専門性を武器にメディアでも大人気!2018年のスチール of the Year

Pocket

10月21日(日)開催の「ウェルスダイナミクスAWARD 2018」まで、
残すところあと9日!

 

アワードでは、周波数(ダイナモ、ブレイズ、テンポ、スチール)ごとに、
2018年に自分の強みを使って最も活躍した人を表彰します。

アワードでの受賞者の一人ひとりご紹介するこの企画も3回目。

今回は、スチール of the year を発表します!

 

2018年のスチール of the Yearは・・・

 

ドロドロドロドロ(ドラムロール…)

 

「高田晃一さーん!」

 

「○○新聞社から電話取材を受けました!」

「△△新聞社の取材を受けてきました!」

「大阪で2019年卒就活生向けの講演をしてきます!」

「某ベンチャー企業に行きました。新卒採用について、いろいろアドバイスをしてきましたよ。」

 

など、日々淡々とお仕事の報告をFacebookでされている
就職活動・採用活動コンサルタントの高田晃一さんは
スチールの周波数ど真ん中のロードプロファイル。

 

見ているだけで、「フローに乗ってるな!」と感じます。

 

新聞だけでなくテレビにも多数出演されています。

 

 

スチールの周波数といえば、裏方で
あまり目立たない印象を感じられる方も
いらっしゃるかもしれません。

 

しかし、その専門性を評価されれば
高田さんのように多くの人に求められるのです。

 

今でこそ学生を指導する立場の高田さんですが、
ご自身の学生時代には就職活動の採用試験で
188社から不採用にされるという、逆の意味で驚きの記録をお持ちです。

 

そんな中、独自の戦術を考案し、実行したところ
立て続けに上場企業10社からの内定を獲得!

 

就職後もOB訪問などで訪れた学生に相談を受け、
指導を受けた学生は全員内定を獲得。
それらの経験をもとに就職活動コンサルタントとして独立します。

 

22000人以上の学生にこれまで就職活動の指導を行い、
最近では企業の採用活動も支援するなど
活動の幅を広げています。

 

日本では少子高齢化が進み
企業の採用活動が困難になっていく一方で
AIの発達によって人間の仕事が減ってしまう可能性も指摘されています。

 

高田さんのメソッドは今後も学生から企業からと
ますます求められていくことでしょう!

 

ロードらしい分析力と専門性を武器に
大活躍された高田さんの実績から
2018年のスチール of the Yearの受賞にいたりました。

 

本業の就職活動・採用活動のフィールド以外でも
経営者のご友人に出版やテレビ出演の方法を教えたところ
見事出版やテレビ出演に繋がるケースも最近ではあるそうです。

 

興味のある方はAWARDに参加したら
独自のメディア露出ノウハウをお持ちの
高田さんとぜひお話してみてください。

 

きっと、懇親会などで仲良くなったら
スチール力で体系化された理論
こっそり教えてくれるはずです。

 

良い人材を採用したい社長さんや採用担当者の方
高田さんとはぜひ繋がっておきましょう!

 

→ 高田さんが表彰されるウェルスダイナミクスAWARD2018の詳細・申し込みはこちら!

 

次回はこの特集の最後となる、2018年の テンポ of the Year の方をご紹介します!

 

お楽しみに!

 

合わせてこちらもお読みください。

2018年のダイナモ of the YearのF太さんの紹介記事

http://wealthdynamics.jp/archives/dynamo-of-the-year-2018

 

2018年のブレイズ of the Yearの小熊弥生さんの紹介記事

http://wealthdynamics.jp/archives/blaze-of-the-year-2018

 

宇敷珠美(ロード)

 

Pocket