12月 07

ディールメーカーは何をすればいい?

Pocket

Chairman of Japanese mobile carrier SoftBank, Masayoshi Son, gestures during a press conference announcing the company's earnings in Tokyo on November 4, 2014. SoftBank said net profit in the first six months of its fiscal year jumped by more than a third, thanks to a five-billion-USD gain from its stake in Chinese e-commerce giant Alibaba. AFP PHOTO / TOSHIFUMI KITAMURA (Photo credit should read TOSHIFUMI KITAMURA/AFP/Getty Images)

「プロファイルテストを受けて、

ディールメーカーという結果が出ました。

ディールメーカーは何をすればいいんですか?」
という質問がありました。

その質問にお答えしようと思います。
テレビ東京の「カンブリア宮殿」って知っていますか?

たくさんの成功された方が出演なさって、
セミナー並みのお話をしてくださいます。

“成功している人は「強み」を活かしている。”

これが、本当によくわかる番組です。

ソフトバンクの孫正義さんが
以前ゲスト出演されていました。
(ずいぶん前です^^;)

孫さんはウェルスダイナミクスのプロファイルでは
【ディールメーカー】というタイプです。

このプロファイルの人たちは、
人と話し、人に影響を与え、
人と交渉する能力を
生まれながらに備えています。

さらにタイミングのセンスもあります。

彼らはマーケットで
人と人をつなぎ合わせるチャンスを見つけることで
富を創り出します。

<ディールメーカーの強み>

・社交的
・親しみやすい
・茶目っ気がある
・常に人とつながりを持っている
・すばやくチャンスを見抜く
・頼みごとがうまい

<ディールメーカーの弱み>

・バックエンドを担当するチームが必要
・ネットワークの価値に左右される
・人を過剰に喜ばせる

という特徴があります。

ディールメーカーは自分では商品をつくりだすことなく、
適切な時に適切な人とつながり

8つの成功タイプの中で、
最も早く富を築く
と、言われています。

カンブリア宮殿をみていて
まさに、孫さんの戦略は強みを
最大限に使われていたんだ!!
そう思いました。

例えば19歳の時に1年に3億円以上稼いだ話。

孫さんは液晶画面付きの小型翻訳機を発明して
それだけで1億円以上の利益を上げたのですが、

それは、自分だけで成し遂げたのではなく、
その分野で有名な教授を探し、
会いに行き、ディールメーカーの
最大の武器である【交渉】をしました。

「先生、私はこういうことをしていて、
ぜひ、先生のお力をお借りしたい。

もちろんタダとは言いません。

けれど、先生のような偉大な方に
おいくらお支払していいか
僕にはわかりません。

金額は先生が決めてください。

先生の言い値でお支払いします。

一切値段交渉はしません。
言い値を全額お支払します。

けれど、今の僕にはお金が全くありません。

でも、これが売れたら
大きなお金が入ってくることは間違いありません。

それが入ってきたら
先生のいい値でお支払いします。
売れなかったら、みんなタダ働きです。

でも、きっと売れます。
ですから、力を貸してください。」

そう言って交渉したそうです。

「面白い日本の学生が来たな」と
思った教授は、そのお話に乗ったということです。

その後も、ゲームの開発をして、
19歳で3億円以上稼いだと言っていました。

すごい19歳ですね!!

このお話を聞いて、
彼が「特別」と思うか
自分も強みを知り、それを磨いて
「成功の流れに乗りたい」と思うかは
人それぞれです。

今の孫さんと同じことを
いきなりしようと思っても
難しいと感じるでしょう。

けれど、この時の孫さんには
お金も人脈もほとんどなかったはずです。

その状況での
成功話だからこそ
ヒントになるはずです。

自分の強みを最大限に活かすには、
まず、自分の強みを知る必要があります。

あなたの強みは何ですか?

いろんな経験を積みながら、
強みを導き出すのもいいと思います。

けれど、
プロファイルテストを受けることで
自分の強みを知ることができるとしたら?

