スターの強みを活かすには?

Pocket

ウェルスダイナミクスの中で、
もっとも目立つプロファイルと言えるのは?

そう言われると、
やはりスターと答える人が多いでしょう。

たしかに、スタープロファイルの方は、
存在感があって本人が意図せずとも
自然と目立ってしまう方も多いです。

それがスターの強みでもあります。

自分のキャラクターを活かすことが、
スタープロファイルの人が
成功する秘訣と言えるでしょう。

ですがスターの中にも、
単なる目立つ人で終わってしまう人と、
スターとして輝き成功できる人。

どちらもいらっしゃいます。
その違いはどこにあるのでしょうか?

1つは、自分がどの分野で貢献できるのか?
あるいはしたいのか?

それを明確にして、
その分野の人として活動をはじめているかどうかです。
本ブログ記事の筆者のお一人である瀬賀さんは、

「ウェルスダイナミクスを伝える人」

としてスターとなることを決意し、
活動をした結果、
多くの方にウェルスダイナミクスの専門家として認められ、
活躍できるようになりました。

もしあなたがスターとして、
まだ十分な結果を出せていないのであれば、

「自分は何をする人なのか?」

を明確に決める必要があります。
そして、自分で専門分野を決めたら、
それがほかの人にも伝わるようにしないといけません。

「●●さんと言ったら××をする人だよね。」

と自称するだけではなく、
ほかの人からも言われるようになったら、
スターとして活躍する土台ができたことになるでしょう。

これはスターに限らず、
自分の名前で仕事をする方にとっては、
必要となってくる考え方かもしれません。

実はこの戦略が1番必要なのが、
まさにスタープロファイルなのです。

もう1つ重要なのが、
スターが繋がるべき人。

スターが真っ先に繋がるべきなのが、
ディールメーカーの人です。

スターは、
自分を「接触しづらい」状態にして、
自分の価値を高めます。

一方でディールメーカーは、
自分を「接触しやすい」状態にすることで、
自分の価値を高めます。

ブレイズが強い外向的という共通点をもつ
2つのプロファイルではあるのですが、
とるべき戦略としては大きな違いがあります。

ですので、スターは専門分野を決めたら、
その分野の人脈に明るいディールメーカーとつながって、
サポートを得るようにするのが良いです。

ディールメーカーも優秀なスターを探し、
そのスターを活かすコネクションを築くことで、
自分自身の仕事にもつながることでしょう。

さらに、スターは自分自身が
オリジナルの商品を作る必要もありません。

自分のキャラクターを使って、
すでにある商品やサービスや人物を、
魅力的にプロデュースしたり、
プレゼンテーションをできれば十分なのです。

ですので自分の選んだ専門分野の業界で、
良い製品を持った人や会社。

あるいは集客力のある人や会社と組み、
そこで自分のキャラクターを活かして、
表に立つ役割を担うことで、
スターのプロファイルを活かしたビジネスができます。

・自分はどの分野のスターとなるのか?

・その分野で力を発揮できるディールメーカーと繋がっているか?

・自分の選んだ分野において優れた商品を持っている人や会社はどこか?

・自分の選んだ分野におてい優れた集客力を持っている人や会社はどこか?

こういったことを考えて、
自分のスターとしてのキャラクターを活かして、
表に立って活動できるよう意識してみましょう。

 

【自分のプロファイルを知るには?】

どうすれば自分のプロファイルを知ることができますでしょうか?
とたまに質問をいただきますが、
そのためにはプロファイルテストを受ける必要があります。

あなたのプロファイルは
内的価値の「才能」の一部です。

プロファイルを知るためのプロファイルテストはこちら
http://profiletest.net/profiletest

 

Pocket