経営者がこれを知らなかったらこわい!

Pocket

経営者がこれを知らなかったらこわい!

みなさま、こんにちは。
最近になって「富の力学」の理解が
また一段深まった
ロードの 村上 燿市 です。

さて、早速ですが、今日は経営者の方と、
起業したい方に向けて
「経営者がスペクトルを知ることの大切さ」について
書かせていただきます。

ウェルススペクトルは、「富レベルの指標」となる理論です。

ウェルスダイナミクスのプロファイルは、
「自分が誰であるのか」つまり自分に一番適した
「道」を教えてくれるものですが、

ウェルススペクトルは、
「今自分がどこにいるのか」を教えてくれます。

カーナビに例えるなら、
あなたのプロファイルが「ルート」を示し、
スペクトルが「現在地」を示してくれます。

「このルートでいけばいい」という道がわかっても、
もし、現在地がわからなければ、
「曲がる交差点を間違えて、迷ってしまう」
ことがありますよね。

ですので、「ルート」を知ることと同じように
「現在地」を知ることが非常に重要なのです。

しかしながら、
現在地を知らないがゆえに、
道に迷うということが
経営でしょっちゅうおきているのです。

例えば、あるスターの方が
すごい経営者の講演会に行ったときに
「そうか、同じスタープロファイルの
経営者はこう言っているので、
それをすれば間違いない!」
と思うかも知れません。

しかし、その経営者が
同じプロファイルであっても
その人とは違ったスペクトルレベルで
ビジネスをしていたら、
まったくうまくいきません。

なぜなのか?

それは、自分がいるレベルによって
全然世界が異なり、
「ルールが変わる」からなのです。

スペクトル

ウェルススペクトルでは、

紫外線―レジェンド
紫―作曲家
藍色―主催者

青―指揮者
緑―パフォーマー
黄色―プレーヤー

オレンジー労働者
赤―生存者
赤外線―被害者

に色分けされた9つのレベルに分かれます。
このうち、自分の「レベル=現在地」がわかります。

先ほどの例に戻るなら、
スターのすごい経営者のレベルが
青レベルの指揮者だったとします。

その人が
「スターであっても社長とは
数字の動きを見ることが仕事であり、
自分自身が動き回ってはいけないんだ」と
言ったとします。

それをどのレベルの
スタープロファイルの人もが、
「なるほど」と、
自分のビジネスに取り入れようとしたら
それは間違いです。

なぜなら、
青レベルの「すべきこと」は
違うレベルにおいては
「すべきではないこと」だからです。

つまり
異なるレベルによって、
「ルール」は変わるのです。

main-v05

多くの経営者は、
「今、どこにいるのか」
ということすらわからず、

それゆえ、ルールの存在も、違いもわからない
ことがほとんどです。

ウェルススペクトルでは、

「自分が今いるレベルを知る」
「次のレベルに行くためのステップを知る」

ことが明確にわかります。

ウェルススペクトルの誕生によって、
これまで経営者が全く見えてなかった
画期的な地図が誕生したのです。

それはまるで、自分の車に正確な現在地が
わかるナビを手に入れたのと同じようなもの。

早く、確実に、迷わずに、安全に目的に
楽しみながらドライブすることができるのです。

もし、あなたが経営者、または
これから起業したいのであれば、
このウェルススペクトルを学ぶこと

または、ウェルススペクトルコンサルタントから
定期コーチングを受けることをおすすめします。

きっと、新しい世界が開けたような
感覚になると思います。

村上 燿市(ロード)

村上トレーナーのイベント情報はこちらから

 

 

Pocket