ぜひ、自分の強みと傾向を知ってください。

 

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+

wd

Pocket

10月 22

とあるディールメーカーの悩み

Pocket

とあるディールメーカーの悩み

先日こんなお問い合わせをいただきました。

お問い合わせ****
メルマガいつも楽しみに読んでいます。

私の診断結果を友人、
知人に見せても一番しっくり来るのはディールメーカーだと言われ、
自分でも納得の結果です。
DealMaker
ウェルスダイナミクスを知ってから、
私は自分のことを振り返りました。

すると、9年間、
似たような職業(品質管理では人と話すより手先を動かす仕事)で、
つまらなく思ったりやりがいを感じないかったことも納得がいきました。
休むことばかりかんがえてしまいます。

プライベートでも私は楽しい人だと言われ、
人と話したり会うのが一番ワクワクしていることにも気づけました。

そこで質問なんですが、
ディールメーカーは人と人をつないで富を得るとのことですが、
何をしたらいいかわかりません。

会話で富を生み出すこともイメージしにくいです。
取引で稼いでいくとはどういうことですか?

自分のディールメーカーとしての
能力を高めるために何をしたらよいのでしょうか?
将来的には起業、出世していきたいです。
よろしければご回答お願いします。

今後メルマガで知りたい情報:
1. ディールメーカーに関すること(具体的な例を用いてあると嬉しいです)
2. 今の品質管理の仕事では能力を発揮していくことは難しいのか ?
3. せどりなどの転売に興味があるが向いているか ?

宇敷珠美の「問題、簡潔•即答!」
************
- 何をしたらいいのか分からないということですが、
今の時点(スペクトルレベル:オレンジ)においては、
会社内で最大限の価値の提供することです。

品質管理という業務自体においてもさることながら、
社内のムードメーカーとして、
幹事としても絶対に大きな価値を会社に提供できるはずです。

- 取引で稼ぐとは、
(会社に在籍中は)コラボの提携先を見つけたりすることです。

- ディールメーカーとしての能力を高めるためには、
将来関わりたい業界内においての人脈づくりを開始したり、
自分の人脈を他者のために活用する練習をしたりしてください。

- 何をしたらいいかということですが、
「今後のメルマガで知りたいこと 3」にある
「せどり」 などは適職です。ぜひ、トライしてみてください!

今後、このような形で問題を
簡潔即答していくコンテンツを提供していきたいと思います。

質問がある方は、
こちらのフォーム(リンク)から質問をお送りください。

みなさんのご質問をお待ちしていまーす!

(社)日本適性力学協会 代表 宇敷珠美

 

Pocket

6月 24

状況の変化に反応したくなるプロファイル

Pocket

状況の変化に反応したくなるプロファイル

〈寄稿〉

こんにちは、ロードの村上燿市です。

フェスタでは、多くの方と交流でき、
とても有意義でした。
お会いできた方、ご縁に感謝です。

さて、今日は、私が実際にお会いした
ディールメーカーのお話をさせていだきます。
私は、メカニックよりのロードなので、
まさにディールメーカーは真逆。

ディールメーカーは私にとって
とてもわかりにくいプロファイルでした。

しかし、ここ数ヶ月、
「目覚めているディールメーカー」の方に
よくお会いしていて、
日々感動(ホントにスゴイ)しているので、
ディールメーカーがどんな特性なのかをお話ししますね。

基本的に、「おちゃめ」な方が多いです。

私の知っているディールメーカーの方は、
「○○ちゃん♪」とか、
「○○くん♪」とか親しみやすい言葉で、
満面の笑顔で声かけたりします。

それも、結構肩書きがあったり、偉い方に対してもです。
先日、あるディールメーカーの会社会長の方にゴルフを
お誘いいただいたのですが、

「いやぁ、その日は、出張で九州なんですよ?」と言うと

「え?? さびしいなぁ…」

と言われてしまいました。(笑)
そう言われると、ちょっと心が動いてしまって、
「なんとか都合つけようかな」と思ったりします。
ディールメーカーは、
愛とやさしさと思いやりを持ちながら、
場の空気、立場を理解した上で、
立場の垣根を軽々越えてしまいます。
ディールメーカーは
「何をするか」から、スタート・・・しません。

