目の前しか見えない人へ・・・

Pocket

松井です。

首を痛めました。

先日、花火大会に参加して
少し歩くと右足の付け根が
炎症を起こしました。

「まあ、ほっとけば治るかな?」

と、思いそのままにしていると
次の日、さらにその次の日と..

どんどん痛みが増していき
最終的には歩けなくなりました。

この時ほど、お年寄りの大変さに
共感したことはありませんでした。

いやー、本当に身体って大事です。

で、

そんな強烈な「痛み」のおかげで
発見したある重大な事実があります。

実は私たちの成功は「ある」敵
邪魔されているのです。

多くの人がこの見えない「敵」
やられてしまい人生を棒に振ります。

私自身も、これまでこのある敵に
振り回されて、人を傷つけたり
自分を傷つけたりしてきました。

恐らくあなたも同じような
経験があろうかと思います。

 

しかし、この敵、実は恐れる事はありません。

なぜなら、正体がわかれば
簡単に対処できるからです。

今日の話を聞いたらもしかしたら

「え?そんなの当たり前でしょ?」

と、怒り狂う(狂うことはないか..)人も
若干名は出現してくるかもしれませんが..

心穏やかに最後まで読んでくれればと思います。

ってことで、私たちの成功を邪魔する
意外過ぎる「敵」について公開します。

 

行動してはいけない瞬間

ちょっと話は飛びますが、実は
私たちのIQは日々、変動します。

つまりIQは生まれた瞬間に決定し
固定されるものではなく..

「瞬間毎に変化するということです」

で、

このIQが低い瞬間に決断したり
行動したり、発言すると..

「状況がこじれます」

こじこじにこじれもう取り返しが
つかない事態に陥ることもあります。

なので、このIQが低い時はできるだけ..

何も決断せず、
何も行動せず、
何も発言しないほうが良いのです。

で、

このIQを下げるのがさっき行っていた
「敵」ですね。

私が今から話す敵がいる時に、
私たちのIQは著しく低下して..

ものごとがあるがままに見れなくなり、
間違った判断をしてしまうということです。

目の前のことしか見えなくなり
短絡的な行動しか取れなくなります。

つまり、目の前しか見えない人
になってしまうのです。

しかし、それは私たちに
能力がないわけではなく・・・

「能力が発揮できない状態」

に陥っているだけなのです。

・・・

なので、この敵が訪れている瞬間は

「何もしない(もしくは寝る!)」

が一番の得策になります。

と、いうことで今から我々のIQを下げ、
目の前のことしか見えない人にさせる…

【敵の数々】

について詳しくシェアしていきます。

 

1:痛み

今回、10日以上、身体の部位を痛めました。

身体というのは一箇所が痛くなると
その痛みをかばう変な姿勢になるので、
次に違うところが痛くなります。

そうやっていろいろな部位を痛めながら
既に10日以上がたっていますが、まだ
首に違和感がある状態です。

そして、この痛みがある時に私たちの
IQはとにかく低くなります。

長期的な事や、全体像を考えにくく
目の前の事にとらわれがちになります。

なので、身体に痛みがある時は
とにかく休むのが寛容です。

ちなみに、痛み止めを飲むと
痛みはなくなりますが..

クスリの作用で頭がボーッとするので
たとえ痛み止めを飲んだとしても、
ベストな選択は出来ないと思います。

 

2:お金の不安

自分の持っているお金が不足していると
思っている時、IQは強烈に低下します。

※スペクトルで言うと赤外線の状態

実はお金の欲望(儲かるかもと言う期待)
も、同じようにIQを下げるのですが..

不安のほうがより大きくIQを下げます。
(あくまでも感覚値ですが)

収入の目処が立たない時を作らないように
つねに未来の収入を担保する事が大事。

今ある仕事よりも、未来の仕事を作る。

これが重要だと感じています。

 

3:恐怖

お金についてだけでなく・・・

・誰かに嫌われているかも..
・こういう風になるかも..
・これを失ってしまうかも..

