3月 09

「もっとお金が欲しい」から自分を解放する3つの質問

Pocket


あなたは
「お金が欲しい」と
思いますか?

正直に心の中でいいので
答えてみてください。

「もっとお金が欲しい」

という気持ちは
とっても大切なことを
教えてくれるのですが・・・

そのままで置いておくと
本質を見逃してしまうんです。

その本質とは
あなたの価値観です。

この価値観は
あなたの行動の
大元の大元になるものです。

ここを理解しておくと
とっても行動が
スムーズになり
結果が得やすいのですが

そうでないと
せっかく目標を立てたり
行動計画を立てても
実行し続けるのが
難しくなってしまいます。

すると、
ずっとずっと
ことあるごとに
「もっとお金が欲しい」と
思う日々が続いていくのです。

では、どうしたらいいでしょうか?

今日は、そんな時に
自分に問いかけるといい
質問を3つご紹介いします。

この質問の答えに向き合うことで
ずっと、そう思い続けることから
自分を解放することができます。

====================
1、そのまま妄想を続けると…
====================

ひとつめは
「もっとお金があったら…」と
思った後
その先の妄想を『意識しながら』
続けてみてください。

あなたは
もっとお金があったら
どうなると思っているのでしょうか?

できれば、
書き留めてみてください。

====================
2、その前に何が…
====================

「もっとお金があったら…」と
と思う前に
何がありましたか?

どんなことがあったときに
そう思うのでしょうか?

その直前にあったことを
思い出してみてください。

そして、出来たら書き留めてください。

====================
3、それができると満たされるもの
====================

1,2が叶うと満たされる
あなたの欲求・感情は
何だと思いますか?

この3つ目の質問が
とても大切なのです。

いかがでしょうか?

でてきましたか?

この質問はとても大切なのですが
なかなか一人で導き出すのが
難しいことが多いのです。

そんな時、どうすればいいでしょうか?

価値観は
自分の内面の奥底に
あるので
つい入り込んでしまって
答えが出ないことが多いのです。

そんなときは
客観的な指標をもとに
自己分析をしてみることで
答えが出ることがあります。

その客観的な指標とは
自分の本来の特性と強みと弱み
そして、情熱です。

すでに、それを
実践していて
さらに体系的に
その方法を知っている人から
学ぶのが早いのです。

ご興味ありますか?

自分のもともと持っている
特性を明らかにし才能を紐解くプロと

自分でもなかなか見つけられない
情熱を紐解くプロと

そして、それらをもとに
お金に換えていくプロが

あなたの価値観に沿った
具体的な行動と
継続するための『習慣』づくりを
お手伝いします。

その『習慣』が
価値観に沿って
幸福感に満たされる未来へと
導いてくれるものです。

手に入れに来ませんか?
4月22日、3人のプロがあなたのために日本に集結です。
⇒ 詳しくはこちらから

※3月10日までは早期割引価格で申し込むことができます。

Pocket

3月 02

結婚相手のプロファイルは真逆がいいですか?

Pocket

ID-100177664

先日こんな質問がありました。

「結婚相手のプロファイルは
自分と真逆がいいでしょうか?」

実は、この質問
よく投げかけられる質問なのです。

あなたはどう思われますか?

