12月 10

同じプロファイルの成功者が参考にならない理由

Pocket

ウェルスダイナミクスの
プロファイルを知ると
同じプロファイルの
成功者の例が気になりますよね。

Continue reading

Pocket

10月 25

アキュムレーターが成功するには?

Pocket

アキュムレーターが成功するには?

===========================
アキュムレーターは投資だけなの?
===========================
Accumulator
アキュムレーターの成功者として
ウォーレン・バフェットが
紹介されています。

ぜひ、成功者の事例を見る時は
取り組み対象だけではなく。

そこに取り組むマインドや

・取り組んでいる最中に何をしていたか?

・どんな方法をとっていたか?

・なぜ、そうしていたか?

の理由に注目してみましょう。

これは、
他のプロファイルにも
言えることです。

すると、
あなたがアキュムレーターならば、
共感するところが
沢山あると思います。

また、アキュムレーターは
金融投資しかないのですか?と
聞かれますが
全くそんなことはありません。

様々な分野に
アキュムレーターの
成功者がいることが
それを証明しています。

イチロー選手は、
スター的存在ですが、
プロファイルとしては
アキュムレーターとして
しっかりと価値を
発揮しています。

プロファイルは
あなたのやりたい事を
制限するものではなく
むしろ、可能性を開くものです。

やりたい事に取り組む時、
自分の特性に沿った
やり方を見つける
最大のヒントに
なります。

スタープレーヤーになるために、
イチロー選手は、
スタープロファイルの
長嶋茂雄さんや
新庄選手の
取り組み方をしなくてもいい
ということです。

迷う必要がなくなります。

アキュムレーターの
トップ営業マンもいます。

山登りと同じです。
登りたい山が
同じでも
同じ登り方で行かなくても
いいのです。

そして、同じプロファイルの
成功者の登り方は
違う山に登りたい時も
必ず参考になります。

アキュムレーターの
富作りの鍵は

『いずれ価値の上がる資産を
所有すること』

この資産を
金融資産に限定せずに
考えてみてください。

分かりやすいもののひとつが
情報です。

『いずれ価値の上がる情報を
所有する』

アキュムレーターは
驚異の収集力で、
人よりも早く、
流行が来る前の情報を
手に入れていることが
多々あります。

所有して、
適切なタイミングを
待ちます。

あなたが成功したい分野は
どこですか?

その分野における
『いずれ価値の上がる資産』
は、どうしたら手に入りますか?

どこで見つかりそうですか?

 

Photo credit: OlympianX via Foter.com / CC BY-SA

Pocket

8月 22

プロファイルを活かして仕事をするには?

Pocket

プロファイルを活かして仕事をするには?

今回は、

『プロファイルを活かして仕事をする。』

ことをテーマに考えてみます。

あなたは自分のプロファイルを活かして、
仕事ができていますか?

