自分の仕事が適職か判定する秘訣

Pocket

今回のテーマは

今の仕事が適職か判定する秘訣

です。

ウェルスダイナミクスを通じて個人セッションを行っていると
よくあるご相談。

「仕事でもそれなりに成果は出しているんですが
この仕事が自分に合っているのか確信が持てないんです」

これすごく多いです。

 

これを読んでいるあなたも
一度は思ったことがあるのではないでしょうか?

 

私は元ホテルマンです。

フロント部門という場所で、ホテル業界に10年ほど携わり
20万人以上のお客様を接客してきました。

山あり谷ありで、様々な経験をしましたが
結果から見れば、部下を持ってチームマネジメントに関わり
社内で表彰されたりもしてきました。

では

「ホテルマンという職業が自分に向いていたのか?」

と聞かれると即答で

「YES!!」

 

・・・とは言わないかもしれません。

なぜならば私は当初
自分のプロファイルを知った時に

「あ、自分はホテルマンには向いていないかも・・・」

と思ったからです。

 

一般的にホテルマンに求められる資質は

  • コミュニケーション能力
  • 人を見る目
  • 決断力
  • 柔軟性

など様々ありますが、重要視されるのは
お客様が求められていることをいち早く察知して対応する

「接客能力」

だと考えています。

そして私はスターというプロファイルです。

ちなみにプロファイルテストを受けると
70ページ以上に及ぶレポートが手に入るのですが

その中にはちゃんと

「チームにおける最適な役割」
「チームで一番向いていない役割」

という項目があります。

 

プロファイル毎に

チームの中でどんな役割を担うと
自分らしく活躍できるか?

が書いてあるんですね。

ではスターにはどんな役割が向いているのか?
を一部書き出してみます。

 

〈チームにおける最適な役割〉

  • クリエイティブなプロジェクト
  • プロモーション
  • 議論やパフォーマンスを通じてコミュニケーションする

 

〈チームで一番向いてない役割〉

  • 詳しく調べる
  • 時間管理
  • 周囲の面倒をみる
  • 思っていることを言わない

これらは一部を抜粋したものです。

 

そしてホテルでの接客は

  • お客様のニーズを詳細に調べ
  • お客様の時間を大切にして
  • お客様のケアをしながら
  • お客様の考えを一番大切にする

ことが重要です。

これを見て、あなたはどう思いますか?

スターが一番向いていない役割
そのままだと思いませんか・・・?

 

私は自分がホテル業に向いていない!
と思った理由はここにありました。

でも、ここで同じくもう一つ
気が付いたことがあったんです。

当時を振り返ると、接客も楽しかったのですが

  • 新しい企画にチャレンジし
  • プロモーションに力をいれて
  • ミーティングを通じてメンバーのモチベーションを上げる

ということも行っていました。

こういった作業が楽しくて
仕方のない時期があったんです。

 

これは逆にチームにおける
最適な役割に沿っていると気づきました。

 

そしてその時期に
私はリーダーに抜擢されています。

 

今考えると私は

「接客」

という役割から

「チームを先導する」

という役割に自分の立場を変えたのです。

 

そこからホテルの仕事が更に楽しくなり
想像以上の結果がついてくるようになりました。

そういう意味では
ホテルの経験は自分にとって正に天職だったんです。

 

このことから、あなたにお伝えしたいことは
どんな職業であれ

 

「自分の特性が最も効果的に
発揮できる役割を探すことが重要」

 

だということです。

成果を出してはいるけれど
これって本当に適職なんだろうか?

そう悩む原因は、あなた自身がやりがいを感じていなかったり
楽しめていないということではないか、と思うんです。

適職だと確信を持っていることによって
より、仕事にやりがいを持ち、楽しめていけるはずですよね?

 

あなたももし、今の職業が
自分に向いているのか?

不安になった時には
プロファイルの強みが活かせる最適な役割を探してみて下さい。

 

プロファイルテストをまだ受けていない方は
こちらからどうぞ。

→ プロファイルテストの詳細を見る

これを受けると、今の職場で適した役割が

きっと見つかります。

その役割につけるようになるには
更に、いくつかステップが必要かもしれません。

ですが、何も知らないままでは
絶対に手に入れることはできません。

 

既にプロファイルテストを受けているけど
自分1人では方法がわからない・・・という場合は

「ウェルスダイナミクス入門講座」

に参加することを強くおすすめします!

ここでウェルスダイナミクスのプロフェッショナルな講師から
自分の役割を明確にするための活用術を学ぶことができますよ!

→ ウェルスダイナミクス入門講座

あなたも是非、今の職業を
天職に変えてくださいね。

 

岩下 知史(スター)

 

Pocket