5月 15

いずれを『今』にするコツ

Pocket

いずれを『今』にするコツ

6月1日に
ロジャー・ハミルトンが
来日します。

ロジャーは
ウェルスダイナミクスの
考案者として、
現在、世界で講演活動を
しています。

今年も、
去年よりさらに進化した
ロジャーの話を聞けると思うと
ワクワクします。

「ロジャーが来るんですよ!」と
ご案内をすると、
必ず聞かれる質問があります。

「ぜひ、行きたいと思っては
いるのですが、
今の私の状況で行っても
せっかくのロジャーのセミナーが
活かしきれないのではないかと
不安で、どうしようかなと
二の足を踏んでしまうのです。

私は行くべきでしょうか?」

これは、
ロジャーのコンサルティングを
お申込みしようか
迷われている方からも
聞かれる質問です。

どうして、
そう感じて迷って
しまうのでしょうか?

それは、

「どうせやるなら、
効率よくしたい」

「失敗せずやりたい」

という気持ちが
働いているのでは
ないかと思われます。

これは、とても大切な
ことでもあるのですが、
行き過ぎると
あなたの行動を止めてしまう
考え方なのです。

とくに、
「失敗せずやりたい」
という気持ちは
とっても共感しますが、
あなたから
行動力を奪っていきます。

なので、
ロジャーは

「失敗を計画する」

とも言っているくらいです。

「大半の人ははじめから
成功するつもりでいるから、
1回の失敗で挫折してしまう。
″一流の人たち″は、
10回のうち9回は
失敗するつもりでいる。
だから、1回や
2回の失敗ではめげない。
ものごとを成し遂げるには、
諦めずに継続する力が大事なんだ」

『億万長者富の秘密をきみに教えよう』
ロジャー・ハミルトン著より

もし迷っているのならば、
ぜひ、参加して
いただきたいと思います。

迷うということは
思考で「無駄になったらやだな」と

考えていたとしても
気持ちは行ってみたい!と
思っているということですよね。

思考を止めて
感情の声に
耳を傾けてみてください。

きっと、
今のあなたに必要なものが
そこにありますよ^^

会場でお会いできることを
心から楽しみにしています。

ウェルスダイナミクスFESTA2015
お申込みはこちらから ※終了しました

 

Photo credit: symphony of love via Foter.com / CC BY-SA

Pocket

4月 24

ロジャーのコンサルティング受けて失敗した?!

Pocket

WDF2014_0414
昨年ロジャーの
リーダーズコンサルティングを
受けた方から
衝撃の告白がありました。

=======================================
セッション直後失敗したと思ったんです
=======================================
昨年ロジャーのセッションを受けました。

あるお店を
経営していた私は、
新たに出会った
ウェルスダイナミクスに魅力を感じ、
講師になりました。

何とか両立したいと思ったのですが、
フランチャイズの規定で
公に活動することが難しく、
何とかならないかと思い、
ロジャーのセッションに申し込みました。

「皆さんは、車を運転していて、
渋滞に巻き込まれています。
渋滞がどのくらい続くのか見えていません。
今から皆さんをヘリコプターに乗せて、
上空から、どのくらいその渋滞が
続くのか見に行きます」

とロジャーが言って
コンサルティングが始まりました。

そして、
私の状況と質問を投げかけた後、
ロジャーがいいました。

「なぜ、また、
渋滞している道の運転席に戻るのですか?」

「やりたいことの為に、
今のビジネスを手放すことは
考えないのですか?」

そういわれてとてもショックを受けました。

私は、そのビジネスに
人生をかけ、生きがいをもって
取り組んできたのです。

手放すなんて
考えられませんでした。

手放したくないから、
相談に来たのに…。

きっと、ロジャーは、
状況をよく理解していないから、
そんな風に思うんだろうな
と感じました。

セッションでは、
手放せないことを伝えました。

もちろんロジャーは
両立するためのアイデアを
提供してくれました。

でも、私は、
とてもがっかりしました。

今の自分のレベルでは、
ロジャーのセッションは
早すぎたんだなと思いました。

========================================
結局ロジャーの言ったとおりになった!!
========================================

