7月 01

新たなスターのトレーナーが誕生!

Pocket

(社)日本適性力学協会認定
WDトレーナーになりました
竹内康之さんをご紹介いたします。

竹内トレーナーはスタープロファイルで、
2016年6月現在、
東海地区で唯一のトレーナーでもあります。

WDトレーナーは、
協会の発行する認定資格である
ウェルスダイナミクスプラクティショナー

の養成講座を開催することができます。

また、竹内トレーナーは
株式会社SPIRITハート接骨院・ハートフルマッサージの
代表取締役として事業を展開されています。

今後はご自身の接骨院の事業を続けながらも、
ウェルスダイナミクスの講座もトレーナーとして、
提供をされていくそうです。

それでは、竹内トレーナーより、
皆様へのご挨拶を頂いておりますので、
紹介させていただきます。

==============
竹内トレーナーのご挨拶
==============

初めまして。
竹内 康之と申します。

私がウェルスダイナミクスに出会ったのは6年前です。

12年間の修行を終え2002年独立し愛知県知立市と言う町で
ハート接骨院を開業しました。
治療師は私1人。2人受付でスタートしました。

立地条件も良く好スタート3カ月後には
1日70人が治療にみえる繁盛院になり
早くも治療師を1人雇いました。表向きには大成功しかし…

人を雇った瞬間に人の問題山積みです。
初めて雇った治療師は2年で退職しました。

私の考えと彼の考え、お互い全く分かりませんでした。

その後も患者さんは多くどうしても人が要ります。
1人2人と雇いますが一生懸命教育し育った頃には退職…8年続きました。

もうこの繰り返しはしたく無いと考えている時に
専門学校時代の同級生と再会しました。

彼は私より若いのに6人の治療師を雇い
仲良くセミナーに参加していました。
私は信じられずに直ぐに彼の院に見学に行きました。

見学に行くと更に受付スタッフも多く、
高校の野球部の様な感じに賑やかで活気のある繁盛院でした。
とても輝いて見えました。

そして同級生の彼に質問しました。

チーム運営にウェルスダイナミクスを
取り入れていることを知りました。

直ぐにプロファイルテストをその時いた
5人のスタッフと私で受けました。

私はスタープロファイル、No.2がアキュムレーターでした。

色々なアドバイスを受け実践、
それでも足りないと思いプラクティショナー養成講座、
そしてシニアプラクティショナー、スペクトル、法人研修と
協会が開催しているセミナーを受け続けては実践しました。

そして2013年にはウェルスダイナミクス創始者
ロジャー本人がアドバイザーとなる
年間コンサルティングプログラム、
クリスタルサークルにも参加しアドバイスを受けました。

上手く行って無い時に何が起こっていたのか?

プロファイルでのコミュニケーションの問題・立場や
環境の問題…手に取るように謎が解けて行きました。

スタープロファイルでスペクトルは
イエローのプレーイングマネージャーがどうしたら最速で
グリーンレベルで現場から離れ
経営に集中出来るかを教えて頂きました。

今では法人化し
株式会社SPIRITハート接骨院・ハートフルマッサージの代表取締役で
14名のスタッフと楽しく事業を展開しております。

経営者のマインド・人の問題や経営戦略などとても役立ちました。

そしてこの業界だけでなく
私の参加する異業種勉強会でも
殆どの方が同じ悩みを持たれていました。

いよいよシニアトレーナーを取得し
志を同じくする経営者や
情熱・才能に埋もれてしまっている方々の
お役に立てればと思っています。

その人がどんな想いと才能を持って
どう仕事と結びつけて行くのか?チームを組織化する為には?
などセンスなども有りますが
それらを学ぶには長い年月が必要です。

しかしウェルスダイナミクスはその時間を最短にしてくれます。

この東海地区唯一のトレーナーですので、
東海地区でも沢山の講座が受けられるよう頑張りますので、
どうぞよろしくお願い致します。

竹内 康之

▼竹内康之トレーナーのプロフィールはこちら▼

 

 

Pocket

12月 19

出会った人のプロファイルを見分ける方法

Pocket

ウェルスダイナミクスの面白さの1つに、自分のまわりの人のことを想像して、

・あの人は発想力があってクリエイターっぽいな!

・物静かで論理的だからロードかな?

といったように、それぞれのプロファイルを基準に考えることで
いっそう人に対する理解を深められるところにも、あるかと思います。

本来、ウェルスダイナミクスは、起業家のための適性診断テストです。

テストを受験して、自分自身の強みや弱みが判明し、

どんなビジネスをやっていけばいいか?

どのような戦略で事業展開すればいいか?

