スーパー快眠デトックス

Pocket

松井です。

あなたは人に言われたことを
気にしてしまうことはありますか?

私はあります。

今、私は悲しいです。

人にちょっと言われたことを
気にしています。

正直、改善していくしかないのですが..

怒り、悲しみ、自分への失望。
様々な感情が発生しています。

・・・

こういう時に私が思い出すことは・・・

「人間とは弱いものなのだな」

ということです。

特に人の「心」は弱いものです。

だからこそ、環境に流されたり
他人の活躍を見て自分のペースを
崩してしまったりしてしまいます。

それが人間というものですので..

そこで
大切になってくるのが

「リセット」

です。

ウダウダ気にしたり、凹んでいる時に
その状態を「リセット」してくれる習慣と
対処方法が重要になってきます。

成功するためには
必ず失敗がつきものです。

だからこそ、このリセットをスムーズに
行うことができるだけで、成功確率が
ドカンと爆発的に上がると思います。

では、どうやってリセットしていくのか?

その画期的な手法についてお話します。

 

【心をリセットする方法】

さて、人はなぜブレてしまうのでしょうか?

答えは簡単です。

たくさんの物事に「注意」を
取られる事で人はブレてしまう。

だからこそ、自分が本当に
大切にしているモノ以外を
完全に無視する事が大切なのです。

・・・

「大切でないものを捨てていく」

これが、恐らくめっちゃ難しい。

先ず第一に自分の大切なものが何か
認識していない人が本当に多いです。

これは一度時間を取って取り組むべき事。

しかも定期的にバージョンアップすべき。

これがハッキリしていないと
同じところをグルグル回ってしまいます。

目の前のお金だけを追いかけ続けてたら
お金は手に入ったけどウツになるのです。

そして、大切なものを認識できていたとしても..

捨てるのがこれまた難しい!

特にこれまで大事だと思ってきたものは、
手放すことが感情的に難しく感じてしまいます。

もう大切じゃない何かを捨てるのは、
すごく怖いし、ビビると思います。

だからこそ、これが出来ずに
苦労している人が多いですね。

でもこれが出来た時、人生のステージが
格段に飛躍すると信じています。

では、どうすればこれまで大切だったものを
スムーズに手放すことが出来るのか?

その答えは・・・

「目的意識と存在意義」

です。

ちょっと、抽象度の高い話になってきましたが..

この

「自分は何者か?」
「何のために存在するのか?」
「何のために行動するのか?」

この問に対する答えがハッキリしないと
今ある安定を手放すは怖すぎて出来ない。

惰性で続いている仕事。
まだ読んでいない本。
ほとんど使わないモノ。

これらのものをズバッと
捨てるためにこの意識と意義が
本当に重要になります。

 

【痛みを伴う決断】

痛みを伴う決断をする時には
その痛みを超えるだけの目的が必要。

よく、モチベーションが出ないとか
言っている人がいますが…

目的意識があればモチベーションは
関係なくなります。

モチベーションがなくても
やらなくちゃいけないからできます。

だからこそ、ウェルスフィットネスの
キーバリューが「目的と人格」なのです。

目的→目的意識
人格→存在意義

この2つがあれば、感情的、肉体的
精神的な痛みを乗り越えることが出来る。

本当にウェルスフィットネスすげえなって
勝手に感動している次第であります。

−−−−

話は少しそれている気がしますが・・・

ウェルススペクトルの段階が変わる時。

まずはこの「古い自分を捨てる」
言う作業が必要になってくるのです。

ステージが変わる時にはそれまで
大切だと思ってたものを捨てるのです..

だたし、何でもかんでも
捨てて良いわけではありません。

「持っていくもの、捨てるもの」

を、しっかりと識別して行く必要があります。

※ちなみに私はこの識別を行っているところです。

これがすごく辛いと言うか
感情的なジレンマを感じます。

このジレンマを乗り越えた時に
初めてステージアップへの決意が固まる。

この目的に支えられた決意。

これがモチベーション以上の
究極の原動力になります。

・・・・

ジレンマというものはこれまで
大切だったものが大切でないと
気づくと発生し始めます。

つまり、変化の兆しなのです。

その大切でなくなった物を..

「捨てる必要がある」

と認識しているからジレンマが来ます。

捨てる必要がなければ、ジレンマは感じません。

ただ、大事に取っておけばよいだけです。

しかし、それが足かせになっていると
薄々勘付き初めた時にジレンマが来ます。

つまり、ジレンマはステージアップの
チャンスが訪れているサインの一つです。

これから私もいろいろと
捨てていこうと思いました。

 

捨てるものを見極める

では、一体何を捨てていくのか?

