12月 07

ディールメーカーは何をすればいい?

Pocket

Chairman of Japanese mobile carrier SoftBank, Masayoshi Son, gestures during a press conference announcing the company's earnings in Tokyo on November 4, 2014. SoftBank said net profit in the first six months of its fiscal year jumped by more than a third, thanks to a five-billion-USD gain from its stake in Chinese e-commerce giant Alibaba. AFP PHOTO / TOSHIFUMI KITAMURA (Photo credit should read TOSHIFUMI KITAMURA/AFP/Getty Images)

「プロファイルテストを受けて、

ディールメーカーという結果が出ました。

ディールメーカーは何をすればいいんですか?」
という質問がありました。

その質問にお答えしようと思います。
テレビ東京の「カンブリア宮殿」って知っていますか?

たくさんの成功された方が出演なさって、
セミナー並みのお話をしてくださいます。

“成功している人は「強み」を活かしている。”

これが、本当によくわかる番組です。

ソフトバンクの孫正義さんが
以前ゲスト出演されていました。
(ずいぶん前です^^;)

孫さんはウェルスダイナミクスのプロファイルでは
【ディールメーカー】というタイプです。

このプロファイルの人たちは、
人と話し、人に影響を与え、
人と交渉する能力を
生まれながらに備えています。

さらにタイミングのセンスもあります。

彼らはマーケットで
人と人をつなぎ合わせるチャンスを見つけることで
富を創り出します。

<ディールメーカーの強み>

・社交的
・親しみやすい
・茶目っ気がある
・常に人とつながりを持っている
・すばやくチャンスを見抜く
・頼みごとがうまい

<ディールメーカーの弱み>

・バックエンドを担当するチームが必要
・ネットワークの価値に左右される
・人を過剰に喜ばせる

という特徴があります。

ディールメーカーは自分では商品をつくりだすことなく、
適切な時に適切な人とつながり

8つの成功タイプの中で、
最も早く富を築く
と、言われています。

カンブリア宮殿をみていて
まさに、孫さんの戦略は強みを
最大限に使われていたんだ!!
そう思いました。

例えば19歳の時に1年に3億円以上稼いだ話。

孫さんは液晶画面付きの小型翻訳機を発明して
それだけで1億円以上の利益を上げたのですが、

それは、自分だけで成し遂げたのではなく、
その分野で有名な教授を探し、
会いに行き、ディールメーカーの
最大の武器である【交渉】をしました。

「先生、私はこういうことをしていて、
ぜひ、先生のお力をお借りしたい。

もちろんタダとは言いません。

けれど、先生のような偉大な方に
おいくらお支払していいか
僕にはわかりません。

金額は先生が決めてください。

先生の言い値でお支払いします。

一切値段交渉はしません。
言い値を全額お支払します。

けれど、今の僕にはお金が全くありません。

でも、これが売れたら
大きなお金が入ってくることは間違いありません。

それが入ってきたら
先生のいい値でお支払いします。
売れなかったら、みんなタダ働きです。

でも、きっと売れます。
ですから、力を貸してください。」

そう言って交渉したそうです。

「面白い日本の学生が来たな」と
思った教授は、そのお話に乗ったということです。

その後も、ゲームの開発をして、
19歳で3億円以上稼いだと言っていました。

すごい19歳ですね!!

このお話を聞いて、
彼が「特別」と思うか
自分も強みを知り、それを磨いて
「成功の流れに乗りたい」と思うかは
人それぞれです。

今の孫さんと同じことを
いきなりしようと思っても
難しいと感じるでしょう。

けれど、この時の孫さんには
お金も人脈もほとんどなかったはずです。

その状況での
成功話だからこそ
ヒントになるはずです。

自分の強みを最大限に活かすには、
まず、自分の強みを知る必要があります。

あなたの強みは何ですか?

いろんな経験を積みながら、
強みを導き出すのもいいと思います。

けれど、
プロファイルテストを受けることで
自分の強みを知ることができるとしたら?