この件に関して、
私の個人的な見解は、

『ご自身が結婚に何を求めているか』に
よるのだと思います。

互いに補い合う関係性を
結婚に求めていたら、
真逆のプロファイルの人と
結婚するといいでしょう。

近い価値観や同調的リズムを
結婚に望んでいるのであれば、
同じプロファイルか
なるべく近いプロファイルのお相手が
いいのではないかなと思います。

上手くいっていらっしゃるご夫婦にも、
残念ながら上手くいかなかったご夫婦にも、
いろんな組み合わせがあります。

私自身は、
2回の結婚の経験があります。

1度目のお相手は
私と同じ、
スターだったと思います。

2度目の主人は
プロファイルテストも受けています。
ロードプロファイルです。

この経験を踏まえて、
結婚で大切なことは、
プロファイルの組み合わせよりも、

*相手のプロファイルを
お互いに知っていること

*相手とのプロファイルの違いを
お互いに理解しようとしていること

*相手のプロファイルの違いを
お互いに受容しようとしていること

*相手のプロファイルの弱みを
お互いにフォローしようとしていること

ではないかなと思います。

なぜならば、
一度目の結婚では、
ウェルスダイナミクスを知らずに
過ごしていました。

2度目の結婚では、
スタートした直後から
ウェルスダイナミクスを
知って過ごしています。

2度目の今は、
上記の4つを
感じながら生活を
送ることが出来ています。
それはとてもありがたいことです。

ウェルスダイナミクスを知ると
お互いの強み、弱み
そして、特性を知ることが出来ます。

この情報があるおかげで、
主人の言葉を借りると、
『いい意味であきらめられる』
ことがいい影響を
もたらしていると思います。

人間には動物だった時の
本能の脳が存在します。

この動物の脳は、
自分と著しく違うものに
出会ったときに、
『恐怖』という感情を
抱かせるようにプログラムされています。

そのことで、
自分の身を守っています。

動物の場合は、
自分と違う種は敵である可能性があり、
命にかかわります。

この『恐怖』の感情は
『怒り』を引き起こしたりもします。

ですが私たち人間は進化しました。

『自分とは違うけれど、それはそれでアリなんだ』
という事が理解できると、
『恐怖』が消え、
受容することが容易になります。

ウェルスダイナミクスは、
その受容を
難しいことから
簡単なことに
変えてくれます。

家庭や人間関係に
ウェルスダイナミクスを
取り入れるメリットは
ここにあります。

結婚相手だけではなくても、
あなたにとって
重要な存在である人の
プロファイルをご存知ですか?

その人をより理解するために、
出来ることはなんでしょうか?

その人をより受容するために、
どんなことを知るといいと感じますか?

その人の弱みをフォローしてあげるために、
してあげられることが思いつきますか?

瀬賀啓衣(スター)

Pocket

10月 29

苦手な人との付き合い方

Pocket

ID-10063661

あなたには、苦手な人っていますか?

性格が合わないとか、
そんなふうに考えなくてもいいのにとか、
なんであの人はあんなことするんだろうとか・・・

そう思えてくる人と、出会ったことはありませんか?

もしかしたら、そういった苦手な人との関係も、
ウェルスダイナミクスを使うと改善できるかもしれません。

そもそも、苦手な人というのは、
どういう人でしょうか?

いろんな考え方はあるのでしょうが、
1つは自分と価値観が大きく異なる人。
理解しがたいし苦手だなと、
感じられるかもしれませんね。

これをウェルスダイナミクスで、
説明できる場合があります。

こちらのウェルスダイナミクススクエアの、
プロファイルの位置関係をご覧ください。

http://jwda.org/images/WD_Square_Original_2.jpg

自分の隣に位置するプロファイルというのは、
比較的自分と近い思考パターンを持っています。

もちろん、細かい性格や趣味は
プロファイルが近くても
異なる場合は多いですが、

行動パターンだったり、
人間関係における振る舞いかたは、
近くなるケースも多いです。

一方で自分と反対側に位置するプロファイルは、
自分とは正反対の考え方だと言えるでしょう。

そういう人は考え方が真逆なので、
全然理解できないと感じられることも、
あるかもしれません。

とはいえ、ウェルスダイナミクスでは、
異なる強みを持つ人同士が協力することを推奨しています。

自分から離れた価値観を持つ相手とは、
どのようにして付き合っていけばいいでしょうか?