誰をビジネスパートナーやスタッフとして、採用すればいいか?

といったビジネスに特化した使い方は、もちろんおおいに活用していただきたいことです。

一方で、まわりの人とのコミュニケーションを円滑にするために
相手のタイプを見極め、そのプロファイルにあったコミュニケーションをする。

そういった、そこまでビジネスに特化はせずとも
気軽に使って頂くことも可能です。

その場合、まわりの人全員にプロファイルテストを受けてもらうのは
あまり現実的ではないかもしれません。

プロファイルテストどころか、無料の簡易テストですら
受けてもらうのが難しい場合もありますよね。

自分自身でビジネスをしていきたい方や
社内やチームにウェルスダイナミクスを導入したい場合。

そのときは必ずプロファイルテストを受験して
正確な診断をしていただくことをおすすめしています。

それが難しいシチュエーション。
例えば、営業だったり交流会だったりで初対面の人と出会う場合など。

そんなときに出会う人のプロファイルを
見極める方法はあるでしょうか?

という質問も、時折いただきます。

今回は、そんなときにどうすればいいか?
2つの提案をさせていただきます。

1つは、プロファイルをいきなり特定するのではなく
まずはその人の周波数がどこなのかを
考えていただくことです。

4つの周波数の簡単な説明はこちらにあります。

いきなりプロファイルを当てるのは難しくても
4種類しかない周波数の推定であれば
比較的考えやすいのではないでしょうか。

また、コミュニケーションに使うことを考えた場合
周波数がわかるだけでも、かなり相手のことを理解する材料が増えるものです。

ですので、無理にプロファイルを特定できずとも
まずは周波数の理解をすることろから始めて見るのはおすすめします。

もう1つが、ご自身の中で各プロファイルごとに、

・この人はこのプロファイル

というプロファイルごとの、代表的な人物を知っておくことです。

同じプロファイルの人というのは雰囲気が近くなる傾向があります。

こういう雰囲気の人だったら、このプロファイルかな?

という判断が、事例を増やせば増やすほどしやすくなります。

ウェルスダイナミクスの公式YouTubeチャンネルでは各プロファイルの有名人の動画をまとめてあります。
→公式YouTubeチャンネルはこちら

こういったものを見て、各プロファイルの人の雰囲気をつかんでおくのも、プロファイルの推定に役立ちます。

1、周波数を理解して
相手がどの周波数かを判断できるようになる。

2、各プロファイルの具体的な人物を知り、
誰の雰囲気に似ているかでプロファイルを判断する。

この2つを試してみてください。

さらにもっとウェルスダイナミクスをコミュニケーション活用していきたい!

そう思われましたら、

「コミュニケーションに活かすWDプロファイリング通信講座」
を活用してみてください。

プロファイルや周波数の詳しい解説や相手の特徴によるプロファイルの見分け方。

さらには、相手の特性に合わせたコミュニケーションの取り方の例など
具体的な方法を知ることができます。

コミュニケーションを円滑にするために
ウェルスダイナミクスを使っていきたい方には
最適な教材となります。

 

Photo credit: Informedmag via Foter.com / CC BY

Pocket

11月 12

ウェルスダイナミクスを企業に導入した事例

Pocket

DSC03700

過去に数社ほど研修をした際に
経営陣と社員さんの周波数の分かれ方が
面白いほど傾向が似通っていました。

その傾向とは・・・

経営陣=ダイナモ寄り
社員さん=テンポ寄り

と言う感じで、上下に分かれているんですね。

これはベンチャーや
若手起業家が始めた比較的新しい企業において
よく見られる傾向になります。

(創業者ではない人が経営陣の場合には
恐らく違う傾向になることも多いと思います)

そして、経営陣のお悩みと言うのが

【社員のモチベーションが低い】
【自主的に考えて動かない】
【指示待ちが多く動きが遅い】

と言う内容がほとんどです。

そして、現場で
社員の方からは

【動きが早すぎて追いつけない】
【朝令暮改で納得が出来ない】
【決定過程に加えてくれない】

なんて意見が出るのです。

これ、事前に
ウェルスダイナミクスの
プロファイルテストを
受験していただくので

みなさん、当日は苦笑しつつ
「だからなんですねー」って
話しかけてくださいます。

ダイナモの周波数は
直感的でダイナミックです。

ある社長さんの口癖は

「ベンチャーなんだから
朝令暮改が普通のやり方だ!」

と言って社員のひんしゅくを買い
研修中のワークの中でも

「障害の原因は社長にある」

なんて多数決で出たくらい(苦笑)

