未来を見る目

Pocket

メカニックの松井です。

単刀直入に質問します。

偉大なリーダー単なる肩書のリーダー
彼らを分けるものはいったい何でしょうか?

その答えについての私の見解は
また後ほどお伝えするのですが・・・

偉大なリーダーは間違いなく
魅力のある人だと思います。

彼らがなぜたくさんの人の
心をとらえて行動を促す事が
出来たのでしょうか?

強烈な洗脳テクニックがあったから?
心理学を知り尽くし人を操った?
スピーチの勉強をしていた?

どれも違います。

答えは・・・

タイトルの通り未来を見る目。

・・・

ではありません。

「え?違うんですか?」

と、ズッコケる人が
何人か出現しそうですが・・・

焦らないでくださいね。

 

伝わらないビジョン

もちろん、偉大な未来を見る力
自分のビジョンを語る力は
非常に、非常に重要な物です。

しかし、ビジョンを語るだけ、
未来を見るだけでは
”誰もついてこない”のです。

あなた自身も感じたことはありませんか?

・なぜ、自分の理想や良い思いが
人に伝わらないのだろうか??

・なぜ多くの人は分からないのか?

・なぜ人は正しいことを言っても
それを認めようとしないのか?

 

あなたは考えたことがありますか?

私はあります。

実際に、いろんな事を伝えてきました。

本当に10年以上、いろいろな人に
その人が良くなるようにと
数々の事をお伝えしてきました。

しかし、残念ながら分かってもらえません。

私の何がいけなかったのでしょうか?

私は取るに足らない、
無価値なゴミムシなのでしょうか?

いいえ、違います。

 

人間を魅了する最大の引力

私に足りなかったのは今からお話する・・・

「人が人についていくために
最も重要なもの」

です。

あなたがこれを知り、
そしてこれを使いこなせば・・・

多くの人があなたに付き従います。

多くの人があなたを必要とします。

あなたの言うことを信じ、
惜しみない応援をしてくれます。

 

果たして、その最大の秘密はなにか?

あなたは興味がありますか?

これを前にすれば、

大きな未来予想、前向きな姿勢、
プレゼン能力、言い回し、
印象操作、プロモーション技術..

全てが「全くの無意味」です。

この強烈な魅力に裏打ちされた、
人物を目撃したら人は何をおいても
その人を応援したくなります。

人間を魅了する最大の引力。

 

この正体を遂に公開します・・・

その正体は・・・

「理由」

です。

・・・

・・・

・・・

かなり頭の中に?マークが3つほど
飛び出ているかもしれませんが..

私は大真面目です。

この理由(理念)がある人に
人は「インスパイア」されるのです。

ここで重要なキーワードが出ました。

「インスパイア」です。

 

人が「動く」理由

ハッキリあなたに言い切ります。

私はここまで嘘をついてきました。

と、言うのも・・・

人は決してあなたに付いてきません。

人は「自分のため」に動くのです。

その人がその人の欲望や直感に従い、
自分が善だと思うことを人は行います。

なので、まず覚えておいてほしいのは・・・

「外から人を動かすことはできないが
その人自身が動きたいと思えば動く」

ということです。

 

つまり、あなたが目指すべきは、
人を動かすことではありません。

「人が自分の能力を発揮し、
自分の望みが叶えられるように
自分を導けるように導く」

これをすればいいのです。

そのために必要なのが、
先程、お話した「理由」です。

 

Apple社の「理由(Why/理念)」

ここでいう「理由」というのは
言語化されるものではありません。

あなたの発言、行動で表現される
すべてから醸し出される理由です。

例えばAppleの「理由(理念)」は・・・

【常識に挑戦する】

です。

そして其のために彼らは

「違う考え(Think Different)」

という指針を厳格に守りながら
数々の常識を打ち崩してきました。

その結果生まれたのが

・apple Ⅱ
・iPod
・iPhone
・iTunes

です。

彼らは一言も常識を打ち破ろうと
アピールすることはありません。

ただ、自らが自らの真の望み
(常識を打ち破ること)に
忠実に自分を導いているだけです。

その姿を見て、同じような思いを
持った人がどんどん集まり、
Appleを応援します。

アップル・ファンは彼らの
他より何割も高い商品を買います。

これが「理由(Why/理念)」の力。

この理念という命が籠もっていない
単なる未来は「絵に飾った餅」です。

つまり、人を動かすことはできません。

 

「純粋な生き方」が触発するものとは

これまで、自分に嘘をつくことを止める。

裏表をなくして、精神コストを省く。

ちょっと悪い自分を表現する。

そして、5つの魅力の引き金。

・・・などなどなど

いろいろな事を申し上げてきました。

これらも全てこの理念の表現に
つながっているのです。

なぜなら、パッションという物の
語源が「強い痛み」だからです。

我々人間には暗い影や悪い部分もあります。

その暗い部分、闇の部分から来る痛みが
私たちに前進する光を与えてくれます。

その闇と光を融合した者が
あなたの「本当の理念」です。

 

本質的に言うと人は..