それを見極めるのに役立つのが
ウェルススペクトルだと思います。

それぞれのレベルに恩恵があり、
その恩恵を捨てることで
次のレベルに向かって進めます。

赤からオレンジに上がる時は..

「つながり、目の前の快楽」

などを捨てる必要があります。

オレンジからイエローに上がるには、

「依存状態、安定、手抜き」

などを捨てる必要があります。

今の私で言うと・・・

「自由、気まま、独立」

を、捨てる必要があるのかも知れません。
(もしくは依存かもしない)

もちろん、スペクトルだけが
全てではありません..

何を捨てて、何を守るべきかを
識別する一つの参考として分かりやすいのが..

「捨てることに対する抵抗心」

です。

一番、捨てることに抵抗があるものが
捨てるべきものである可能性が高いです。

・・・・・

なぜなら、あなたのステージを
上げることをブレーキするのは
あなたの考える「安定」だからです。

この安定を揺るがす必要があるのですが、
これは誰でも強烈な抵抗を感じます。
(安定を壊すわけではないのでご安心を..)

なので、大抵の場合一番捨てるべきもの
もしくは一番やるべきことは抵抗を感じます。

この

「抵抗を感じることを先にやる」

これをやることができれば、
かなり高確率で市場を支配できます。

 

余計な考えを毎晩「リセット」する方法

そんな感じで今日は話がちょっと
飛んでしまっている感覚がありますが..

とにかく、私はいま過渡期にいます。
(まあ、これもいつまでもではありません)

なので、ちょっとあなたにちゃんと
価値を提供できているのか不安ですが..

この

「捨てる(手放す)」

ということを意識すると、人生の
能率が大幅に改善していきます。

・・・・

で、

話はやっと快眠デトックスの
お話に入っていくわけですが..

※前置きが長すぎてすみません。

この「リセット」という作業を
”毎晩1回”やっておくと
ものすごい深さで眠れます。

私達の眠りを浅くしているのが..

「余計な考え」

です。

だからこそ、寝る前には頭の中の
ごちゃごちゃを捨てて、大切な物に
フォーカスを戻して眠るのです。

寝る前のお風呂を利用して
気持ちをリセットしてください。

・・・・

ステップ1:

今、気にしていることを考える。

ステップ2:

1つずつ精査する。
(捨てるべきもの、大切にしたいものを見極める)

・なぜ気になるのか?
・そこにどんな価値を感じているのか?
・それは本当なのか?

この3つの質問で気にしていることが
本当に気にするべきことなのかを見る。

ステップ3:

明日やるべきたった一つのことを決める。

これを湯船に使ってぼーっとやってから..

お風呂から出る前にシャワーを浴び、
余計な物やいらないものが流れていく
イメージをしておく。

ステップ4:

寝る直前に朝一番に片付けるべき
仕事に意識をフォーカスさせる。

※寝る前にこれをやっておくと
睡眠中にアイデアが出ます。

と、これをやっておくと快眠です。

ちょっとまた話は飛ぶのですが、
実はコピーライティングに置いて
いちばん大切な事は「眠り方」です。

私はちなみにこの「リセット」に
別の技をボディヴォイスという
また別の方法を使っていますが..

とにかく、このリセットするのは
本当に、本当に大切です。

と、

言うわけで、今回は乱筆ですが、
今、私が大切と思うものを提供しました。

また、感想やメールをお待ちしています。

 

松井 万理

 

追伸:

おそらく誰でも持っている
一番捨てると能率が上がるものが..

「自分は特別でありたい」

と、

「安定したい」

と言う気持ちだと思います。

この2つを手放すことができれば、
いろんな事が一気に成長するでしょう。

誰よりも苦労してやる。
誰よりも損をしてやる。

と、思っていると逆に
人生が楽になる不思議。

本当に人生は面白いと思います。

 

追伸2:

あなたが知りたいと思うものはどれ?

以下の4つから選んでください

 

1:1日3時間労働で年収1300万円を
稼ぐコピーライターの1日

2:人の感情を汲み取り、誘導するための
ちょっと意外な「声」の使い方
※売上が倍増してしまう共感術

3:何もなくても人がよってくる
影響力の科学(言葉を超えた世界)

4:ゴールドラッシュで最も現金を手に入れた
業者から学ぶ、最強のビジネスモデル

 

興味あるやつを選んでください。

興味が1番集まったやつを
次のネタにしようと思います。

それでは今すぐ投票してくださいね。

▼▼▼

投票はこちらから

Pocket