テンポの周波数は
五感的で調和を重んじる。

それがあるので

「今、取り組んでる仕事があるのに
なんで次から次に指令を変える?」

と、不思議でしょうがない。

なので、急な動きや和を重んじないやり方に
反発を覚えるのです。

しかし、チームフローや
障害の特定や撤去の
ワークをして行くと・・・

「原因はそこじゃない!」
と、チーム全員が気付きます。

物事の本質的な原因が
プロファイルの弱みにあるんじゃないのです。

それを相互理解を深め
強みとしてお互い尊重すると
チームフローに乗れる。

動きの早い人と
熟慮が必要な人。

思いつく人と
実務をこなす人。

繋がりを作る人と
ルーティンをこなす人。

お互いがお互いを理解し尊重をすると
社内の雰囲気が変わり、流れがスムーズになる。

これ本当に驚きます。

一番、疑心暗鬼で出るのも嫌がった社員の方の顔が
研修中に豹変してとても嬉しそうに意見を出していて
講師冥利に尽きる場面も多々あります。

多種多様な人材がいて、初めて多様性から生まれる
ビジネスの成果が出る。

経営陣も社員さんもその「違い」を認め
お互いの強みから来る価値を提供しあうことで

一番多くの富を会社に生み出す事を体感する
企業研修です。

起業家でも、社員でも
そして私生活においても
一番最初にある価値は、アナタ自身のプロファイル。

ぜひ、会社の仲間と
お互いに何か提供出来るか?
考える機会を作ってください。

では、今日はこの辺で!

水河昭彦(サポーター)

 

 

Pocket

1月 29

プロファイルを知ることのメリット

Pocket

プロファイルを知ることのメリット

こんにちは!
金子将大です。

さてウェルスダイナミクスの
プロファイルを知ることのメリットについて
今日は「人間関係」という観点から
お伝えしていこうと思います。

そもそも人間関係やコミュニケーションというものは
ビジネスやお金を稼ぐ上で
最も欠かせない要素の一つであり、
実はこのウェルスダイナミクスにおいても
富の土台作りの大きな割合を占めるものになります。

これについて興味がある方は
ぜひウェルスネットワークを
勉強してみて下さいね。

昨今この日本でも
うつ病や精神疾患がとめどなく増えていますが、
その最も大きな要因の一つは
「人間関係」の問題から来ていると
言われています。

あなたも日々の中で
悩まれることが色々あると思いますが、
実はその多くは「人間関係」から
来るものではないでしょうか?

仕事の問題と思いきや
実は上司や部下、取引先や顧客との人間関係が
発端となっていたり、
家族や恋人・友人などとのコミュニケーションで
悩んでいたりしないでしょうか?

プロファイルを知ることで、
これらの悩みや問題が解決することが非常に多いんです。

ではなぜプロファイルを知らないと
「人間関係」の悩みに陥りやすいのか?

実は私たちは普段無意識のうちに
他人の事を主観的に判断しがちなんです。

例えば

「私がこんなに不安や怒りを感じてるのに
なんであの人はそれが分からないんだ?!」

「なんでこの状況であの発言や行動をするんだろう?!」

と理解できないことに苦しんだり、
感じたりすることはないでしょうか?

相手がなぜそう考えるのか、感じるのかを
理解・納得できないと
大きなストレスを抱えてしまう事になるんですね。

そこでプロファイルを知ると
その人がなぜその考えや行動に至ったかが分かるようになります。

また自分自身がなぜその考えや行動に至ったのかも
客観的に理解することが出来るようになります。

そうやってそれぞれの感覚の
違いの原点や根幹を知ることによって

自分が相手のどこに引っかかっているのか?

相手が自分のどこに引っかかっているのか?

逆に相手の何を尊重してあげると喜ばれるのか?

自分の何を尊重されると嬉しいのか?

を客観的に見れるようになるので、
どうすれば改善・解決できるのかが
分かるようになってしまうんですね。

先ほど挙げたような
上手くいかないというネガティブな時だけでなく、

恋愛の時に好きな人が
旅行が好きだと言ったとします。

旅行が好きな人はたくさんいると思いますが、
旅行の中の何が好きなのかは
人それぞれ全然違ったりします。

今まで見たことのないような景色や体験に出会えるのが好きな人、

友達や仲間とワイワイ行くのが好きな人、

綿密にリサーチし計画を立ててそれを計画通りに進めていくのが好きな人

など、

そういった思考特性や行動特性が分かれば
より周囲とのコミュニケーションが
楽になると思いませんか?

