30年前に何をしていましたか?

Pocket

こんにちは、スターの岩下です。

ウェルスダイナミクスFESTA 2018から
あっという間に1週間以上が経ちましたが
個人的にまだ余韻が残っています。

私は会場スタッフとして作業の合間で
ロジャーと神田昌典さんの
お話を聞いていたので
その全てをキャッチすることは
できませんでしたが

時折聞こえてくる内容に
耳を傾けながらメモを取っていました。

そんな中でも印象的だったのが

「あなたは30年前何をしていましたか?」

という投げかけから始まる
ロジャーのお話です。

「今現在、30年前とは
全く違うことをやっている人は
どれくらいいるでしょうか?」

という質問が続きました。

ちなみに、あなたはいかがでしょうか?
30年前は何をやっていましたか?

私の場合は30年前だと
小学生まで遡りますので
5年ほど前の、まだ会社員として
働いていた頃を思い出していました。

その後ウェルスダイナミクスと
出会うことで大きく人生が
変わることになるんですが…

特に2015年の同FESTAで
初めて本物のロジャーと
ステージに登壇されていた
ウェルスダイナミクストレーナーの方々を見て

「この人達と同じように
ウェルスダイナミクスを伝える
立場になりたい!」

と強く思ったことを
今でもはっきりと覚えています。

 

そしてそれから3年後の現在。
こうしてウェルスダイナミクスの
情報をお届けする側に立って
沢山の人がウェルスダイナミクスを通じて
成長していく様子を見ています。

私の場合は、たった3年ですが
それでもやっていることが
大きく変わりました。

 

ロジャーはもちろん
昔を懐かしんでもらうために
この質問をしたのではありません。

ロジャーは

「未来を決めれば
その瞬間から変われる」

「未来がこうなればいいな・・・ではなく
やるぞ!と決めることが大切なんだ」

というメッセージを
伝えたかったんです。

 

私の場合は2015年のフェスタが
まさに自分にとって

「未来でこれをやる!」

と決めた瞬間だったんです。

 

時間は、過去から未来に向かって流れていく
と思っていませんか?

でも実は時間は
未来から過去に向かって
流れているのです。

過去の延長に
未来があるのではなく

「未来をどうするか?は
あなた自身が、今この瞬間に
決めることができる」

ということです。

 

「未来の自分はどうなっていたいか?」

を決めることができれば
必要な情報は次第に
向こうから集まってきます。

そしてそのサイクルを早め
現実のものとするために
ウェルスダイナミクスは
これ以上無い超強力なツールとなるんです。

 

もし今、あなたが

  • 今やっていることが正しいのか不安・・・
  • やりたいことが見つからない
  • もっと自分に自信をつけたい
  • 成長の速度を加速させたい!

と思っているなら
まずはウェルスダイナミクスを
しっかりと学ぶことから
始めてみてください。

その際には

少し本を読んで終わり・・・

ではなくて!

この講座でそれを正しく活用して
実績を出している人から
直接聞いてみてください。

全国各地で開催しているウェルス入門講座に参加してみる!

 

 

正しく基礎を学んで
正しく実践すれば
「必ず」現状を打破できます。

そして自分の決めた未来に
確信をもって突き進むことが
できるようになります!

そのためにもまずは第一歩を
踏み出してみてくださいね。

本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

岩下 知史(スター)

 

Pocket