すべては、「物事の状況のきっかけ」からスタートします。

例えば、すごくアイデアはあるけれど
資金で悩んでいる社長さんと
優良な融資先を探している
銀行の営業統括をされている方がいたとします。

そんなときに、ディールメーカーは、
この社長さんと、銀行さんをむすびつけ、
融資をとりつけて、
このプロジェクトをうまく導くことができます。

それだけで終わらないのが、
ディールメーカー。

その中で発生する仕事の中で、
自分のビジネスチームの仕事を受けてきたりします。

もしくは、その時は
無料で価値提供をしておいて、
それが成功して、
「ありがとう!」と言ってくるタイミングを
完璧に見計らって、
「これ、お願いできないかなぁ?」と
お願い事をしたりします。

まさに・・・ロードから見たら、魔法にしか見えません。
ソフトバンクを率いている
孫正義社長もディールメーカーです。
最近も他社がプラン変更をした時に、
即座に反応し、対抗策を出せる。

まさにこれは、ディールメーカーの
「状況」に強い動き方です。

このあたりは、もうご本人はされてないと思いますが、
会社の戦略としてディールメーカー戦略が、
きちんとできていると感じます。

孫正義社長は、
「うちの会社は、ポリシーがないのがポリシーだ」と
言われるのも、「何が」からスタートしていない
ディールメーカーらしい言葉です。

震災で原子力エネルギーの問題が持ち上がって、
自分の想いが持ち上がり、
太陽光事業に乗り出す。

そんなプロセスで事業が立ち上がります。
また、社員からも、
いろんなアイデアを募集して、
「じゃ、それやろう」と言って、
その人を推進責任者にして
それが実現できる「場」=組織、
資金、ノウハウなどをどこかから用意する。

まさに、「場」を支配する、
ディールメーカーの動き方です。

いかがですか?
目覚めているディールメーカーの
素晴らしさを感じていただけましたか?

私は、ロードの経営者として
優秀なディールメーカーが欲しい!と思いました(笑)
あなたが、私のように
ディールメーカーを必要としているなら
ご自身、そして今のビジネスチームの「価値」が上がると、
レバレッジがかかり、
優秀なディールメーカーが
チームに入ってくれるようになります。

あなた自身が、
ディールメーカーであれば
才能の可能性を感じていただけたのではないでしょうか?
もし、まだ価値が十分高まっていない、
またはウェルスダイナミクス理論が
十分に学習できていないと感じられるのであれば、
全国の認定資格者の開催する、
トレーニング、セミナー、コーチング、セッションを
受講されることをおすすめします。

私の開催も、お知らせしておきますので、どうぞご活用ください。

皆様と、皆様のビジネスチームが、
ウェルスダイナミクスを使って、
さらに飛躍していただきたいと思います。
イベント情報はこちら
経営者向けビジネスコーチング

何ヶ月かかっても経営者が思いつかなかった革新的なアイデアが
わずか60分で生まれます。(対面・Skype・ウェビナー)

村上燿市(ロード)

Pocket

3月 26

人と会っているだけで収入になるビジネス

Pocket

deal

先日、

『ウェルスダイナミクスの実践にあたって、
戦略の面でわからないところがある方は教えてください。』

とメルマガでお伝えしたら、
たくさんの方からご連絡をいただきました。
全員にご返信ができておらず
大変申し訳ありませんが、
可能な限りシェアしたいと思います。
目立った質問に、

『ディールメーカーとして
人と会っているだけで、
収入になるビジネスをしていきたい。』

というものがありました。

ディールメーカーを
活かしたビジネスとして、
どんなものがあるでしょうか?
ここでは、ディールメーカーの
富づくりのための戦略を、
もう1度見なおしてみましょう。

ステップ1 土台を築く(全プロファイル共通)