さらに自分自身に対しても
自分の強みを認識することで自信を持てたり、
弱みを知ることで自分を許したり、
苦手な前提での対策を立てることも
出来るようになります。

一言で言うならば、
人間関係がスムーズになることで
「人生が生きやすくなる!」というのが
プロファイルを知るメリットとして
私が一番お伝えしたいメッセージです。

互いを理解し理解され
「人間関係」が良好になることで
人生が生きやすく楽しいものになれば、
多くの人がもっと自信を持って
自分の本来持ってる力や価値を
発揮できるようになると思います。

その為にぜひウェルスプロファイルを活用して
頂けたらと思います。

具体的な活用方法がもっとたくさんあるので
ぜひお近くのプラクティショナーの方に
聞いてみて下さいね。

そうやってプロファイルを活用しながら
「人間関係」の土台を築いた上で、
さらに自分にあった仕事を見つけていったり、
今やっているビジネスや会社を発展させたり、
人生が変わるような富作りの道を見つけていったりと
そのための具体的な戦略がプロファイルには
まだまだ隠されています。

ご自分のプロファイルの名前だけ知って満足するのではなく、
その奥にある富のエッセンスを学んで活用することで、
人生が楽しく成果の出るフローに乗っていくのを
私たちプラクティショナーも楽しみにしています。

さて今日の内容はいかがでしたでしょうか?

何か疑問点や感じた事などありましたら、
どんどん質問や感想など頂けると嬉しいです。

金子将大(クリエイター)

 

Photo credit: Tetsumo via Foter.com / CC BY

Pocket

12月 05

ウェルスでおいしいコーヒーが飲める!?

Pocket

ウェルスでおいしいコーヒー飲める?!
————————————
ウェルスダイナミクスでコーヒーが!?
————————————

ウェルスを知って
美味しいコーヒーを手に
入れることができると、
あなたは知っていますか(笑)

んなことない!!
と、おっしゃらず
読んでみてくださいね。

あるスターを奥様に持つ
ロードの男性のお話です。

ウェルスダイナミクスを勉強し、実践中の彼は
奥様を人前で立てる、ということを
実行しました。

知人に会った時に
「うちの嫁は、人前で話すのがうまいよ」
と言ってT-UPすると

実際に10分くらい
数人のグループの前で
話す機会が出来たそうです。

「うまいよ」
と言ったときは、
「そんなことないわよ〜」(でも、もちろん笑顔)
と言ってはいたものの、

いきいきと話を終え、
家に帰っても上機嫌。

すると、
だま〜って
す〜っと
コーヒーが差し出されました。

費用対効果に
敏感なロードの彼も、

これだけのことで、
コーヒーが飲めたら合格!
と大満足だったそうです。

————————————
実はロジャーの家でも!!
————————————

ウェルスダイナミクスの考案者
ロジャー・J・ハミルトンも、
自らの体験談を
今年来日した際に
講演で話してくれました。

ロジャーのプロファイルは
クリエイター。

クリエイターは
革新的なアイデアを
次々に思いつく特性を持った
プロファイルです。

なので、
いつも忙しい。

なんせ、
ひとつのアイデアを思いついて、
実現しようと活動していると、
すぐ次、
そしてまた次、
と、
アイデアが沸いてくる。

なので、
とっても忙しくなる。

まだ、
ウェルスダイナミクスを
作る前、

彼が
アキュムレーターである奥様に、

「ハニー!
とてもいいアイデアを思いついたよ!!」
と、ウキウキと話すと、

「え?また?」
と、浮かない返事が返ってきました。

一緒に喜んで欲しかった
ロジャーはがっかりです。

なんで、
一緒に喜んでくれないんだろう。
なんで、
嫌な気持ちにさせるんだろう。

クリエイターのロジャーは、
そう思っていました。

ウェルスダイナミクスを完成させてから、
奥さんとの関係を考えてみると、
その疑問は解消されました。

アキュムレーターは、
地に足のついたプロファイル。
また、絆やつながりを重視します。

アキュムレーターの
奥様にとって、

ロジャーが
新しいアイデアを
思いつくということは・・・

彼はさらに忙しくなる

すると一緒に過ごす時間が減る

ということを考え
がっかりしたのです。

それに気づいたロジャーは、
アイデアを思いついたとき、

「このアイデアがうまくいったら、
家族と一緒にもっと過ごせるようになるよ」

と、伝えるようになった
ということです。

これによって、
ロジャーも奥様も
両方ハッピー^^
すっかり笑顔に
なったことでしょう!

スターのお嬢さんと
奥様のお話なども
話してくれました。

自分のプロファイルを知ることは
大切な人とのコミュニケーションを円滑にする
きっかけにもなります。

みんなで、笑顔で過ごせる毎日って
素敵ですね。

 

Photo credit: QueenstownRafting via Foter.com / CC BY-ND

Pocket