その後、
自分にとって残りの人生を
真剣に考えなければ
いけない出来事が起こりました。

そのおかげで、
自分の残りの命を
好きなことをして生きていこう!
そう決心することが出来ました。

その時に、
私は自分を救ってくれた
ウェルスダイナミクスを
もっとたくさんの人に伝えたい、
そこに自分の命の時間を使いたい!
と、本気で思いました。

本気の決断をしたとき、
ロジャーのセッションで言われたことを
思い出しました。

「どうやったら、
それを可能にできるだろうか?」

真剣に考えた末に、
お店の仕事を
手放すことを決心しました。

現場で関わるのではなく、
オーナーとして
バックアップするという
選択をしたのです。

そのために新会社を
設立するという考えが
自然に出てきました。

スペクトルで言えば、
黄色レベルのプレーヤーから、
緑レベルのパフォーマーに
上がることです。

ロジャーの新刊
「才能は開ける」でも
スペクトルのレベルを上げるときに、
何かを手放さなければいけないと
言っています。

でも、それが本当に怖いことなのだと、
でも、そうしなければならなかったのだと、
身を持って体験しました。

それを私一人では
決められなかった。

「ロジャーが言っていたことは、
これだったんだ!」

そう思い決断することが出来ました。

決断してからは、
あれよあれよと準備が整い、
1年もたたずに、
この4月に新会社設立
となりました。

決断して見回してみると、
私の周りには、
全てのリソースがそろっていました。

司法書士の方との出会いや
セミナーをやっていく仲間

ウェルスダイナミクスを知っていたので、
「自分ではやらないこと」
を見分けることが出来、
とても早い変化が起こりました。

ロジャーのセッションを
受けていなければ、
あのセッションで
こうすることが出来る可能性を
見せてもらっていなければ、
今でも、渋滞の中で
悶々と悩んでいたことでしょう。

あの時セッションを受けてよかった。
今心からそう思っています。

========================================
次はあなたの番です!!
========================================

スペクトルを知ることで、
現在地が明確になります。

目的のレベルまで上がるために、
今あなたがどこにいるかは
問題ではありません。

スペクトルレベルをあがる
という事を決めることが
重要です。

年に1度、ロジャーの来日講演と
このリーダーズコンサルティング。

あなたの次のステージへのレベルアップに
ぜひご活用くださいね。

 

Pocket

4月 24

ロジャーの超ダイナモ・エピソード

Pocket

WDF2014_0416

いよいよ今年も、【6月1日(月)ウェルスダイナミクスFESTA】の時期です。

ロジャーはバリでがっつりスタンバイしています。(笑)

多くの皆さんが知っている通り、
ロジャーは天才クリエイターですが、
反対に言うと超クリエイターなので、
テンポ的な部分(共感など)が欠けているとも言えます。

今日は、そんなエピソードを一つ。

ロジャーは、とっても時間を大切にしています。
(普通の人のレベルとは違います)
年間スケジュールの中では、家族との時間なども含めて、がっつり時間管理。

そんなロジャーの行動には、
全て明確な意図があり、
計画通りにいかないとスネるんです。

だから、イベント統括をしているペニー(シンガポール本社スタッフ)は、
ロジャーの体調とイベント準備に細心の注意を払います。

2013年のフェスタの時のエピソード。

まず、会場設営がロジャーの意向に合わず、
当日の朝までスタッフ全員あたふたあたふた。

それに加えて、ロジャーのパワポ翻訳も間に合わず、
開場が遅れ、お客様は騒がしくなってきます。
それでも、ロジャーはビクともしません。

また最後の最後には、日本側のプログラム進行が
ロジャーのプログラム意図を損ねたとして説教。

「Tamamiは、長いこと一緒に僕と付き合ってるんだから、わかるでしょう???」という感じ。

私としては、
「もう少し、私の立場に立って考えてくれればな」
などとも思うのですが・・・

あはは、無理ですよね!

今年も、そんな時期です!

私自身は、毎年ロジャーと3回くらい会っています。

でも、ロジャーが日本に来てくれるのは年にたったの1回。

今の時期、会う人会う人が、
ロジャー来日のことに触れ、ロジャーの話題になります。

「いよいよだな~」と感じる今日この頃です。

宇敷珠美(ロード)

Pocket

3月 24

自分と向き合っていますか?

