には500億ドルと成長し続け、

遂に、Unileverがマイケルの会社の10億円で買い取ったと発表したのです。
冒頭の動画についてはマイケルは次のように語っています。

 

「動画を見ていただくと分かるように、

僕たちは動画で製品とサービスの良さ

について語っているんだ。製品と料金についてもね。

製品の利便性についても。

そう、確かにビジネスとは関係ない冗談を

言っている場面もあるけれど、要はこの動画は、

視聴者に僕たちのビジネスについて知って

もらうために作ったんだ。冗談も言いながら、

楽しくビジネスについて知ってもらうってわけさ。」

 

あなたが編み出した解決法や、提案、

製品について2分間で上手に説明できますか?

どうやったら効果的に伝えることができるでしょうか?
動画を配信することで必ずしも10億ドルの

利益が出るとは限りませんが、それでももし、

動画を作成する過程をマイケルのように

楽しむことができれば、それだけでもやってみる価値はあるかもしれません。

 

 

まずは動画を見てみましょう。 http://www.dollarshaveclub.com/

そして次はあなたの番です!

スタートアップバトルに参加してみましょう!

優秀賞には10万ドルの賞金が付与されます!

http://www.startupbattle.org/

Pocket

9月 13

投資家ではないアキュムレーターの事例

Pocket

Accumulator
ウェルスダイナミクスを学んでいくと、
「もっと成功事例を知りたい!」
と感じられる方も多いと思います。

特にトレーダーやアキュムレーターは、
投資家としての成功事例が多いので、
真似しずらいと感じ、
もっと自分に近い成功事例が欲しい方が、
いらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、アキュムレーターの
特性を生かして成功した事例を、
紹介したいと思います。

アフィリエイトのビジネスをされている方の話です。
アキュムレータープロファイルでした。

その方は会社員として働きながら、
ノウハウを学びつつ、
コツコツとサイトを作って、
いつしか自分の給料を超えるだけの、
アフィリエイト報酬を得られるようになりました。

その後、会社を辞めて独立。

自分のノウハウを体系化し、
アフィリエイトノウハウの販売を始めました。

しかし、そこで壁に突き当たったのです。

プロモーションのノウハウがなかったので、
せっかく良い商品ができたのに、
十分に売上を伸ばしていくことができませんでした。

その後、ブレイクのきっかけになったのは、
既にプロモーションの実績のある、
プロデューサーとの出会いでした。

プロデュースを受けることで、
自分一人では売れなかった商品を、
ヒットさせることに成功します。

アキュムレーターは
「いずれ価値の上がる資産を所有する」
ことで富を築きます。

それを実行する時に、
分野を決めた上で、
その分野のエキスパートであるメンターに教えてもらい、
富の土台を創ったアキュムレーターが多いように思います。

ウェルスネットワークを
活用するというこの方法は、
ほかのプロファイルも、
共通して使えます。

中でも、
アキュムレーターの方は、
特にコツコツ愚直に教えを実践できる
という特性を生かすことで
うまく使うことができます。

また、
アキュムレーターのプロファイルの中には、
テンポと呼ばれる周波数があります。

この周波数の特質として、
タイミングをとらえるセンスがあります。

ですので、
その周波数も持っているアキュムレーターは
時期をとらえて、
プロデュースしてもらうことで、
蓄えた力を爆発させることができます。

著名人の例で言えば、

投資家のウォーレン・バフェットは、
ベンジャミン・グレアムが師匠でした。

安室奈美恵は小室哲哉から、
プロデュースを受けましたよね。

イチローは2軍にいた時代に、
仰木監督に才能を見出されたことが、
才能を発揮するきっかけでした。

私の知っている、
結果を出しているアキュムレーターの方は、
優れたメンターから、
学びたいことを素直に学んでいます。

また、自分の力だけに頼らずに、
必要な部分ではプロデューサーやメンターから、
サポートを受けるようにします。

これによって
富の方程式である

富=価値×レバレッジ
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
を作り上げたのです。

<価値づくり>
・極めたい分野を突き詰めること

<レバレッジ>
・メンターやプロデューサーの力を借りてブレイクすること

アキュムレーターの方はこの2つを意識しながら、
ご自身の道を進んでみてください。

1度ブレイクをすれば、
比較的安定してビジネスを継続させることは、
アキュムレーターの方が得意とするところのはずです。

Pocket

7月 14

【単純化し増殖する】ってわかりますか?

