1月 06

箱根駅伝にみる【フロー】と【スペクトル】

Pocket

箱根駅伝とフローとスペクトル
「わくわく大作戦」2015年
「ハッピー大作戦」2016年
「サンキュー大作戦」2017年

青山学院大学が箱根駅伝出場にあたり
掲げた作戦名です ^^
・・・何十キロも走る、キツイ!駅伝では
気の引き締まっていない作戦名のようにも
思えますが・・・

そもそも、2015年に「わくわく大作戦」
と原監督が名付けたのには
こんないきさつがあったそうです・・・

「実は12月の10日に公式発表の場で
作戦名出したんですけれども、
チームの状態は非常に良かったんですね。
一方で、選手がガチガチに緊張している姿、
『優勝するぞ!優勝するぞ!』というような
雰囲気がありましたので、
それをちょっと、リラックスさせようと
いう思いがありまして。」

(2015年1月4日 真相報道バンキシャ!より)

そう・・・最大限やそれ以上の力を
発揮するには、
いい精神状態、いい雰囲気であることが
必須条件だと
原監督は知っていたのですね ^^

普段の生活からウェルスダイナミクスを
どう活用すればいいか?と考えて
生活していると、

「これもウェルスダイナミクスと
共通しているなあ」なんてことを
思う瞬間がよくあります。

青学の長距離メンバーに流れている
雰囲気は、間違いなく
【フロー】でしょう。

山道をただひたすら走る!!
という、普段走ることとは
縁のない人からすると
苦しい以外の何物でもないような
ことにも思えてしまいますが、
選手たちは本当に楽しそうに走り、

実際に優勝後のインタビューでも
「楽しい」という言葉が
たくさん出てきていました!

さて、あなたはどうでしょう・・・?
自分の目の前のことに楽しく取り組み、
かつ、
結果も出せている状態でしょうか?

チームを率いる原監督、
実はもともと、
中国電力の伝説の営業マン。

チームの雰囲気づくり以外にも、
目標を設定し、そして達成していく習慣を
選手たちに伝えたり、

選手たちから意欲的に動くように、
辛抱強く待って
考えて動ける選手たちに育てたり。

営業と同じように箱根で結果を出すにも、
楽しく没頭してしまう
【フロー】になることの大切さを
きっと知っていたに違いありません。

しかしながら原監督のやり方は
一部の方からの批判もあるようです・・・

もっと厳しい雰囲気の中でやらないと、
とか、
駅伝を仲良し同志でやるのはいかがなものか
とか、
緩い空気はダメだとか・・・

ウェルスダイナミクスの目的のひとつは、
「仕事=楽しい!」を実現して、
フローに乗ること。

ですがまだまだこの考え方よりも、
「仕事=厳しいもの」
「苦しいことを我慢してやるからこそ
お給料がもらえる。お金=我慢料」
の認識の方が強いケースも
多いように感じるのです・・・

勘違いしてはいけないのは、
「仕事=楽しい!」の実現は
ただ楽をする、というのではないんです。

青学の選手たちは後ろのチームを
大きく引き離しても、
全力で走ります・・・それはなぜか?

その理由のひとつが、
3年生以下の学年だと、
今ここで実力を見せてアピールせねば、
来年も走れるか分からないから。

相当に層が厚いチームになっているので
うっかりしていると自分の座は
すぐに他の誰かに奪われても
不思議はない状況。

とっても仲良しでありながら、
実はチームメイトはお互いライバルで、

高めあっている「同志」であり、
紙一重の差で自分を脅かしている存在。

ここにはチームの一員(スペクトルレベル:オレンジ)
としてだけではなく、既に一個の競技選手
(スペクトルレベル:イエロー)としてのマインドが
あります。

監督の指示に従っていたら
いいだけの世界よりも
はるかに厳しい世界です。

自分個人がどうすればいいか考えて
動かなければ
他の選手に抜かれてしまうのなんて
きっとあっという間。
・・・でも、その世界を知っている。

あなたはいかがですか?

誰かの指示待ちで、
嫌々ながらも動いていく生活を
選ぶのか、

それとも
厳しさと隣り合わせでありつつも、
自分自身が心から楽しんで、没頭して、
結果に繋げていく生活を選ぶのか?

原監督はもともとビジネスの世界で
成功したやり方を
スポーツの世界に取り入れて、
10年の時間をかけて
これ以上ないほどの
結果を出すチームへと変えてきました。

このやり方・・・

今度はまた、スポーツの世界から、
多くの人がビジネスの世界に
取り入れて、
結果を出して、
それを見た人も新しいやり方を
取り入れて、
切磋琢磨し合える存在が増えていくでしょう。

こんな形で、日本の経済も
活性化して、もっと明るくなるのでは
ないのかと思うのです。

そして・・・

自分らしさを存分に発揮して、
【フロー】に乗って結果をだすための
【ウェルスダイナミクス】が
皆様のお役に立てたとしたら
とても嬉しく思います! ^^

あなたは自分の「強み」「才能」に気づいていますか?
もし、まだ気づけていないのであれば
今すぐあなたの才能を発見しましょう!

