自分がいなくても売上が上がっていくレベル

Pocket

先日開催された〈ウェルスブレークスルーWORKSHOP〉には、ロジャーのグローバルコンサルグループ

「クリスタルサークル」(以下CC)

のメンバーも来日しました。

そしてイベントの最後には、ロジャーから参加者へCCの参加オファーがありました。
本来であれば、CC参加希望者にはロジャーと個別に相談する時間を設けているのですが、今回はなんと個別相談に移ることなく一瞬で定員枠が埋まりました。

私もウェルスダイナミクスのイベントには何度か携わっていますが、年々参加者の意識がどんどん高まっているのを感じます。

さてそんな中で、今回CCに参加を決意されたSさん(女性)という方と、お話をさせて頂く機会がありました。

この方はスペクトルレベルで言うと、現在はイエローレベル。

ご自身でビジネスを展開され、これまで述べ1万人以上の方にサービスを提供されてきた素晴らしい実績をお持ちの方です。
そのサービスを世界に展開したい、というビジョンを持って、今回CCへの参加を決意されました。

 

イエローレベルというのはいわゆる個人起業家の世界で、自分の力で市場からお金を稼ぐことができるレベルです。

会社員と比べると、時間と場所をある程度自由にできる

「行動の自由」

と呼ばれる自由がある世界ですね。

 

こうやって聞くと、会社員の方は憧れるかもしれませんが、イエローレベルにはもう一つ特徴があります。

それは

「自分がいなければ、売上があがらない状態である」

ということです。

 

チームの有無にかかわらず、自分がその場を離れた時に売上が下がってしまうようなら、イエローレベルであると言えます。

今回のSさんも同様で、お話を聞く限りもっとビジネスを大きくできる要素をお持ちなのですが、それらをすべて1人でやっているため、流れてくるフローが一定レベルで頭打ちになっていると感じました。

ご自身もそこが課題であることを認識されているようです。

 

じゃあこれを打開するためにどうするか?

答えはシンプルで

「1つ上のグリーンレベルになる」

ということです。

 

グリーンレベルは

「自分が多少その場にいなくても、売上がしっかり上がっていくレベル」

なのです。

そんなグリーンレベルに上がるための最初の条件が

組織を作る

ということなんですね。

 

そして

自分が稼ぐためにどうするか?

他人を稼がせるためにどうするか?

に、発想を切り替えていく必要があるんです。

これは、イエローレベルで手に入れた行動の自由を、一度手放さなければならないということでもあります。

 

とある方はグリーンレベルを「会社員に戻った感覚」と表現されていましたが、組織の代表としてルールを定め、足並みを揃えていくことは、正にそんな表現がピッタリなのかもしれません。

もちろんその代わりに、大きな恩恵もあります。

それが行動の自由に対して

「選択の自由」

が手に入ると言うことです。

チームとして自分の代わりに動いてくれるメンバーがいることで、これまでできなかったことが選択できるようになるからです。

こうすることで、自分のビジネスに更に大きなレバレッジがかかり、イエローとは比べ物にならないほど大きな富が手に入るんです。

 

このようにお伝えすると

「じゃあイエローレベルの方は、必ずグリーンレベルに上がらないといけない?」

と思われるかもしれませんが、ここを自分で選べるのもスペクトルの特徴です。
イエローレベルが好きなら、そのままでも全然良いんですね。

今回お話したSさんは、グリーンレベルとその先にあるブルーレベルを目指したいとも仰っていました。

そしてスペクトルレベルをあげる時に必要なのは、やはりそのレベルをよく理解しているアドバイザーの存在です。

そういった意味で、ロジャーは最高のアドバイザーですよね。

 

今回来日したCCメンバーには、すでにブルーレベルに上がっている方もいました。

そして恐らくSさんもロジャーのコンサルティングを受けて、ブルーレベルに上がっていくんだろうなと、そんな風に感じましたね。

Sさんには是非頑張って次のステージへ上がって、世界進出を目指して頂きたいなと心から思いました。

 

スペクトルを知っていると、普通なら頭打ちしてしまうようなそんな壁を事前に意識できます。

意識できるということは、対応策を考えることができるということです。

 

もしあなたも現状に限界を感じているとしたら、スペクトルレベルを見直すことで解決するかもしれません。

是非この機会にウェルススペクトルを学んでくださいね!

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

岩下 知史(スター)

 

Pocket