ドナルド・トランプのスペクトルは?

Pocket

今回はいつもとは少しテーマを変えて
上のレベルのスペクトルレベルについて
お伝えしたいと思います。

あなたが高いスペクトルレベルを
目指していらっしゃるならもちろん、

もし、自分はそんなに上のレベルを
目指しているわけではないという場合も、

常に私たちはどのスペクトルからの影響も
受けながら生活しています。

スペクトルの考案者
ロジャー・ハミルトンは

「金の壺を追いかけるのではなく、虹を描こう」

と言っています。

虹を描くには、9つすべての色の光が
必要だということです^^

なので、ぜひ、理解を深めることを
お奨めしています。

 

今日取り上げるのは

アメリカのドナルド・トランプ大統領。

連日、ニュースで見かけない日はないほど
世界で注目を集めている一人ですね。

ドナルド・トランプ氏は
アメリカ大統領になる以前から
ディールメーカーの代表として
ウェルスダイナミクスの本や教材の中で
たびたび紹介をしていました。

舞台をビジネスから政治の場に変えても
とても過激なディールを繰り返していますね。

 

そんなドナルド・トランプ大統領の
スペクトルレベルが何だか分かりますか?

ちょっと考えてみてください。

  • 事業主として自分のお金を自分で稼ぐ黄色レベル
  • 経営者としてチームを率いている緑レベル
  • 複数の会社のビジネスオーナーである青レベル
  • 市場を動かし数分で億を稼ぐ藍色レベル
  • 市場のルールを作ることができる紫レベル
  • 時代のシンボルとなる紫外線レベル

・・・

さて、どれでしょうか?

 

答えは紫レベル(作曲家)です。

法律や市場におけるルールを
作ることができるという
スペクトルレベルです。

ちなみに、大統領になる前のドナルド・トランプ氏は、
藍色レベルの(主催者)のスペクトルだったと考えます。

 

もし、ドナルド・トランプ氏が大統領ではなくなり
再びビジネスの世界に戻った場合
スペクトルは藍色レベルに戻ると考えます。

藍色レベルのスペクトルとは
まるで水道から水を出す様に
蛇口をひねればいつでも
お金を集めることができる、
そんなレベルです。

その人の言動によって、
株価など市場に影響を受けることがあるのが
藍色レベルの特徴です。

だからこそ、藍色レベル以上の
スペクトルレベルを「錬金プリズム」といいます。

資本を発行したり新規プロジェクトに
資金調達したりすることで
数分で数百万ドルを稼ぐことができます。

 

紫レベルになるための3つの条件は、

1. 権利の承認を得る

自分の属する市場や運動、国などから
選挙によって選ばれるか
その地位を承認される必要があります。

ドナルド・トランプ氏は選挙で選ばれて
当選をしたのでここはクリアです。

 

2. 曲を完成させる

紫レベルの人は個人の興味よりも
自分の作品(体現したい世界)の完成を
優先させて完成を見届けます。

ドナルド・トランプ氏で言えば、

「アメリカファースト」

という理念を掲げて
それに賛同する人の支持を集めたことは
記憶に新しいと思います。

 

3. 敵を受け入れる

このレベルに来ると
古いやり方に逆らうことになるので
考えを非難されたり、命を狙われたりします。

ドナルド・トランプ氏も
本当に敵が多そうですよね^^;

しかし、それを受け入れて
さまざまなバッシングを受けながらも
やるべきことを進めています。

 

これらの条件を維持できなくなったとき
スペクトルレベルは落ちてしまうかもしれません。

ウェルスダイナミクスのプロファイルは
変わることはありません。

ですが、ウェルススペクトルのレベルは
容易に上下するのです。

だからこそ
ウェルススペクトルのテストは
定期的に受け直してみることを
おすすめします。

自分のレベルが上がったかな?

もしくは、以前より状況が悪くなったな・・・

と感じたときに
現状確認とその後の行動指針を決めるため
スペクトルテストを受けてみてください。

スペクトルテストの受験はこちらからどうぞ
→ ウェルススペクトルテストについて詳しく見る

 

もし、ウェルスダイナミクスの
プロファイルテストを受けていなければ
このタイミングで一緒に受けてみることを
おすすめします。

また、スペクトルマスター講座に参加して
ウェルススペクトルの各レベルに関して
深く学べばスペクトルテストを受けなくても
自分のスペクトルを判断することができます。

ご興味あるようでしたら、
こちらを確認の上、お申し込みください。
→ スペクトルマスター講座

スペクトルテスト10個が
講座の特典として付いてきます。

 

Pocket