経営者必見!赤外線の人を雇うときに気を付けること

Pocket

先日より数回にわたって、スペクトルの赤外線と
チーム作りの関係性についてお届けしています。

本日は、
経営者の方がスペクトルを学んだ時に
よく頂く質問にお答えしたいと思います。

その質問とは…

 

『もちろん赤外線の社員は雇いたくないですが
ウチのような小さな会社はそんなに選ぶことができません。
どうしたらいいんですか?』

という質問です。

私に直接そう聞いてくださった社長さんは
ウェルススペクトルの緑レベルのパフォーマーの社長さんです。

この疑問をいただいたのち
見事上場を果たされました^^

スペクトルを学んでいただくと

一口に『経営者』と言っても
色んな段階がある

ということを
ご理解いただけるようになります。

レベルの違いだけではなく
それぞれの優先事項の違いがあることもご理解いただけます。
赤外線の人を社員として向かえ入れると言うことも
経営者ご自身のスペクトルレベルも大きく影響します。

 

==================
経営者と赤外線の社員との関係
==================

先に結論をお伝えしますと

 

『スペクトルレベルが高いほど
赤外線の社員を雇ってもやっていけるようになる』

 

ただ、条件が一つつきます。

キチンとスペクトルの課題をクリアして上がれば
という条件です。

とくに
黄色レベルから緑レベルに上がるときに
要注意です。

 

それでは、スペクトルレベル別
赤外線の社員との関わり方をお伝えします。

 

★★★ 黄色レベル ★★★

実は、このレベルでは
先日までのチームの組み方の注意点と同じです。

できれば
赤外線を雇用するというよりは
【黄色レベル同士のパートナーシップ】

を、優先的に考えていくことが大切です。

それでも、そうもいかないときのおススメは

 

─────────────。.’゜*:・*───
黄色レベルになるというコミットをしてもらい
チームに招き入れること
──*。・’*:.──────────────

 

です。

ぜひ、ご自身でスペクトルを学んでいただき
基礎プリズムの特徴と、クリアするべき課題と
黄色レベルが持つべき行動指針を
明確にしてください。

 

★★★ 緑レベル ★★★

緑レベルになると、社員の方の中に

<赤外線のまま>で居続ける人

が、出始めます。
緑レベルの経営者は、彼らがそのままであっても

 

【喜んで働く仕組み】

 

を、作ることを意識してください。

もちろん、居続けることを推奨するわけではなく

 

【スペクトルのレベルを上げる】

*動機付け
*仕組みづくり

 

も、意識して行ってください。
次の、青レベルに上がるときには
社内のすべてのことを<明文化>していく必要がありますが

その時には、この仕組みについてもルール化していきましょう。

 

★★★★★★★★★★★★

ウェルスダイナミクスのプロファイルに優劣がないように
スペクトルレベルにも優劣がありません。

同じように

<事実を客観的に把握する>

<事実に基づく正しい対応をする>

ことができます^^

 

ウェルスダイナミクスでは

 

ウェルスダイナミクス
ウェルスフィットネス
ウェルスネットワーク
ウェルススペクトル

 

という4つの軸で
その両方をサポートしています。

その中でも、起業家として
職業人としてのステップアップを図るウェルススペクトルは
全ての方にお役に立てる指標だと自負しております。

 

ぜひ、この機会に
全国のシニアトレーナー
シニアプラクティショナー
スペクトルマスターから、学んでみてください。

自分はどの人から学べばいいの?
そう思われましたら

info@jwda.org

宛に

現状を踏まえて
お問い合わせください^^

今の課題にピッタリな
有資格者をご紹介いたします!

瀬賀啓衣(スター)

——————————

お友達にもスペクトル無料レポートをご紹介ください。
きっとお役に立てると思います.
→ http://jwda.org/ws/spectrumebook/

——————————

Pocket