Pocket

ID-100271080

ウェルスダイナミクスの
プロファイルは
ウェルスダイナミクス・スクエアと
呼んでいる四角形に
配置されています。

この四角形
すごく優秀なんです。

今日はレバレッジのお話です。

この四角形の
右側に『拡大』
左側に『増殖』
と書いてあるのが見つけられますか?

WD Square Original CompactvxLなし

見つけてから読んでくださいね。

右側は『拡大』
ひとつを大きくすることを
指しています。

左側の『増殖』は、
複製して数を増やすことを
表しています。

ウェルスダイナミクスの
富の方程式の

富=価値×レバレッジ
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

のレバレッジの
かけ方を表しているのです。

先日、ある社長の
お話を聞いていて
「お~~それこそまさしく
『増殖』のレバレッジだ!」
と思ったので
そのお話をシェアします。

その方は、
リフォーム屋さんの
社長です。

プロファイルはサポーター。

ナンバー2のアキュムレーターの
方とのお話です。

ある日、ピンチが起きました。
赤字です。(T‐T)

それも、その月の支払いが
できない位の赤字だったそうです。

普段は、
現場をスタッフに任せている社長も、
慌てて、現場に出ることになりました。

若い社員を二人率いて
もう1チーム編成して
一緒に外に出ました。

そうしたところ、
その社長は
あっという間に
受注をとり、
売り上げを立てていきました。

さらに、自分たちのチームは、
もう一つのチームより
ずっと早く事務所に戻ります。

そして、軽く打ち合わせをして解散。

でも、
もう一つのチームは帰ってくると、
そこからミーティング。
しかも、長い…。

やっと終わって、
みんなヘロヘロになって帰っていきます。

でも、一生懸命やってくれているので、
しばらくはそっとしておきました。

それをしばらく続けていると、
あることが解ってきました。

社長のチームは、
早く帰ってきて、利益も出るのです。

お客さんも喜んでいます。

もう1チームは
お客さんは喜んでいますが、
遅く帰ってきて、利益が出ない。

その違いは何だったと思いますか?

ナンバー2の人は
とてもまじめで熱心な人です。

が、ゆえに、もっともっとと
なってしまっていたのです。

もっと、もっと、とは
よりよいものはないか、
常に求め、

部下が「出来ました」
というと、
そんなもんじゃない、
もっと奥が深いんだ!
と、なっていたのです。

もちろん、全ては、
お客様のために。

さらに、技術を磨こう!
さらに、いいものを探して来よう!

と、なり、
みんなどんどん疲れていきました。

けっして、
間違ってはいないのです。

社長はふと思いました。

本当にそうする必要があるのか?
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

もうビジネスモデルは
出来上がっているのだから
後は複製すればいいだけではないか
と気づいたのです。

証明するために、
自分で営業するのではなく、
新人に任せてやらせてみました。

入って3か月教育をしたら、
できるようになることに絞って、
まかせてみると、

お客様も喜ぶ、
仕事は早く終わる、
利益も上がる・・・

あとは、
これができる人の数
を増やせばいいんだ!
という結論にたどり着きました。

このナンバー2の方は、
売り上げを上げるために、
価値を高めるように、
もっと、もっと、
とがんばっていくのです。

頑張り屋さんが陥りやすい
パターンです。

ですが、

利益を増やすためには、

価値を作ったら

<レバレッジ>をかける必要があるのです。

今回のレバレッジは

作業を単純化して
新人ができるようにする

数を増やす

これは、
まさに<増殖>の
レバレッジです。

あなたは
レバレッジを上手く使えていますか?

 

Pocket

3月 14

オファーは向こうからやってくる

Pocket

Education_hands_up_resize
今回は、当協会認定WDトレーナー、
アキュムレーターの松本秀幸トレーナーによるメルマガをお届けします。
認定WDトレーナーとは、

当協会が発行する認定資格、

「ウェルスダイナミクスプラクティショナー」

を養成している、講師陣です。
つまり、ウェルスダイナミクスの先生の先生。

そんな講師陣から、
ウェルスダイナミクスの魅力をご紹介いただく企画
第2弾です。

——————————————–
松本秀幸トレーナー【アキュムレーター】
——————————————–
みなさま、こんにちは。

WDトレーナーの松本秀幸です。

私のことをご存じない方も多いと思いますので
自己紹介がてらウェルスダイナミクスと
私の関わりをお話しさせてください。

私は2007年にウェルスダイナミクスに出会い、
人生が変わりました。
2007年から英語でウェルスダイナミクスを学び、実践し、
コツコツと結果を出している希少品種です。
プロファイルは、
いいものをじっくりと使い込んでいくアキュムレーターです。