ぜひ、自分の強みと傾向を知ってください。

 

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+

wd

Pocket

6月 24

状況の変化に反応したくなるプロファイル

Pocket

状況の変化に反応したくなるプロファイル

〈寄稿〉

こんにちは、ロードの村上燿市です。

フェスタでは、多くの方と交流でき、
とても有意義でした。
お会いできた方、ご縁に感謝です。

さて、今日は、私が実際にお会いした
ディールメーカーのお話をさせていだきます。
私は、メカニックよりのロードなので、
まさにディールメーカーは真逆。

ディールメーカーは私にとって
とてもわかりにくいプロファイルでした。

しかし、ここ数ヶ月、
「目覚めているディールメーカー」の方に
よくお会いしていて、
日々感動(ホントにスゴイ)しているので、
ディールメーカーがどんな特性なのかをお話ししますね。

基本的に、「おちゃめ」な方が多いです。

私の知っているディールメーカーの方は、
「○○ちゃん♪」とか、
「○○くん♪」とか親しみやすい言葉で、
満面の笑顔で声かけたりします。

それも、結構肩書きがあったり、偉い方に対してもです。
先日、あるディールメーカーの会社会長の方にゴルフを
お誘いいただいたのですが、

「いやぁ、その日は、出張で九州なんですよ?」と言うと

「え?? さびしいなぁ…」

と言われてしまいました。(笑)
そう言われると、ちょっと心が動いてしまって、
「なんとか都合つけようかな」と思ったりします。
ディールメーカーは、
愛とやさしさと思いやりを持ちながら、
場の空気、立場を理解した上で、
立場の垣根を軽々越えてしまいます。
ディールメーカーは
「何をするか」から、スタート・・・しません。

すべては、「物事の状況のきっかけ」からスタートします。

例えば、すごくアイデアはあるけれど
資金で悩んでいる社長さんと
優良な融資先を探している
銀行の営業統括をされている方がいたとします。

そんなときに、ディールメーカーは、
この社長さんと、銀行さんをむすびつけ、
融資をとりつけて、
このプロジェクトをうまく導くことができます。

それだけで終わらないのが、
ディールメーカー。

その中で発生する仕事の中で、
自分のビジネスチームの仕事を受けてきたりします。

もしくは、その時は
無料で価値提供をしておいて、
それが成功して、
「ありがとう!」と言ってくるタイミングを
完璧に見計らって、
「これ、お願いできないかなぁ?」と
お願い事をしたりします。

まさに・・・ロードから見たら、魔法にしか見えません。
ソフトバンクを率いている
孫正義社長もディールメーカーです。
最近も他社がプラン変更をした時に、
即座に反応し、対抗策を出せる。

まさにこれは、ディールメーカーの
「状況」に強い動き方です。

このあたりは、もうご本人はされてないと思いますが、
会社の戦略としてディールメーカー戦略が、
きちんとできていると感じます。

孫正義社長は、
「うちの会社は、ポリシーがないのがポリシーだ」と
言われるのも、「何が」からスタートしていない
ディールメーカーらしい言葉です。

震災で原子力エネルギーの問題が持ち上がって、
自分の想いが持ち上がり、
太陽光事業に乗り出す。

そんなプロセスで事業が立ち上がります。
また、社員からも、
いろんなアイデアを募集して、
「じゃ、それやろう」と言って、
その人を推進責任者にして
それが実現できる「場」=組織、
資金、ノウハウなどをどこかから用意する。

まさに、「場」を支配する、
ディールメーカーの動き方です。

いかがですか?
目覚めているディールメーカーの
素晴らしさを感じていただけましたか?