1つは、2者の間にもう1人入れることで、
つなぎ役になってもらうということです。

例えばメカニックとディールメーカーというのは、
お互いの良いところを組み合わせれば、
相乗効果を得られる可能性があるプロファイルの組み合わせです。

しかしながら、ウェルスダイナミクススクエアにおいて、
正反対に位置するこの2者は、
理解し合うことが難しいケースもあります。

そんなときには、
間に中間のプロファイルである、
スターやアキュムレーターの人を入れてみるのです。

スターやアキュムレーターの人であれば、
メカニックの人、ディールメーカーの人、
どちらの人の価値観もある程度理解することができます。

なので、そういった人が加わることで、
離れたプロファイルの人との摩擦が少なくなるのです。

もう1つ、そんなに間に人を入れる余裕がなかったり、
状況的に難しいという場合。

それは、ウェルスダイナミクスを知るだけで、
人間関係の改善につながる可能性があります。

ウェルスダイナミクスを知る前であれば、
自分と異なる価値観の人を見ても、

「この人ってなんでこんなことをするんだろう?」

と、疑問に思ったり嫌だなと感じることがあったり、
そういうことも多かったかもしれません。

しかしながら、ウェルスダイナミクスを知ることで、
自分とは異なる考え方を持つ人の存在を知ることができます。

その人たちが自分にはない強みを持っていて、
お互いに必要な存在であることを、
ウェルスダイナミクスが教えてくれるのです。

そう考えると、
考え方の違いを理解することができ、
なるほど自分と違うプロファイルなんだから、
こう考えてしまうのかなと解釈することができます。

ウェルスダイナミクスを言い訳に使うことは推奨しませんが、
このように理解できない相手を理解する際に、
活用していくのはすばらしい使い方ではないでしょうか。

自分のプロファイルがまだ判明していないのであれば、
ぜひ、この機会にはっきりさせて、
今後のコミュニケーションの場でも役立ててみてください。

プロファイルを知るためのプロファイルテストはこちら
http://jwda.org/ptest/

もしくは、各プラクティショナーへ
直接お申込みいただくことができます。

 

Pocket

7月 28

ウェルスダイナミクスで『あなたの知らない世界』を体感する。

Pocket

ウェルスダイナミクスで『あなたの知らない世界』を体感する。

こんにちは。

シニアトレーナー 松本秀幸です。

昔、『あなたの知らない世界』という番組がありました。
これからの季節にピッタリの番組でしたね。

背筋がちょっと寒くなるような。(笑)

ウェルスダイナミクスの講座をしているときに
時々『あなたの知らない世界』、
今まで見えてなかった世界をみるという話をします。

あ、安心してください。

ウェルスダイナミクスで見えるのは
あの世ではありませんから。

ウェルスダイナミクスで見えるのは

「自分が当り前と思っている世界が、
他人には当り前でない」

ということです。

ウェルスダイナミクスで使っている
周波数は4つあります。

ダイナモ、ブレイズ、テンポ、そしてスチールの4つです。

▼周波数の詳細はこちら▼
http://jwda.org/whatiswd/frequencies.html

それぞれの周波数が強いという意味は、
それぞれの周波数の
フィルターやレンズを通して
物事を見ていることになります。

例えば、ダイナモが強い人とテンポが強い人では、
同じものを見ていても実際の感じ方は全然違います。

「空気を読む」、
「空気を読まない」、
「気配りする」

といった行動は人間の成長度も関係ありますが、
そもそも見ているものがちがうのです。

私の講座ではよく
「センサーがちがう」という話をします。

人間関係のトラブルやストレスは
「みんなが同じものをみている」
と思い込んでいるから起こることが多いです。

その人の成長度やプロファイルによって
見方や感じ方が全然違うのに、
「同じものをみている」という前提で
コミュニケーションをとるので問題が起きます。

お互い良かれと思ってやっているのに、

いや、お互いが良かれと思って
やっているからこそ、

話が通じない時に
「なんでわからないの?訳がわからない」
という結果になります。

思い当たることがあるのではないでしょうか?

我が家は私がアキュムレーター、
妻がスターのペアです。

ウェルスダイナミクスを知るまでは
お互い良かれと思ってやっていることが
裏目に出ることがありました。

ウェルスダイナミクスを知ったあとでは、
夫婦間の喧嘩も10回あったのが3回くらいに減ったかと思います。(笑)

大切なのは「価値観」(これもレンズやフィルターですね)の違いで
パートナーシップの致命傷を負うことがなかったことです。

パートナーシップ、子育て、
企業内での活躍、ライフワークで起業する、
一人起業から小さな組織へ、大きな組織での運用など、

ウェルスダイナミクスを活用して
いままで見えてこなかった
「あなたの知らない世界」をみてみると人生変わりますよ。

是非、プラクティショナー養成講座を通じて
体感してみてください。

私の講座には各プロファイルの方がいらっしゃいます。

ウェルスダイナミクスのプロファイルで
特にわかりにくいと言われる
アキュムレーターやトレーダの説明はわかりやすいと好評です。

知識ではないのです。

体験してそれを言語化してつたえるプロセスを
グループコーチング形式でガイドしてます。

講座や診断セッションでお会いましょう!

あなたの人生のストーリを最高傑作にしよう!