→ 無料簡易テストを受験する

Pocket

3月 02

5年後のプロフィールを書けますか?

Pocket

ID-10062111

ウェルスダイナミクスFESTA2015の中で、
ウェルスダイナミクス&スペクトル考案者である、
ロジャー・ハミルトンがあるワークを行いました。

それは、

『5年後の自分として自己紹介をしてみましょう。』

というものでした。

これはどんな意図があってやったことでしょうか?

もし、理想的な人生を歩むことができれば、
5年後の自分は今よりも成長し、また成功しているはずです。

であれば、そのときの自分が自己紹介するとしたら、
どんなことが考えられるかを考えてみるワークです。

今の自分と理想の自分のギャップを感じ、
また理想の自分のイメージをより明確にすることができます。

いかにも未来志向なロジャーらしいワークだなと思いました。

ウェルススペクトルでイエローレベル(個人事業主)になるには、

【独自性を明確にする】

というステップがあります。

つまり、自分が何の専門家であり、
どういう仕事をすることができるかを明確にし、
それが他者からもよく分かる状態になっていることを意味します。

5年後のスペクトルがイエローレベル以上であるなら、
自己紹介の中で自分の独自性を表現できている必要があります。

そのための練習として、
きっとロジャーは5年後の自己紹介のワークを考えたのでしょう。

独自性が明確になれば、
お客さんを追いかけ回したり、
仕事を探しまわったりする必要がありません。

人と会うだけで仕事になる。

お客さんやビジネスパートナーが自然と引き寄せられる。

そんな状態を実現することができます。

ウェルスダイナミクスではそういう状態を、

【ガーデン(庭)を築く】

と表現したりもしましたよね。

素晴らしいガーデンが出来ている状態は、
自分自身の独自性が明確になっている状態ともいえます。

でも、今の時点ではそんなガーデンができていない・・・
独自性が明確になっていない。

もしそうだとしても大丈夫です。

今の状態と理想の状態は違う人がほとんどだと思います。

5年後の理想を設定したら、
そこに向かって1歩1歩、できることをしていけば良いのです。

現時点で想像できる、
あなたの5年後の最高のプロフィールを考えてみませんか?

年齢は確実にわかりますね。

では、住んでいる場所はどこでしょうか?

どんな家に住んでいるでしょうか?

誰と一緒に住んでいるでしょうか?

仕事はどんな仕事をしているでしょうか?

一緒に働いているのは誰でしょうか?

お客さんにはどんな人がいますか?

世の中にはどんな影響を与えているでしょうか?

どういう気持ちで仕事をしているでしょうか?

そのときに課題に感じていることはなんでしょうか?

稼いでいる額はどのくらいでしょうか?

そのために、必要な仕事量や働く時間は?

などを考えた上で、

5年後に自分のプロフィールを書くときには、

どんなことを書くでしょうか?

簡単には答えることができないかもしれませんが、

これに答えはありません。

自分がそうなりたいと思える答えが正解です。

強いて言うのであれば、

今の時点で実際に近いことをやっている

モデルになる人が存在する答えの方が想像しやすいかもしれません。

好きな本の著者のプロフィール欄などを見てみると、
将来の理想のプロフィールを作るヒントになるかもしれません。

自分がどういう状態になりたいのか?

それが明確にならないことには、
なりたい自分になる努力すらすることができません。

努力が有効なのは、
なりたい状態が明確に分かっている人だけです。

まずは、5年後の自分の理想のプロフィールを
考えてみてください。

自分が、今から5年間で何を成し遂げてきたか?

他人からどう見られていたいか?

そのプロフィールを目指して、
日々、やるべきことを決めてみましょう。

ロジャー・ハミルトンが講師となる、

「ウェルスダイナミクスFESTA」

今年のFESTAは2日間あります。

昨年以上に、楽しいワーク、学びになるワークも、
出てくるかもしれません。

そんなウェルスダイナミクスFESTAに、
あなたも参加してみませんか?

今なら早期割引で申し込むことができます。

→ 詳細・お申し込みはこちら

今、申し込むのが1番お得です。

Pocket

1月 26

情熱が見つからないときはどうするか?

Pocket

松岡

寒波の襲来で
全国的に寒い日々が
続いていましたね。
 
お風邪などひいていませんか?
 