ステップ2 富を生み出す時間を最大限にする
→取引及び人材の選別、交渉を取り仕切る

ステップ3 「価値」を生み出す
→良い取引、人脈の発掘、交渉スキルを持つチーム作り

ステップ4 「価値」の所有権を確保する
→対外的な人間関係、契約

ステップ5 「価値」に「レバレッジ」をかける
→契約の展開、アドバイザーチーム、専門知識、人脈

ステップ6 キャッシュフローの確保
→先払い手数料、後払い手数料、株式販売

これがディールメーカーの戦略です。

詳しくは「億万長者 富の法則」の書籍をご覧ください。

ウェルスダイナミクスの教科書的な書籍にも関わらず、
意外と読んでいない人が多くて驚きです。

必ず、ウェルスダイナミクスを学びたい方は、
チェックするようにしてください。
これから活躍していきたいディールメーカーの人にとっては、
ステップ1およびステップ2が特に重要になってきます。

さらに、どんな業界を選ぶにしても、

「ディールメーカー自身が相手にとって機会提供者になる。」

という意識を持つ必要があります。
ディールメーカーの取引は、
無理矢理契約を結ばせるものではありません。
提案自体が相手にとって、
メリットとなっている必要があります。
例えば、あるディールメーカーの方からの相談で、

「セミナーの主催をこれからしていきたい。」

というものがありました。
自分自身でセミナーをするのもありだと思いますが、
ディールメーカーの強みを活かしてセミナーを主催するなら、
他人のセミナーをプロデュースするのもありでしょう。

むしろ、その方が自然に大きな結果を出せるかもしれません。
その場合、講師として呼ぶ人に、
どんなメリットを提案できるでしょうか?

多くのセミナー講師の悩みとして、
「集客が大変」ということがあります。
「集客は私がやりますよ。」と提案すれば、
喜んでジョイントしてくれる講師は多いと思います。

小さな規模であれば、
ディールメーカーの人が知人に声をかけるだけで、
集客はできるかもしれません。
あるいは集客力のある知人に頼んで、
集客協力をしてもらう方法もとれるでしょう。
その場合は紹介をしてくれる人にも、
メリットを提案する必要があります。

例えばメリットとして考えられることの1つは、
紹介してくれたら紹介料をあげますという、
アフィリエイトのようなモデルです。
あるいは、紹介してくれたら、
セミナーにご招待の上、
そのセミナーでチラシを配って、
そこで一言PRをする時間をとります。
といったバーターも場合によっては、
成立するかもしれません。

まずはステップ1のところで、
多くの人と知り合い
人脈を作っておくこと。

ステップ2の中で、
人脈の中から、
取引の機会を見出していくこと。

ここに最初は注力していくことです。
知り合いは多いけどお金にならない。

という場合は、
取引のチャンスを見つけきれていない可能性があります。
自分が参入する市場を見極め、
その市場の人達が求めているものを見極め、
求めているものを提供するように心がけてみてください。
自分のプロファイルに目覚めさえすれば、
もっとも短期間で富を手に入れることができるのが、
ディールメーカーの特徴です。
そのためにも基礎を築き、
戦略の手順を進めていきましょう。

Pocket

1月 20

ディールメーカーは損??

Pocket

ディールメーカーは損??

「ディールメーカーでうまくいかないんです」

という相談を受けました。
お話を聞いてみたところ、
何をしていいかわからない!という
ディールメーカーの方の
ヒントになると思いましたので、
ご紹介させていただきます。
そもそも、ディールメーカーとは?

