スペクトルが才能を開く理由

Pocket

先日、東京にて

【ウェルスダイナミクスAWARD 2017】

が開催されました。

台風が近づいているにも関わらず
約250名の方が集まってくださいました。

プロファイルごとの
生きた身近な成功者の表彰ということもあり
開場の皆様が、真剣に受賞者の話に耳を傾け
頷いたり、驚かれたりされていた姿が印象的でした。

私は、当日プロファイルの基となる
4つの周波数の違いを体感していただく
“カーエクササイズ”というワークと

さらに、ロードの村上トレーナーと一緒に
プロファイル当てゲーム
ファシリテーションをさせて頂きました。

 

カーエクササイズでは、同じお題に対して
グループで1つの答えを出していただきました。

周波数ごとに分けたテーブルの方だけに
グループで出した結論の発表を
していただいたのですが

聞いている人たちも
何ならご本人たちも

「え?こんなに違うの?」

という驚きや
発表の内容だけでなく
発表の仕方や
それぞれのグループの人たちの動きなど

文字で読んだだけでは理解できない
それぞれの周波数が持つ雰囲気や
行動パターンなどを

楽しくご紹介させて
いただけたのではないかと思います。

もっともっと、色々あったのですが
何かの機会にまた、お伝えしたいと思います^^

 

また、トレーナーとの
Q&Aコーナーで登壇した時に

「どのプロファイルでも共通して大切なことは?」

というご質問がありました。

私がご紹介させていただいたことは

「できない人というのはいない。
できない状態があるだけ」

ということを知って頂きたい
ということでした。

 

せっかく分かったプロファイルですが
上手く才能が活かせていない

それどころが
色々取り組んでいることが上手くいかない

そんなとき、つい自分自身を
否定してしまうことがあります。

ウェルススペクトルを知っていただくと
その必要がないということが分かります。

できないのは、ただただ
今その段階にいるから
ということが分かります。

 

小学1年生が
「かけ算九九が全部言えない!」
って落ち込んでいても

「それは小学2年生になったら習うから
今から心配しなくていいよ^^

それより今は足し算をしようね」

って、言ってあげますよね?

それと同じことが
スペクトルではできるんです。

 

今回、あなたはアワードに
ご参加くださったかも知れませんし
いらっしゃれなかったかも知れません。

どちらだったとしても
アワードで表彰された
各プロファイルの受賞者の様になれる
ということを、ぜひぜひ、信じてください^^

私自身もウェルダイナミクスを知った時は
赤外線で失業保険受給中(TT)

そんな私が未経験から講師をはじめ
250名の方へのファシリテーションを
務めさせて頂けるようになったのも

スペクトルを活用して
プロファイルの才能を
価値として提供できる【状態】
なったからじゃないかなと思うんです。

 

その確信を強めるために
ウェルダイナミクス・ウェルススペクトルを
どうぞ、あなたの目標や願望達成
課題解決のために、活用してください。

私たち
ウェルスダイナミクスの講師たちが
精一杯サポートさせていただきます!

セッションで相談したい
と思われましたら、こちらからお申込みください。
富のGPS診断セッション

 

瀬賀啓衣(スター)

 

Pocket