実は意識するにしろ、しないにしろ、
ある程度は自分のプロファイルを活かして、
仕事をされている方がほとんどです。

そうでないと、
なかなか1つの仕事を継続するのは難しいものです。

意識しなくても、
自然と出てしまうのがプロファイルの特徴です。

無意識に出てしまう特徴を、
意識して使いこなしていくこと。

そうすることで、
プロファイルを活かした仕事ができます。

プロファイルテストを受けて、
例えばロードという結果が出たら、

『ロードらしさを活かして仕事をするにはどうすればいいか?』

と考えて行動をしていく方が多いようです。

もちろん、それで正解ですし、
プロファイルらしさを活かしてフローに乗っていくのが、
ウェルスダイナミクスの目指すところでもあります。

そのためのヒントは、
別のメルマガではお伝えしました。

忘れてしまっていたら、
こちらをチェックして思い出してみてください。
⇒ 自分の強みの身につけ方

プロファイルテストに書いてある、
自分の強みや向いている役割を意識して、
日々、行動をしてみることは、
プロファイルらしさを活かして仕事をする大きな一歩です。

それに加えて、
自分のプロファイルを活かすためにやってみたいことを、
もう1つご提案します。

それは、苦手な分野にも取り組んでみることです。

『えっ、ウェルスダイナミクスは、
強みを活かすのが目的だから、
苦手な分野はほかの人に任すのでは?』

と思われたかもしれません。

たしかに、基本的には自分の強みに集中して、
苦手なことはほかの人に任すのが理想です。

とはいえ、苦手なことと向き合ってでも、
どうしても、やったほうが良いことはあります。

そこから逃げないで欲しいのです。

わかりやすい例で言えば、
スチール(メカニック、ロード、アキュムレーター)の方であれば、
コミュニケーションやセールス、プレゼンテーションなど。

また、ブレイズ(スター、サポーター、ディールメーカー)の方であれば、
本を読んだり、数字と向き合ったりすることなど。

こういったことは、
時として必要だったり、できると自分にできることが、
大きく広がることだったりします。

苦手なことを自分の専門分野にする必要はありません。

やはり、苦手なことを頑張っても、
元々それが得意な人には勝つのは難しいです。

でも、少しできるようになるだけで、
大きなメリットになることがあるのです。

これらは、最終的には手放してた方が良いことかもしれませんが、
手放す前に1度取り組んでみることが重要なのです。

ロードの代表的な起業家である、
『金持ち父さん、貧乏父さん』の著者、
ロバート・キヨサキはセールスの仕事をしていた時期があります。

自分のビジネスをするならセールスを学ぶことは、
とても重要だと自身の著書の中でも触れられています。

また、アキュムレーターの代表である、
投資家のウォーレン・バフェットは、話し方の教室に通っていたそうです。

しかし、その目的はコミュニケーションのプロになることではありませんでした。

『人前で足が震えないためではなく、足が震えていても人前で
話しをすることが出来るようになるために通った。』

との言葉が残っており、
あくまでも自分の強みに集中するために必要だから
苦手なことにも取り組んだようです。

数字が苦手なプロファイルの方でも、
結果を出している経営者の方は、
数字を見る努力をしようとしている方が多いように感じます。

まずは自分のプロファイルを活かし、
自分の強みを伸ばすことを考えてみてください。

同時に、苦手なことへの挑戦も、
できる範囲でやってみることをおすすめします。

まずは自分で体験した上で、
適した人に任せていけるようになれば良いのです。

 

Photo by donnierayjones

Pocket

2月 07

うまくいっているアキュムレーターの共通点とは?

Pocket

うまくいっているアキュムレーターの共通点とは?

アキュムレーターの方で、
一定以上の成功を収めていると思う方を
何人か思い浮かべてみて、
その共通点を抽出してみました。

いったい、どんなことでしょうか・・・

アキュムレーターと言えば、
ウォーレン・バフェットに代表されるように、

【長期投資で大きく稼ぐ人】

と、アキュムレーターの事例を見ていたら、
感じられるかもしれません。

ですが、投資以外の分野で、
大きな成果を出すアキュムレーターの方は、
たくさんいらっしゃいます。

では、うまくいっている、
アキュムレーターの共通点はなにか?