2007年当時はJALで働くサラリーマンでしたが、
ウェルスダイナミクスのお陰で会社員としての仕事もさらに充実し、
2足のわらじを履きながら、
コーチとして本を3冊出版し、
2012年に独立して沖縄に移住。
現在は福岡を拠点に
「好きなところで、好きな人と、好きなことをしながら」仕事をしています。

今年は1月に突然思いついて
マーケティングで有名な大物の
ロスアンジェルスでの30名限定セミナーに参加したり、
5月にもある有名な方の
10名限定自宅セミナーにも行ってきます。

思いつきでガンガン行動しているし、
セミナーでも話すし、すごいアイデアもどんどん出して実現するので、
最近はプロファイルが外から見分けにくくなっています。(笑)
表に見える行動だけではプロファイルはわからないんです。

しっかりとその人の行動の裏にある本質を見る必要があります。
そうすることで見えてきます。
アキュムレーターなのでとてもゆっくりとした変化ですが、

ウェルスダイナミクスのアキュムレーター戦略を
活用することで無理なく、
こちらからアプローチするのではなく、
依頼を受けて出版してきました。

 

1冊目の『iPhone英語勉強法』がヒットしたので、

『iPhone英語勉強法』シリーズ3部作を出し、

その後、ディスカバー・トゥエンティワン、
フォレスト出版、PHP研究所からも
出版させていただきました。
また「スマホで英語学習」という
成長分野で第一人者と認められたため、
アピールしなくても
雑誌、新聞などの取材をたくさん受けました。
目立とうとしなくても認められるっていいですよね。(笑)
地味でも内容があれば、
ちょっと「見つけてもらう努力」をすることで、
スルスルとフローにのっていけます。

2012年から
ウェルスダイナミクスプラクティショナー養成講座も始めて、
新規の方からも、再受講の方からも喜んでいただいてます。

ウェルスダイナミクスを活用していくうえで
私が大切にしているのは
「ウェルスダイナミクスの理解そのもの」と
「ほかのものと組み合わせること」です。

「ウェルスダイナミクス×○○」、
というのは○○と組み合わせることによって、
自分の価値を上げ、
レバレッジをかけていくことを意味しています。
ウェルスダイナミクス×○○にはおおまかに2つ意味があります。
今日はその一つをお伝えしましょう。

それはウェルスダイナミクスと
自分の得意な分野を組み合わせることです。

ウェルスダイナミクスプラクティショナーは
ウェルスダイナミクスそのものを
セミナーやコーチングで正しく伝えることができます。
それもとても大切なことですが、
その分野では上手な人がいますのでなかなか差別化できません。
でも大丈夫!
自分の得意な分野と
ウェルスダイナミクスを掛け合わせて、
ニッチを開拓していきましょう。
あなたのやっている分野に
ウェルスダイナミクスを適用することで、
ニッチマーケットにアクセスすることができます。

会社員

パートナーシップ(恋愛、結婚、離婚)

子育て

独立起業

出版

英語学習

コーチング、カウンセリング、コンサルティング

2代目

大家

インターネットビジネス

スポーツトレーナー

整体院

美容院

理容院

認定講座ビジネス

….etc

自分の得意なことと
ウェルスダイナミクスを結びつけると
あなたの価値もぐんと上がります。
これは特にアキュムレーターにお勧めの方法です。

なぜならば、アキュムレーターは
自分の集めたいずれ価値の上がる資産を
整理しまとめて提供することで
価値を発揮するからです。

もしあなたがアキュムレーターでいらしたら、
ぜひ、ご相談ください。

そして、アキュムレーター以外のプロファイルでしたら、
ぜひ、アキュムレーターである私の力を
レバレッジとして使ってください。

是非、いろいろ考えてみてくださいね。
実際にどうしたらよいかと思ったときは、

松本のウェルスダイナミクスの講座を受けたり、
個人セッションなどを受けていただくとぐんと加速します。
それではまたお会いできる時まで♪

Make Your Life Story a Masterpiece!
あなたの人生の物語を最高傑作にしましょう。

松本秀幸(アキュムレーター)

————————————————————————————————————–
松本トレーナーのイベント、養成講座はこちらから
————————————————————————————————————–

 

Pocket