どの戦略をとるべきか?

Pocket

どの戦略をとるべきか?

今回は読者さんからの質問に、
お答えしていきたいと思います。

「ロジャーの新書『才能は開ける』を買いました。

私はメカニックですが
ダイナモの戦略を採用すれば良いのか
スチールの戦略を採用すれば良いのか分かりません。

私はこの本で見る限りは
どうもダイナモの方に当てはまると思っているので
今後メカニックとしてスペクトルを歩む上で
ダイナモの戦略を取ろうと思っていますが大丈夫でしょうか?

また、スター、ディールメーカー、アキュムレーター、メカニックのように
2つの周波数を合わせ持つプロファイルは、
クリエイター、サポーター、トレーダー、ロードといった
特定の周波数の強いプロファイルよりも
才能(個性)が劣ると捉えて宜しいでしょうか?」

との質問でした。

たしかに、『才能は開ける』では、
4つの周波数別にとるべき戦略が解説されていました。

すでに8分類のプロファイルテストを受けている方で、

・スター

・ディールメーカー

・アキュムレーター

・メカニック

の4つのプロファイルの方は、
2つの周波数が両方高い特性を持ちます。

どちらの周波数の戦略に沿えばいいのか、
迷ってしまった方も、
いらっしゃるかもしれません。

もし、8分類のプロファイルテストを
すでに受けている方でしたら、
レーダーチャートとともに、
4つの周波数のパーセンテージが
結果に表示されています。

そのパーセンテージの中で、
もっとも強いものの戦略をとるのが、
よろしいかと思います。

あるいは、この質問者さんのように、

「私はこの周波数の方に当てはまると思う。」

と感じられましたら、
その直感に従うのがよいです。

ですので、質問者さんの選択で大丈夫です!

また、後半の質問、

「スター、ディールメーカー、アキュムレーター、メカニックのように
2つの周波数を合わせ持つプロファイルは、
クリエイター、サポーター、トレーダー、ロードといった
特定の周波数の強いプロファイルよりも
才能(個性)が劣ると捉えて宜しいでしょうか?」

とありますが、
プロファイルによって才能が劣ることはありません。

プロファイルテストを受けたときのレーダーチャートは、
能力を表しているものではないのです。

特定の周波数が強い方というのは、
性格の傾向が比較的はっきりしている。

という見方はできるかもしれません。

ですが、そうではない方の、
才能や個性が劣るということにはなりません。

すべての人は、
その人独自の才能や個性を持っています。

その人の富のレベルを見るという意味では、
プロファイルテストのレーダーチャートを見るよりも、

「才能は開ける」の中に出てくる、
ウェルス灯台のレベルに注目する方が良いです。

今、ウェルス灯台の何階にいるのか?

何階まで登っていきたいのか?

を明確にした上で、
必要な課題をこなしていきましょう!

今回質問をくださった方のように、
人によっては複数の周波数を合わせ持つ方も
いらっしゃいます。

ですので、4分類の周波数を調べるだけでなく、
8分類のより詳細に自分のタイプを特定できる
プロファイルテストの受験をおすすめしています。

そうすることで、
より自分に合った戦略を、
とりやすくなってくることでしょう。

プロファイルテストの詳細はこちら

オススメはスカイプ診断セッション付きの、
プロファイルテストを受験することです。

フローに乗るための最適なアドバイスを、
ウェルスダイナミクスの認定講師から受けることができます。

 

Photo credit: siyamalan via Foter.com / CC BY-ND

Pocket