まず1つが自分の専門分野を持っていることです。

・興味のあることを学ぶ時間を作っている

・その専門分野を人に教えることができるまで高める

・「●●のことなら××さんに聞け」という評判になる

こういった手順を踏むことで、
アキュムレーターならではの蓄積によって、
人の役に立つことができる価値が、
提供できるようになっているのです。

事務的なことやプロジェクトマネジメントが得意で、
組織の中で会社員として、
力を発揮しているアキュムレーターの方も、
たくさんいらっしゃいます。

ロジャー・ハミルトンの著書、
「億万長者 富の法則」では、

『多くのアキュムレーターは企業内で出世して、
好きではない分野で高い地位についている。

地位が高くなると、社内の駆け引きに巻き込まれるが、
アキュムレーターはそうしたことにほとんど興味がない。』

と述べられています。

さらに、

『自分が興味のある分野に焦点を合わせ、
すでにその分野で一流になっている人を見つけよう。』

というアドバイスをロジャーはしています。

惜しまず自己投資をして、
自分が興味のある分野のことを学んで基礎を築いている、
そんなアキュムレーターの方が成功しています。

継続して1つの分野を突き詰めることができる。

深堀りして信頼性のあるコンテンツを、
提供し続けることができる。

という意味では、
より専門家として信頼されやすいのが、
アキュムレーターの強みなのです。

次に成功しているアキュムレーターの方が
成功したポイントを考えてみたところ、
次の3つが考えられました。

・卓越した結果が出るまで継続する

・精神的なブロックを解消する

・自分以外の誰かの力を借りてブレイクする

自分の専門分野で、
高い価値を提供できるアキュムレーターの方ですが、
結果が出るまでは時間がかかる方が、
多いように感じます。

逆に言えば普通の人なら結果が出なくて辞めてしまうところを、
継続できるから成功しているとも言えます。

さらに、素晴らしい価値を持っているのに、
精神的なブロックがあることが原因で、
次の一歩を踏み出すことができない。

・ビジネスの場でお金を請求することができない。

・自信を持ってビジネスを立ち上げることができない。

という状況になる方が、多いように思います。

アキュムレーターならではの、
慎重さ、リスクを嫌う性質から、
このような状況になるのでしょうね。

そこを乗り切るためには、
【自分以外の他人の力】を借りていくのがポイントです。

既に成功する人からの一言によって、
メンタルブロックが解消された。

という方もいますし、
プロデュースをしてもらって、
引き上げてもらうことで、
良いスタートを切れた方もいます。

『アキュムレーターは、会社をスタートさせたり、
製品を生み出そうとすると苦労するが、
スタートを人に任せれば、自然にお金は稼げる。』

と「億万長者 富の法則」の中でも述べられています。

自分の価値を活用してお金に変えてくれる、
ほかのプロファイルの人に力を借りることで、
スムーズにスタートを切ることができるでしょう。

人の役に立てる価値を蓄積し、
それを見える形として表現していくのがポイントです。

そのためにもすべきことが、

・意識してアウトプットの場を作る

ことなのです。

学ぶのが好きなアキュムレーターの方は、
知識を得るだけで、
満足してしまうこともあるかもしれません。

その知識や経験をアウトプットして、
人に価値として提供できる場を作ることで、
チャンスを得ることができます。

せっかく、良い価値を持っていても、
それを他人が誰も知らなければ、
自己満足で終わってしまいます。

かといって、
多くの人に自分から売り込むことは、
アキュムレーターの方の
得意とするところではないでしょう。

インターネット上の媒体などで、
自然とアウトプットを行っていく。

あるいは、ネットワークを築いてくれるサポーターに対して、
アウトプットをしていくのも良いですね。

アキュムレーターの方は今回のポイントを意識して、
自分の価値を磨き上げて、
チャンスをつかみとってみてください。

アキュムレーター以外のプロファイルの方は、
ご自身のまわりにいるアキュムレーターの方に、
活躍のチャンスを提供することを、
ぜひ心がけてみてくださいね。

 

Photo credit: DRs Kulturarvsprojekt via Foter.com / CC BY-SA

Pocket

9月 13

投資家ではないアキュムレーターの事例

Pocket

Accumulator
ウェルスダイナミクスを学んでいくと、
「もっと成功事例を知りたい!」
と感じられる方も多いと思います。

特にトレーダーやアキュムレーターは、
投資家としての成功事例が多いので、
真似しずらいと感じ、
もっと自分に近い成功事例が欲しい方が、
いらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、アキュムレーターの
特性を生かして成功した事例を、
紹介したいと思います。

アフィリエイトのビジネスをされている方の話です。
アキュムレータープロファイルでした。

その方は会社員として働きながら、
ノウハウを学びつつ、
コツコツとサイトを作って、
いつしか自分の給料を超えるだけの、
アフィリエイト報酬を得られるようになりました。

その後、会社を辞めて独立。

自分のノウハウを体系化し、
アフィリエイトノウハウの販売を始めました。

しかし、そこで壁に突き当たったのです。

プロモーションのノウハウがなかったので、
せっかく良い商品ができたのに、
十分に売上を伸ばしていくことができませんでした。

その後、ブレイクのきっかけになったのは、
既にプロモーションの実績のある、
プロデューサーとの出会いでした。

プロデュースを受けることで、
自分一人では売れなかった商品を、
ヒットさせることに成功します。

アキュムレーターは
「いずれ価値の上がる資産を所有する」
ことで富を築きます。

それを実行する時に、
分野を決めた上で、
その分野のエキスパートであるメンターに教えてもらい、
富の土台を創ったアキュムレーターが多いように思います。

ウェルスネットワークを
活用するというこの方法は、
ほかのプロファイルも、
共通して使えます。

中でも、
アキュムレーターの方は、
特にコツコツ愚直に教えを実践できる
という特性を生かすことで
うまく使うことができます。

また、
アキュムレーターのプロファイルの中には、
テンポと呼ばれる周波数があります。

この周波数の特質として、
タイミングをとらえるセンスがあります。

ですので、
その周波数も持っているアキュムレーターは
時期をとらえて、
プロデュースしてもらうことで、
蓄えた力を爆発させることができます。

著名人の例で言えば、

投資家のウォーレン・バフェットは、
ベンジャミン・グレアムが師匠でした。

安室奈美恵は小室哲哉から、
プロデュースを受けましたよね。

イチローは2軍にいた時代に、
仰木監督に才能を見出されたことが、
才能を発揮するきっかけでした。

私の知っている、
結果を出しているアキュムレーターの方は、
優れたメンターから、
学びたいことを素直に学んでいます。

また、自分の力だけに頼らずに、
必要な部分ではプロデューサーやメンターから、
サポートを受けるようにします。

これによって
富の方程式である

富=価値×レバレッジ
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
を作り上げたのです。

<価値づくり>
・極めたい分野を突き詰めること

<レバレッジ>
・メンターやプロデューサーの力を借りてブレイクすること

アキュムレーターの方はこの2つを意識しながら、
ご自身の道を進んでみてください。

1度ブレイクをすれば、
比較的安定してビジネスを継続させることは、
アキュムレーターの方が得意とするところのはずです。

Pocket