寒波が来ると
必ず、松岡修造さんの所在が
ツイッターなどで
話題になりますね。
 
圧倒的なキャラクターの
定着を感じています。
 
熱いといえば
松岡修造
 
ですね。
 
 
私のクライアントさまで
多いご相談のひとつが
「情熱が見つかりません」と
いうものです。
 
修造さんほどメラメラと
していなくても
これがとても好きだ
ずっとやっていきたい
と思えるものと
出会えたら幸せですよね。
 
 
ご相談を受けている中で
情熱を見つけたい
というご相談でいらっしゃるのですが
 
潜在的には、
目的ではなくて
何かを叶える手段として
その情熱を
利用したい場合がほとんどです。

 
そんな時は
プロファイルよりも
スペクトルのレベルアップを
優先していきます。
 
情熱のお悩みで来られる方の
ほとんどが
赤外線と赤レベルです。

 
敢えて自分が恐れている部分を
することをお勧めしています。
 

なぜならば
自分が避けて通りたいことの
反対がご自身の望みということが
多いからです。
 
望みが手に入らない理由が
その反対についてくる
マイナス点を受け入れられない
ことが原因だからです。

 
特にスペクトルの
基礎プリズムの中にいるときに
そのジレンマに出会います。
 

実際にある方とのお話を
例にしてご紹介します。
 
「起業したいんです
人に使われることが苦手なんです」
という方がいらっしゃいました。
 
現状は赤外線でした。
 
 
自分で決めたい、指図されたくない
 

 
相手のルールに従ってもいい
 
 
認められたい
 

 
非難されてもいい
 
 
自由でいたい
 

 
不自由でもいい
 
 
と感じてみていただきます。
 
 
その後、スペクトルの課題に
取り組みながら
一歩ずつ進むことを
ご提案しています。
 
 
スペクトルは体系的に
レベルごとの状態や
上がるためのステップが
明確になっています。
 
本当はやったほうがいいとは
気づいてはいるけれど
取り組むことができない課題に
スムーズに進むことが
できるようになります。
 
 
あなたは本当は
どうなったらいいと思いますか?
 
誰にも言わない
心の底のわがままはなんですか?
 
中々叶わなくて
苦しいと感じる思いは何ですか?
 
そのわがままな気持ちが
わき起こるときに
避けたいと思っている
行動、役割を
やってしまうことが
実は近道です。
 
 
瀬賀さん、わかっているけど
そうはいってもなかなか勇気が出ません。
 
と、思われたなら
一度、ウェルススペクトルの
内容をじっくり学んでみてください。
 
 
同じように言っていた
多くの方がスペクトルを理解することで
すんなりと取り組み
その時の望みを叶えているからです。
 
 
現在、全国で
協会の認定資格者が
ウェルス入門講座を開催しています。
 
 
ぜひ、一度参加していただければと思います。
→ ウェルス入門講座の詳細はこちら
 

(社)日本適性力学協会
スペクトルコンサルタント 瀬賀啓衣(せがひろえ)

Pocket

1月 22

ウェルスダイナミクスのプロファイルの迷いを解決しませんか?

Pocket

矢印

ウェルスダイナミクスを学んでいて、
こんなふうに思われる方がいます。
 
・私は本当にこのプロファイルだろうか?
 
・ウェルスに詳しい人に別のプロファイルだって言われたんだけど・・・
 
・クリエイターと結果が出たけど全然アイデアが出せない!
 
・ロードのプロファイルが出たけど数字が苦手!
 
 
もちろん、自分の正しいプロファイルを認識して、
強みを活かしていくことは大切です。
 
 
ですが、もし自分のプロファイルが
しっくり来ないのであれば、
 
「1度、プロファイルを忘れる。」
 
というステップを取り入れてみましょう。
 
 
あなたの目標は、
プロファイルを明確にすることでしょうか?
 
おそらく違うと思います。
 
・仕事でもっと成果を出すこと
 
・強みを活かして楽しく仕事をすること
 
・自分やまわりの人を幸せにすること
 
などがあなたの目標であり
ウェルスダイナミクスを使って、
得たい結果なのだと思います。
 
であるなら、
まずはウェルススペクトルの
各スペクトルごとの課題に一つずつ
取り組んでみましょう。
 
 
そうすることで、
得たい結果に着実に近づくことができます。
 
 
ウェルススペクトルは、
全プロファイルに共通する課題を提示してくれます。
 
そもそも、大成功している起業家が、
みんなプロファイルを理解しているか?
 
 
といわれれば、
 
ウェルスダイナミクスのことを知らない方が、
むしろほとんどでしょう。
 
それでも彼らが成功しているのは、
各スペクトルの課題をきちんとクリアしているから。
 
にほかなりません。
 
 
ウェルススペクトルの課題の実践は、
プロファイルに関係なくどなたにとっても、
有益な行動になります。
 
自分のプロファイルに迷いがあっても、
まずはプロファイルのことを忘れて、
スペクトルの課題に集中してみてください。
 
ウェルススペクトルについて学べる
レポートのダウンロードはこちらからできます。

自分1人では、どこから取り組んだらいいか分からない!
 
と感じられたときには、
ウェルススペクトルセッションを活用してみてください。
 
ウェルススペクトルのコンテンツの中で、
考案者のロジャー・ハミルトンも、
 
「1人で何でも解決しようとしてはいけない。」
 
と言います。
 
1人で悩まずに適切な第三者をアドバイザーとして、
客観的なアドバイスをもらうことも時には必要です。
 
ぜひ、ウェルススペクトルセッションを、
その機会としてご活用くださいね。
⇒ ウェルススペクトルセッションの詳細・申し込みはこちら

Pocket

12月 10

同じプロファイルの成功者が参考にならない理由

Pocket

wd

ウェルスダイナミクスの
プロファイルを知ると
同じプロファイルの
成功者の例が気になりますよね。

Continue reading

Pocket