3月 26

お金持ちになれない理由

Pocket

「お金がないんです・・・」
「どうしてなんですか?」
そんな質問に答えるために
ノート描かれた・・・
【あるイラスト】のお話。

━━━━━━━━━━━━━━━
9歳の男の子「リチャード」が、

「うちのお父さんは一生懸命に
働いているのに、
どうしてうちはお金持ちには
なれないんだろう・・・?」

そんな疑問を持ったことから
スタートする、ちょっと不思議な
ストーリーの一冊の本、

『億万長者の秘密をきみに教えよう!』
(原題【WINK】 ロジャー・ハミルトン著)

今回の投稿では
そのストーリーの一部を
ご紹介したいと思います。

・・・同じように疑問を持っている方、
多いのではないのでしょうか?

「こんなに一生懸命に働いているのに、
どうしてお金はたまらずにすぐ
なくなってしまうのだろう・・・?」

そしてこう思ったりもします・・・

「世の中はなんて不公平なんだ!」
(↑これはお父さんのセリフでもあります)

物語の中で、
主人公のリチャードが
紹介された「一流の水道屋」
に会って話をしていたとき・・・

水道屋はこんなことを
リチャードに伝えました。
「お金持ちになりたいなら、お金について知っておくといいよ。お金には流れがあるんだ」

「お金の流れ・・・?」

そんな話をしながら、水道屋は
リチャードが持っていたノートに
絵を描き込んでいきます。

お金も水と同じで
排水溝に流れていってしまうと
戻ってこないこと、
貯蓄をしても水はたまるけれども、

【投資】をすれば
収入の蛇口を作り出すことが
できること・・・

お父さんのようにそもそも
収入が少ないときにはどうすれば
いいんだろう?

「お金がなくても、『お金の蛇口』をつくる方法はありますか?」
という質問には、

お金よりも貴重なもの・・・
【時間】をつかう、というお話。

自分のために時間を投資する。
価値のあること・・・
勉強する時間や仲間づくりに。

「こんな時間の使い方もあるんだよ。自分が苦手な作業を得意な人に任せれば、その時間は自分の好きに使える。その時間を自分に投資するんだ」

お金がない!という人・・・
さらには、
「時間がない!」という人にも
大きなヒントになりそうですね ^^
━━━━━━━━━━━━━━━
水道屋がリチャードと一緒に
ノートに描いて完成させた絵は、
『億万長者の秘密をきみに教えよう!』
の51ページにあります。

重要なことがたくさん
書き込まれているイラスト。

一度じっくり見てみてくださいね。
あなたの富づくりへの
大きな気づきがきっとあるはずです!

Pocket