“Make Your Life Story a Masterpiece!”
松本秀幸(アキュムレーター)

————————————————————————————————————–
松本トレーナー主催の養成講座、イベントはこちらから
————————————————————————————————————–

 

Photo credit: jacilluch via Foter.com / CC BY-SA

Pocket

7月 22

違和感を感じる質問

Pocket

ID-10068314

こんにちは。
ロードの村上燿市です。

ウェルスダイナミクスに出逢い、
フローに乗ってからは
愛媛に住んでいるのに、
東京、大阪、福岡と
最近は月のほとんどを飛び回っています。

楽しそうですね、とよく言われるようになりました。

まさか、自分がこんなに飛び回るようになるとは思ってませんでしたが
やってみると、とても刺激があり、楽しい!

これも、ウェルスダイナミクスに出会い
使いこなしているからだと実感しています。
私が東京、大阪、九州で開催している
ウェルスダイナミクスプラクティショナー養成講座では、
参加者のニーズやエネルギーに合わせて、
その日、その場で即興で講座内容を変化させているのですが
今回は、私の養成講座でときどき取り入れている
ワークをご紹介したいと思います。
それは、

「これまで一度も使ったことのない質問をして
違和感を感じてもらう」こと。
ウェルダイナミクススクエア(四角の図)で
上側のプロファイルである、
クリエイター、スター、メカニックは、
「ダイナモ」と呼ばれる周波数を持ち、
自己重要感を求めます。

つまり、
「自分を重要な人として扱ってほしい」というニーズがあります。
その方に、こんな質問をします。

「この仕事、誰でもできる
簡単な仕事なんだけど、
ちょっとお願いできるかな?」

そうすると、

「そんな仕事、やりたくない」と言います。
(ちなみにこれまで100%)

逆に、

「この仕事、難しくて、なかなか
誰もができるわけではないのだけど、
○○さんだったらできると思うんだ。
お願いできないかな?」

と言うと、

全部を言い終わらないうちに、
「やるやる!」「任せて!」と言われます。

そして私が、
「テンポの周波数を持つ人の
リアクションは逆なんですよ」と言うと

「え???!!!」と驚かれます。(笑)

 

下側のプロファイルの、
トレーダー、ディールメーカー、
アキュムレーターは
「テンポ」という周波数を持ち、
自己重要感はニーズではありません。

なので、逆のリアクションをします。
そこで、こんなワークをしてもらいます。

ダイナモの方(クリエイター、スター、メカニック)に、

「この仕事、誰でもできる簡単な仕事なんだけど、
ちょっとお願いできるかな?」

と言ってもらいます。

逆に、下側プロファイルの、
トレーダー、ディールメーカー、アキュムレーターの方には

「この仕事、難しくて、
なかなか誰もができないのだけど、
○○さんだったら
できると思うんだ。
お願いできないかな?」

と言ってもらいます。

 

この時の、反応を見るのがとても楽しいです。(笑)

 

それぞれが
今まで一度も使ってこなかった言い方なので、
「すごい違和感がある!」とみんなびっくりします。

なぜならば、
私たちは普段、自分の価値観に応じた
言葉を使い、話していることが多いからです。

ですので、自分のニーズに反する言葉を
他者に対しても発した経験が少なく、
それを意図的に行うことで
違和感を感じることができるのです。

そしてその違いに「価値」があることをお伝えします。

このワークで、
【これまで気がついていなかった価値観】に気づいてもらいます。

せっかくリアルで行う
二日間の養成講座ですから、
体感できるワークも取り入れて
頭と感覚と身体で覚えていく
プログラムに仕上げています。

そして、私は王族やダライラマなどの
賢人が成長していく過程で
専門家から「口伝」で
教わっていることに注目しています。

ですので、参加されている方が
分かる言葉を意識しながら、

「誰もが附に落ちる、分かりやすい講座」を目指しています。

ロードである私は、つい再現性を重視してしまいます(笑)

テキストだけでは分からない、口伝ならではの
ウェルスダイナミクスプラクティショナー養成講座は
とても内容の濃い二日間です。

 

また、既に受講後のプラクティショナーにとっても、
何度も再受講することで、違ったメンバーに出逢い、
違った気づきがあり、成長していけます。

ウェルスダイナミクスの本質を理解できるのは
やはり養成講座です。

ぜひ、深く理解し、マスターしていってほしいと思います。

そして、ご自身の人生をフローに乗せていきましょう。

 

村上燿市(ロード)

============================================
村上シニアトレーナーによる養成講座、イベントはこちらから
============================================

 

 

Pocket