Pocket

ウェルスダイナミクス考案者である、
ロジャー・ハミルトンの新刊

才能は開ける

はもうお読みになりましたか?

読んでみて思ったのは、

普通に読んで終わらせるのには、
もったいない1冊だということです。

手を動かしたり、考えたりするワークが、
たくさん紹介されています。

それを1つ1つ実践することで、
ロジャーの成功法則を、
自分に落としこむことができます。

例えば57ページから書かれている、
ロジャーの目標設定と、
目標に対する進捗確認の習慣が、
紹介されています。

一部、引用しますと、

「私は自分の人生と、
複数ある自分の事業それぞれの
四半期ごとのマイルストーンを設定しています。

(中略)

進捗状況を確認する
曜日と時間帯を決めましょう。

私のお勧めは日曜の夜、
夕食後の1時間です。

その1時間で進捗状況を評価し、
飛行計画を念頭に置いて
次の1週間の計画を立てます。

私はこれを過去25年間にわたり実践してきました。」

いかがでしょうか?

この習慣は物凄くパワフルで、
どのプロファイルの人であっても、
習慣化する価値のあることではと思います。

目標を立てたら実現するために、
四半期ごとの計画を立てましょう。

というのは、ことあるごとに、
ロジャーがこれまで伝えてきたことです。

その計画を自分の人生であったり、
事業ごとにプランニングしていくこと。

そうしないと、
仕事に追われてプライベートがなくなってしまったり、
あるいは複数のプロジェクトが同時進行して、
わけがわからなくなってしまいます。

そのためにも、
事業ごと、プロジェクトごとに、
それぞれ計画を立てていくこと。

これは、大切なことです。

さらに、立てた計画を振り返る習慣を持つということ。

これが非常に重要です。

多くの人は目標を立てても、
そのことを途中で忘れてしまいます。

毎週、決まった時間に、
目標の進捗状況を確認してみて、
次の1週間の計画を立てること。

この繰り返しを習慣化することで、
立てた目標を達成できる確率が、
大幅に上がることでしょう。

自分と向き合う時間を持つことは、
やはり大切ですね。

これはロジャーを成功に導いた、
とても重要な習慣だと思いましたので、
シェアさせていただきました。

具体的な目標の作り方であったり、
計画の立て方というのも、

才能は開ける

の中では、もっと詳しく触れられています。

ぜひ、1つ1つのワークを楽しみながら、
読んでみてくださいね。

 

Pocket

3月 11

クラーク・ケント時間とスーパーマン時間

Pocket

クラーク・ケント時間とスーパーマン時間

ウェルスダイナミクス考案者
ロジャー・ハミルトンの
新刊「才能は開ける」

続々とお手元に届いているという
報告が届いています。(*^▽^*)

あなたはすでに
お手に取ってお読みいただきましたか?

このなかに
『クラーク・ケント時間』と
『スーパーマン時間』
があるという事が書かれていました。

若いとクラーク・ケントが解らないかも(不安)

スーパーマンは
地球を守っているとき以外は、
クラーク・ケントという名の
地球人の男性として
働いているのです。

ちなみに職業は新聞記者です(^^)b

成功者と
一般的な人との
マインドの大きな差を
解説しています。

P193ページからです。

これを読んで、
5年前の自分を思い出しました。

私もいきなり
100%スーパーマンを
目指してしまって
空を飛べず、

スッパマン(わかるかなー??^^;)のように、
スケボーに腹這いに乗って
いつか飛べるんじゃないかと
這いずり回っていたな…と、
改めて思いました。

もしできるなら、
あの時の私に
この本を届けてあげたいと
心からそう思います。

ロジャーの本に限らずですが、
本はとても安い投資だなと思います。

先人が命を削って
身に着けた知恵をたった
数千円で知ることが出来るんですものね。

ウェルスダイナミクスや
ウェルススペクトルを生み出した
天才ロジャーも
実はそんな苦労や、
こんな失敗があったんだ!!
ということが、
赤裸々に書かれています。

本当に苦労して
編み出した智恵の結晶です。

もし、まだお手元に
届いていないのであれば、
ぜひ、こちらから^^

 

Photo credit: PSC1121-GO via Foter.com / CC BY

 

Pocket