講師経験ゼロだったのに全国で講演ができた理由

Pocket

今日は、
ウェルスネットワークに
ついてお話しします。

2007年ごろに
ある高額な費用の
資格取得講座が開催されました。

同時に受講した人は
50名近い人数でした。

そんな中の一人で
特に講師業をしたいとは考えていたわけじゃなく
その講座をする人物と旧知の仲だったので
興味本位で参加をしただけの人がいました。

その後、資格を得て
「こんなの取ったんだ」
と友人に話していたら
あれよあれよと言う間に
全国各地の人が手伝ってくれ
セミナー開催が決まりました。

過去に専門知識を話して欲しいと
人前で話したことは何度かありました。

しかし、
ちゃんとした講師としては初めて。

それなのに
沖縄で20名前後
大阪で60名前後
東京で50名前後と
すごい人数の人が来てくれました。

一体誰に、何が起きたと
思いますか?

講師になるつもりがなかったのに
いつのまにか全国で講演をすることに
なっていたのは・・・

ほかでもない
ワタシです(笑)

ワタシの
プロファイルは
サポーターです。

自分自身のビジネスを成功させるために
心理学や脳科学、
コーチングやカウンセリングを
習得していました。

そして同時に、同期生達に
ビジネスで培った専門知識などを
無償で教えてあげていたんですね。

つまり
同期生と言うコミュニティーに
自分のできることで貢献をしていました。

そして、それが
ワタシの価値として認知されたのです。

その価値を
周囲にもっとおすそ分けしたいと
同期生の人たちやその関係で
知り合いになった人たちが
集めてくれたのです。

ウェルスダイナミクス風に言うと
ワタシには専門知識
そして人脈と言う価値があります。

そこに
数名の友人たちの持っている
人脈と言うレバレッジ(てこの原理)
が掛かったことにより、大勢の人が集まった。

一人では到底集められないほど大勢が集まったのは
自分が知らない間にウェルスダイナミクスの富の方程式
富=価値×レバレッジ(てこの原理)
が成り立っていたから。

あなたが蓄えてきた知識や
経験と言う価値で
また得意なことや好きな事で
周囲に貢献が出来ますか?

それが明確に判れば
ウェルスネットワークが周囲に出来てきて
あなたの望む富が引き寄せられます。

実は、ウェルスネットワークとは
ウェルスダイナミクスの考案者
ロジャー・ハミルトンの提供している
コンテンツの一つです。

プロファイルについてのウェルスダイナミクス以外に
ウェルスフィットネス
ウェルスネットワーク
というものがあります。

ウェルスダイナミクスと合わせて
ウェルスネットワーク
ウェルスフィットネス
をより深く学んで行くと
日常における価値とレバレッジが
どんどんあなたにも見えてきます。

楽しく学んで
日常でビジネスで
活かしてくださいね。

では今日はこの辺で!

水河昭彦(サポーター)

 

Pocket