自分のプロファイルが生かしづらいと感じたら

Pocket

こんにちは、ロードの守屋です。
先日、こんなメッセージをいただきました。

「ロードのプロファイルなんですが、
 私のプロファイルを生かすには
 どうすればいいでしょうか?」

というものです。


特定のプロファイルが生かしやすい、生かしにくい。
ということはないと思いますが、
プロファイルごとに
それぞれ苦手な仕事環境や状況はありますし、
自分が苦手なことを多く求められると、
プロファイルが生かしづらいと感じますよね。

 

例えば、私は学生時代に、

「もっと明るくなったほうが楽しいよー」

と、かなり友達から勧められて
頑張って明るくなろうとしましたが
全然楽しくなくてつらいだけでした。
明るい性格の人に絡まれて、
自分のペースを乱されると、

「ほっといてくれよ。」

と内心思うことは結構あったように思います。

また、人と会話をしたり、
コミュニケーションをするのは
苦手でしたし、億劫でした
が・・・・・

 

子供の頃、普段はおとなしい私でも
ゲームの話は楽しくできました。

ほかの子たちが
やらないようなところまで極めて
「どうやってやったの?」と聞かれたりして、
そんなとき結構注目を集めていたと思います。

大人になってからは、
インターネットビジネスだったり、
ウェルスダイナミクスだったり、

自分が好きなこと、得意なことに関わる話は
楽しみながらできていますし、
仕事の成果にもつながっています。

 

ですから、苦手だと思えることでも
自分の得意分野に持ち込めば
結構できてしまうものだったりするのです。

また、強みを活かして
突き詰めていくことで、
苦手を克服できる場合もあります。

私の知っているメカニックプロファイルの人は、
プレゼンテーションが苦手だったけれど、
関連する本を片っ端から買って勉強して、
実際に試行錯誤をしていくことによって
今では講師として大変活躍されています。

 

「ロードのプロファイルなんですが、
 私のプロファイルを生かすには
 どうすればいいでしょうか?」

この答えは、

生かせると思う分野を選んで
そこでできることを提供する

さらに、それだけではなくて、
今いる状況の中で自分の強みを伸ばして
自分を生かせる状況にできないだろうか?

と、考えてみるのも良いと思います。
それでも、どうしてもできない!

と思えるときは、
それが得意なプロファイルの人に、
どうしたらいいか聞いてみるといいです。

自分が苦手な分野のことは、
得意な人に協力してもらうのも
ウェルスダイナミクスが伝えている大切なことです。

自分の力だけで解決しようとしないで、
人の助けを借りることも考えてみましょう。

 

守屋 信一郎(ロード)

Pocket