という恐怖は著しくIQを下げます。

恐怖(もしくは不安)と言う感情が
発生している時は思考のエネルギーが
全てそこに奪われていきます。

これは痛みやお金の不安も同じで、
考えても仕方のないことを延々と
考えてしまいます。

そうすることで、冷静に物事を見る力
俯瞰して見る力が落ちてしまうのです。

 

4:苦手な場面

慣れてない環境や自分が苦手だと
思っている環境にいる時に
私達のIQは下がり視野が狭まります。

苦手な人が近くにいたり、
始めて何かをやる場合だったり、
緊張してしまう場面だったり..

色々と苦手な場面はあるでしょうが、
そういう場面の時こそ、リラックスと
深呼吸を心がけると良いですね。

次に・・・

と、行きたいところですがちょっと
長くなっているのでココまでにします。

こうやって見ていくと分かるように
基本的に「ネガティブ」な時には
決断や、行動や、発言をしないのが
すごくすごく大切になります。

で、こう見ていくと・・・

「赤外線の怒り」

が、以下に判断を鈍らせるかが
よく分かるなと思います。

赤外線レベルの人は実は
心の奥底に不安と怒りを
抱えて行きています。

だからこそ、すごく焦ったり、
非現実的な判断をするのです。

なので、赤外線のうちはとにかく
赤外線脱出を念頭に置いて動く。

そして、だれかの言うことを素直に聞く。

自分の判断は間違っている
可能性が高いということを
念頭に置いて動くと良いでしょう。

ちなみに喜びや、衝動的な欲望
傲りなどもIQを著しく下げます。

一番良い状態は「ニュートラル」

ポジティブでも、ネガティブでもなく
穏やかで落ち着いている状態が最高です。

この状態の時に私たちはあるがままに
物事を認識して、正しい判断ができます。

なので、この

「落ち着いて緩んでいる状態」

を、どれだけキープできるかが
富を構築する上で大事だと思います。

それをキープするためには、、、

「深呼吸とマインドフルネス」

がオススメですね。

※私は別の方法を使っていますが..

興味ある人はこちらから問い合わせてね。

matsui@jwda.org

 

、、、少し話はそれていますが..

私も、今回痛みに囚われました。

その時はやはり大きな富の視点を忘れ
とにかく目の前の日常で精一杯になります。

ただし、この痛みや恐怖は勝手に発生し
そして消えていく「波」です。

だからこそ、やってくるのは仕方ないです。

問題はその波がやってきた時に判断したり、
決断したりすることです。

それは必ず後で後悔してしまいます。

痛み、お金の不安、恐怖
喜び、怒り、衝動的な欲..

こういう物が来ている時は
それに気づいて受け流す。

とにかく、なにもしないということを
心がけると、それだけで人生うまく行きます。

 

・・・

 

私たちが上手く行かない理由は、
やるべきことをやってないというより..

「やらなくていいことをやりすぎている」

これが原因だと思うのです。

本当に最適な判断だけをしていけば、
少ない行動量で思っている成果を
出していくことができると思います。

だからこそ、変な状態の時には
とにかく「止まる」これを意識すれば
それだけで人生が好転しますよ。

今度、これらの感情がやってきたら
ぜひとも「冷静に」受け流してください。

 

松井 万理

 

追伸:
今回、足を痛めて本当に学びました。

状態が悪い時にそれを認めて
何もしないというのは勇気がいります。

そういうときにも焦らない強さが欲しいです。

 

追伸2:
今、一緒に富の道を歩む人を探しています。

富=価値×レバレッジ

を、真剣に実践していく人です。

ウェルススペクトルのステップを
確実に一緒にこなしていきたい人は
他にいませんか?

もし興味ある人は連絡ください。

仲間として意識をし始めます。

 

追伸3:
イベントに興味があると返信くれた人へ・・・

本当にありがとうございます。

今、何かしらのイベントを考えています。

が、

結構、全国に散らばっているようなので
Zoomでなにかしようかなと思います。

[Zoom]だったら交流したいよ!

と言う人はまたメッセージをしてください。

 

追伸4:
あなたからの感想をお待ちしています。

こういう記事ってひとりで書いていると
すごく寂しくなってしまいます。

誰かとつながっている感覚がほしいので
ぜひとも感想を送ってください。

これからは双方向の時代です。

一緒に成功していく時代です。

だからこそ、ぜひとも声を聞かせてください。

→ matsui@jwda.org

 

最後までお読みくださりありがとうございます!

Pocket