弱みを最小にしながら成功するには?

Pocket

2019年が始まりましたが
平成はあと数ヶ月で終わりですね。

そんな時代の変わり目に
最高のスタートダッシュ、できていますか?

そして、このタイミングで
今回はある方より

「弱みを最小にしながら成功する方法は?」

というご質問を頂きました。
(ご質問ありがとうございます!)

時代が変わっていく中で
自分の意識も「強み」へと
シフトできたら良いですよね!

このタイミングに相応しい
質問だと思ったので
今回はこれにお答えしたいと思います。

というわけで弱みを最小化する方法
以下の4つのポイントにまとめました。

 

1. 強みと弱みの関係性を知る

これについては先に
強みと弱みの関係性について
理解しておくのが良いでしょう。

あなたがすでに
プロファイルテストを受験されていたら
その時のレポートを見てください。

結論から言うと

「弱みとは、強みが過剰になると
現れやすくなる特徴である」

と言えるのです。

具体的に見てみます。

 

例えば私のプロファイルである
スターの場合なら・・・

■強み
・元気が良く精力的
・決断力がある

■弱み
・高圧的になることがある
・人の話になかなか耳を傾けない

真逆のアキュムレーターなら・・・

■強み
・注意深い
・管理によってチームをまとめる

■弱み
・細部にこだわり過ぎる
・情報や知識などを収集するだけで終わることもある

といった特徴が書いてあります。

 

少し眺めてもらうと
わかると思いますが

・元気が良く精力的
→だからこそ高圧的になることもある

・注意深い
→だからこそ細部にこだわり過ぎることもある

と言ったように強みが行き過ぎて
弱みに変わっていますよね?

これが強みと弱みの関係性です。

 

2. 「強み」を維持する

強みと弱みは表裏一体。
常に近い場所で存在しています。

ここで気づいて頂きたいのが

「ならば、強みは強みのまま
維持することを意識すれば良い」

ということです。

強みが行き過ぎて
弱みにならないように
意識するんです。

これを意識するためには
強みを知っているだけでは不十分。
弱みもきちんと理解する必要があります。

 

3. 弱みは「〇〇の可能性がある」と捉える

強みは大切!

でも、私たちはついつい
自分の弱い部分に目を向けてしまいがち・・・

特に日本においては
弱みを鍛えて平均化することを
求められますからね。

確かにそれも必要なのですが
ウェルスダイナミクスで重要視するのは
あくまで「強み」の部分です。

なので、弱みに関しては

「自分は行き過ぎると
〇〇になる可能性があるんだな」

とだけ捉えておきましょう。

 

面白いことに、強みが行き過ぎて
弱みが目立っている時というのは

・やけに疲れる
・労力の割に結果が出てない
・物事が進んでいない
・トラブルがよく起きる

など、明からさまに
良くないことが起こります。

もしそうなったら

「あれ?私もしかして弱み出てる?」

と、意識を持ち直してください(笑)

 

4. 強みにフォーカスし続ける

最終的に大切なのは
強みにフォーカスし続けることです。

ではそのために何をすれば
良いと思いますか?

もし、あなたがまだ
自分の強みに慣れていないのなら
これを試してください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■「強み」強化ワーク
1. プロファイルテストレポートの「強み」で当てはまる部分に線を引く
2. 「線が引けなかった強み」に注目する
3. 日常生活で「線が引けなかった強み」が使える場面を探す

※プロファイルテスト受験はこちらから
https://www.profiletest.net/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このワークの良いところは2つあります。

1. 自分の新たな面に気づける

線が引けなかった
使えていない強み

に意識を向けることで
新たな自分に気づくことができます。

実はすでに使っているけど
気づいていないだけ・・・
ってこともあるので
根気よく探してみましょう。

 

2. 終始、強みにフォーカスできる

ここで注目しているのは
あくまで「強み」です。

なので日常生活において
常に自分の強みを意識できます。

これにより自然とセルフイメージが
あがっていくんですね。

 

以上。

これらをまとめると・・・

「弱みを最小にしながら成功する方法は?」

に対する回答は

「常に強みに意識を向け、強みを維持すること」

となります!

 

自信も行き過ぎれば横柄、
慎重も行き過ぎれば臆病です。

成功して人格者と呼ばれる方々は
自分の強みが活きる範囲を知っています。

あなたも
自分の強みに注目することで
2019年を最高の年にしてくださいね!

本日も最後までお読み頂き
ありがとうございました。

 

岩下 知史(スター)

 

Pocket