羽生くん、トレーダー説第二弾

Pocket

Embed from Getty Images

 

日本絶好調の平昌オリンピックですが
その中でも先日、劇的な金メダルをとって
日本中を沸かせたフィギュアスケート男子の
羽生選手。

羽生くんがトレーダーなのは
4年前(ソチオリンピック時)にも
私のブログで発表していますが
追加の新見解です。

今回私は、アメリカ出張中で
彼の金獲得をライブで見ることは出来ませんでした。
だから、とりあえずYoutubeで見ました。

帰国してからからは、TVでたくさん放映されていたので、
満足いくだけ見せていただきました。

まずは、トレーダー全般の話…

「トレーダーは識別しづらい」とよく言われます。
それは、彼らの対応力が強すぎるからです。

 

どういう意味かというと、
他者の期待に沿うために強力ストレッチできるし
それに命を懸けています。(笑)

そして、「他者の期待」が明言されていなくても、
自分で勝手に感じ取ります。(凄すぎます)

今回、私も羽生くんを通して勉強させてもらったのですが
相手の感性をそれだけ敏感に感じ取れるということは、反対も正なり。
自分がどう動いたら相手(観客)がどう感じるかも分かります。

 

彼は、本当に上手く意識状態を変えています。

- 本番前
- 演技直前の氷上で
- 演技中
- 演技終了後の氷上で
- キス&クライで
- インタビューで

自分と他者との
「その時点でのエネルギー関係」
が明確に見えている。

他者を観客と考えた場合、
「全体が見えている」とも言えます。
「全体とハーモニーを取っている」という表現もできます。

 

この特技、フィギュアスケートにおいても大いに役立ちますが
日常生活に置き換えると「本音と建て前」とも言われます。

相手によって自分の意識状態を変える能力のことです。

トレーダーは
最も「本音」と「建て前」を使い分けられる人たち。
その理由がここにあったのです。

ダイナモ寄りの人にとっては
うさん臭く感じるかもしれませんが、
これも彼らの、我々日本人の能力。
だから接客がスーパー上手いのです。
素晴らしい強味です。

 

羽生くんの、あのわざとらしさが気に障っていたあなた。
そこには、こんな理由があったのです。笑

何にしても、彼の結果にコミットする力は
プロファイルを超えている…。

羽生くん、宇野くん、
本当におめでとう!

 

(社)日本適性力学協会
代表 宇敷珠美

Pocket