<ディール=取引き>

<メーカー=作る人>

という意味です。
多くのディールメーカーは
隣のプロファイルである、
サポーターをやって疲れています。

プロファイルの相関図は、
ウェルスダイナミクススクエアをご覧下さい。
サポーターは、

・人を繋ぎコミュニティを作る

もしくは
・チームを統率する

ことで富をつかみます。
ディールメーカーは
・自らの人脈から、
取引きをし、つなぐことで
富を築きます。

では、
なぜディールメーカーなのに、
サポーターをやってしまうのでしょうか?
そこには2つの【失敗ポイント】が
存在します。

【失敗ポイント:1】

これは<オポチュニティ>という考え方に
基づきます。

オポチュニティとは
機会、チャンスという意味です。
このオポチュニティを
運んでディールを成立させるのが、
ディールメーカーの役割です。

残念ながら多くのディールメーカーは
チャンスではなく依頼を運んでしまうのです。
例えば、

猫カフェのオーナーが

「猫好きなウェイトレスを探しているんだよね~」

と、言ったとしますね。
それを聞いて、ディールメーカーなら

「猫好き??あ、あの人だ!」

と、何人かの候補が浮かぶはずです。
そして、
その思い浮かんだ人に

「猫カフェのウェイトレスやらない?」

と、【依頼】を運ぶんです。
うまくマッチングが出来た場合はいいです。

が、うまくいかなかった場合
「紹介してもらったあの人さぁ~」と
なってしまうわけです。

では、優秀なディールメーカーならどうするか?
まず、優秀なディールメーカーは
マッチングする双方の詳しい情報を持っています。
そこで、
自分が持つ人脈リストを
検索するときに
「猫カフェのオーナーは、
こういう気質で、こんな弱みがあるから、
こういうところが補完できる人がいいな。

あ、そうそう、新婚だったから、
奥さんとの相性も考えて…

で、あの猫カフェのお客様の層はこんなだから・・・

なるほど!

あの人を雇うと、このオーナーにとって
オポチュニティになるな!!
では、

彼女にとってはどうかな?

彼女は、ずっと引越しがしたいと言っていたな、
住みたいエリアとカフェが近いかどうかを確認しよう。

その上で、この話をしたら、良いかもしれない」
と、考えます。

そして、ここも大事です。

「このディールをすることで
自分が獲得するオポチュ二ティは?」
この3つが揃った時に、
ディールに乗り出します。
揃う前は、
取引しそうになる気持ちを
グッと堪える。

なので、優秀なディールメーカーは、
たくさんのディールをこなすということではなく、
年に数回の大きなディールで富を築くのです。
【オポチュニティー】は
取引する双方
そして、仲介する人の
三者にとって公平なものです。
一方で、
【依頼】は一方向になる
性質があります。
サポーターはリーダーなので
【依頼】も得意です。
「これ得意だったよね!ヨロシク!」
で、通用するのです。

なぜならば、そのチームの中で
リーダーとしてずっといるからです。
ディールメーカーは
取引の時にだけ存在します。

なので、
あなたがディールメーカーならば、
【オポチュニティー】を繋ぐ!と
いうことを意識してください。
でなければ、
【ただの陽気ないい人】になってしまいます。

ひとりの人間の生き方として、
それは素敵なことだと思います。
ですが、ビジネスで、
ディールメーカー戦略をとる場合は、
気をつけるポイントです。

人脈は作っただけで終わりではないのです。

そこは、戦略の入口、
基礎作りのところです。

多くのディールメーカーは
すごい人と自分がつながったところで、
満足してしまいます。

それが失敗ポイント:2につながります。

【失敗ポイント:2】

それは、つないだ後も、
みんなのリーダー役、
仕切り役で居続ける
ということです。

ずっとそこで仕切ったり
みんなを盛り上げたりをし続ける
ということは、
サポーターはやり続けられますが、
隣のプロファイルではあっても、
ディールメーカーは疲れてきてしまいます。

サポーターも
人の感情に敏感ですが、
ディールメーカーはもっと
その感覚が鋭いのです。

そして、全ての人の「WIN」を
考えてしまうので、疲れてしまいます。

ですが、
その役割をも担っていないと、
つながりが途絶えてしまうように感じてしまい、
その役割を手放せないディールメーカーが多いのです。

ディールメーカーはディールの役割で
役目は終了です。

あとは、そこが得意な人に任せて、
自分は次のディールへ移動しましょう。
ディールメーカーの戦略を取りたいけれど、
上手くいかない!という起業家の方は
ヒントにしていただきたいと思います。
ディールメーカーは8つのプロファイルの中でも
最も早く富を築くプロファイルと言われています。

ぜひ、その強みを活かしてください!

Pocket