手続きするだけで毎月2万円のお金を生み出す方法

Pocket

本日のテーマは、

【手続きするだけで毎月2万円のお金を生み出す方法】

です。

なんだか、怪しい情報商材みたいなテーマですね(笑)

これは実際に最近私が体験した
本当に効果があった方法です。

あなたも、状況によっては
使えるかもしれません。

この方法を使うヒントは
ウェルススペクトルの赤外線レベルから
抜け出す方法の中にありました。

赤外線レベルはウェルススペクトルの中で
1番下のレベルに位置します。

1番下のレベルと言っても
その状況が悪いわけではありません。

どんなレベルであっても
そのレベルにとどまるメリットとデメリットがあります。

 

個人の収支を計算すると、毎月マイナスになる状態、
というのが赤外線レベルの基準です。

この状態ですと、感情的にはとても苦しい状態になり
自己否定や他者を批判することが多くなります。

しかし、それがこのレベルにとどまるメリットであり、

「自分は悪くない。
悪いのはまわりの人や環境のせいだ!」

と自分を正当化することで
現実から逃げることができるのです。

 

とはいえそういう状況ですと
ストレス、不安、無力感を感じやすくなり
友人やビジネスパートナーも離れていきます。
(もしくは似たような人が引き寄せられます。)

早急に抜け出すことが
望ましい状態ではあります。

 

赤外線の状態から抜け出すために
ウェルススペクトルの考案者である
ロジャー・ハミルトンは3つのステップを考えました。

  1. お金を計測する
  2. 行動を正す
  3. 義務を果たす

これが赤外線レベルから抜け出すために
必要な3つのステップです。

 

ここで大切なのは、

・毎月の収支がマイナスにならないようにするには
具体的にいくら必要だろうか?

という質問です。

【お金を計測する】

の目的はそこにあります。

 

人によっては数万円あれば
暮らしていけるかもしれません。

あるいは数十万円が毎月必要な人も
いるかもしれません。

いくらであっても構わないので
収入の範囲内で個人の支出をおさめることが
大切なのです。

単に収入を増やすだけではなく、支出を少なくすることで
収支がプラスにできることもあります。

 

はい、前置きが長くなりました。

ここが、

【手続きするだけで毎月2万円のお金を生み出す方法】

のキモとなる部分です。

私自身、支出を見直すことで

  • あまり使っていない月額制サービスの解約
  • スマートフォンのプランを安いものに変更

ができることがわかりました。

そうすると
月に2万円以上の支出を減らすことができたのです。

これが積み重なっていくと
1年で24万円、5年で120万円となりますので
結構な違いが出てきますよね。

あと、私ではありませんが知人の場合は
いくつか契約している保険を見直して、不要なものを辞めたらやはり
毎月数万円のプラスのキャッシュが生まれたそうです。

 

あなたが毎月支払っているお金は
本当に必要なものばかりでしょうか?

1度、レシートの内容やクレジットカードの明細を
チェックしてみてください。

お金の計測はバッチリしてるよ!
という方でも、もしかしたら支払っているものを
辞めてもそれほど問題がなかったり
もっと安いサービスに変えても大丈夫な場合があります。

赤外線のスペクトルでなくても
プラスのキャッシュフローが多いに越したことはありません。

【お金を計測する】

の課題をきっちり行い
収支を健全なものにしていきましょう。

 

さて、このように各段階別に
どのような行動をしていけば
ウェルススペクトルのレベルを
上げていくことができるか?

あなたが理想とするライフスタイルになるには
どうすればいいか?

もっと詳しく知りたいと思いませんか?

1番、簡単に詳しくそれを知ることができるのは
ロジャー・ハミルトンの著書

『才能は開ける』

を読むことです。

 

本書では各スペクトルにおいて
どのように課題をクリアしていけばいいか?

事例付きで解説をしています。
Amazonなど書店で購入することもできますが
同じくロジャー・ハミルトンが書いた本

『億万長者の秘密をきみに教えよう』

をまだお持ちでないのであれば
『才能は開ける』『億万長者の秘密をきみに教えよう』
2冊をセットにしてさらに
ウェルスダイナミクスの小冊子もつけた

「はじめてセット」

を手にしていただくと
ウェルスダイナミクスを1から学んでいくには
素晴らしいスタートにすることができます。

ウェルスダイナミクスや
ウェルススペクトルを学んで実践していく
最初の一歩を踏み出したい。

あなたもそう思われたら、
こちらで「はじめてセット」を手に取ってみて下さい。

→ はじめてセットの内容を見る

 

何度も読み込んで実践していけば
実はとても奥が深いことをこの2冊では
伝えていることがよく分かります。

 

守屋 信一郎(ロード)

 

Pocket