あなたの能力、
あなたのビジョン、
あなたの社会的地位に..

惹かれるのではありません。

あなたの理念から自然に発生する
「純粋な生き方」に触発され
”自分の人生”を自ら歩むのです。

そして、その彼らの望む理想が
あなたの理想と同じであれば
彼らはあなたに忠誠心と仲間意識
そして一体感を持ってついてきます。

ただ、同じ方向を向いている人だけが
ついてきているように見えるだけです。

彼らはひとりひとり自分の足で
自分の道を歩んでいます。

そして、あなたもただ自分の道を
自分の足で歩く必要があるのです・・・

 

ミラーニューロンのひみつ

「松井さん、理念が大事なのは
よく分かりました。で、具体的に
私はどうしたらいいのでしょうか?」

という疑問を持つ人も
出てくるかもしれませんので…

そのことについて詳しく
お話してこうと思いますが…

その答えは..

ロジャー・J・ハミルトン
未来を「ナマ」で聞く。

です。

今度6月2日にウェルスダイナミクス
FESTAがありますのでそこで
彼の発言と思考を生で見てください。

それが一番早いです。

なぜなら、人が最も学ぶのは・・・

 

「ミラーニューロン」

だからです。

ミラーニューロンとはなにか?

これは簡単に言うと
眼の前の人がやっていることと
同じことを体験するという..

高騰哺乳類独特の精神活動です。

難しいことは説明しませんが、
要するにあなたの目の前で
誰かが人を殺せば..

あなたの脳は自分が人を殺したと
思うということです。

つまり、目の前の人の体験を
自分が体験したと「脳」は
認識する効果のことを言います。

これがあるので、彼のスピーチを聞けば、
彼の理念、彼の理由、彼の存在を
そのまま、感じられるでしょう。

 

彼のように本当に思いを持って
ビジョンを語れる人物は稀です。

正直、いろんな人がビジョンを語りますが、
殆どの人はエゴの思いで語っています。

そういう人はいいことを言って、
多少のファンを集めることはありますが、
決して大きなムーブメントにはなりません。

だからこそ、この稀な本当の魂のある
ビジョンを語る人物を直接目撃する
「必要」があるのです。

あなたが本当にビジネスで成功したい
人を引きつける本物のビジョンを語る
リーダーになりたいと思うのなら..

ウェルスダイナミクスフェスタに
参加してください。

※私も参加しています(会いに来てください)
http://festa.jwda.org/2019/ *満員御礼・開催終了しました*

 

ーーーーー

人にインスパイアされる事で
人をインスパイアできます。

あなたも同じことができます。

だからこそ、ロジャーに
インスパイアされて欲しいです。

そうしてインスパイアされる
経験を積み重ねることで
あなたも人をインスパイアできます。

あなたがインスパイアされ、
その情熱から何かをする時
何かを話す時、必ず他人に
そのエネルギーを送ります。

 

これは決してフェイクできません。

なので、どんなにしゃべりが上手くても、
このエネルギーは出ています。

だからこそ、良質なエネルギーに触れて
インスパイアされることが大切です。

彼自身がなぜ富の力学を真剣に作り
それを広めようとしているのか?

それを、彼の口から発せられる言葉ではなく、
彼のカラダから来る真の声を聞いてください。

ウェルスダイナミクスFESTA
2019年(令和元年)6月2日(
http://festa.jwda.org/2019/

※当日は私も参加予定ですので
会場で見かけたらお声掛けください。

 

松井 万理

 

追伸:
あなたが自分の能力を発揮して、
自分の天才性を活かして生きて欲しい。

そんな思いで、私もお話しています。

少しは伝わりますでしょうか?

 

追伸2:
私は人生の目的(ミッション)と
ビジネスの理念(ポリシー)は
リンクしてるべきだと思います。

自分の人生とリンクした
仕事ができれば人生の8割の
問題は解決すると思います。

というのも、人生の8割は
仕事で占められていますからね!

あなたはどう思いますか?

ご意見くれたら嬉しいです。

matsui@jwda.org

それじゃ!またメールしますね!

 

Pocket