私は、ロードの経営者として
優秀なディールメーカーが欲しい!と思いました(笑)
あなたが、私のように
ディールメーカーを必要としているなら
ご自身、そして今のビジネスチームの「価値」が上がると、
レバレッジがかかり、
優秀なディールメーカーが
チームに入ってくれるようになります。

あなた自身が、
ディールメーカーであれば
才能の可能性を感じていただけたのではないでしょうか?
もし、まだ価値が十分高まっていない、
またはウェルスダイナミクス理論が
十分に学習できていないと感じられるのであれば、
全国の認定資格者の開催する、
トレーニング、セミナー、コーチング、セッションを
受講されることをおすすめします。

私の開催も、お知らせしておきますので、どうぞご活用ください。

皆様と、皆様のビジネスチームが、
ウェルスダイナミクスを使って、
さらに飛躍していただきたいと思います。
イベント情報はこちら
経営者向けビジネスコーチング

何ヶ月かかっても経営者が思いつかなかった革新的なアイデアが
わずか60分で生まれます。(対面・Skype・ウェビナー)

村上燿市(ロード)

Pocket

10月 18

目覚めてないディールメーカーは・・・

Pocket

ID-10032685

こんにちは。
スタープロファイルの瀬賀です。

16、17日は、
東京で樋口圭哉シニアの
ウェルスダイナミクス・プラクティショナー養成講座に
参加しました。

スタートから、
ディールメーカー特有の
熱いエネルギーと場を整える力が働いて、
5名の受講者の皆さんがあっという間に
一体になる感覚がありました。
ウェルスダイナミクスプラクティショナー養成講座は、
2日間でウェルスダイナミクスについて
体系的に学べる講座です。

この講座を修了し、
課題を提出することで、
ウェルスダイナミクスの認定講師として
セミナーや個人セッションを行うことができます。

コーチ、コンサルタントの方、
それを目指している方が
その資格を取得しています。

それ以外にも、
経営者の方がご自身のビジネスに活かしたい!
と、いうことで参加される場合もよくあります。

ウェルスダイナミクスは
今、色々な本や動画で知識を得たり、
学ぶことができますが、
養成講座では参加者同士の体験なども聞き、
実践をしていく中での参考にすることができます。
今回は、
クリエイター
サポーター
トレーダー
ロード
メカニック
の受講者の方々、

ディールメーカーの講師、
おまけでスターの私

と、色々なプロファイルの人が参加していたので
お互いの違いを感じるたびに
「おー」
「へぇ~」
という声が上がりました。
今後も、各地で
養成講座が行われますので、
ご興味ある方は、
こちらから養成講座の予定をご確認ください。

→ WDイベントサイトはこちら

ここにない予定もありますので、
予定が合わない場合は、

info@jwda.org

お問い合わせください。

 

今回の講師は、
ディールメーカーということで、
ひとりひとりのニーズに注意を払い、
今この場に必要なことを
具体的で現実的な事例をもとに
紹介してくださっていました。

ディールメーカーの特徴は、
ブレイズという名前のついた
社交性、拡大していくエネルギーと

テンポという名前のついた
調和、協調のエネルギーを
併せ持っています。

ブレイズは人の感情を見抜き、
巻き込んでいくことが得意。

テンポは相手のリズムに合わせ、
今ここに必要なことに合わせ、
自分を自在に変えながら対応していくのが得意。
自然にみんなを巻き込みながら、
一体感を作っていきます。

この強みを活かすと、
ソフトバンクの孫正義さんのように、
交渉でビジネスをフローに乗せることができます。
目覚めていないディールメーカーは
その強みを弱みとして捉えてしまいます。

つい、人に合わせてしまうんだよな・・・

人は好きなんだけど、大勢の前は苦手なんだよな・・・

などなど。
ウェルダイナミクスを知ると
自分の活かし方がわかります。
ぜひ、一緒に学びましょう!
各種セミナーはこちらから^^

→ WDイベントサイトはこちら

 

瀬賀啓衣(スター)

Pocket

9月 24

有名人のプロファイルはどうやって判断してるの?

Pocket

wdsquare5

先日読者さんから、

「有名人のプロファイルはどうやって判断してるのですか?」

という質問をいただきました。

協会では、
有名人のプロファイルについて推測をして、
プロファイルの考察を
メルマガやFacebookなどで紹介しています。

今までに、
ソフトバンクの孫正義さん(ディールメーカー)や
元プロテニスプレーヤーで現在はテニス普及育成に力を入れている
松岡修造さん(サポーター)、
ジャパネットたかたの高田明社長(トレーダー)、
バージングループ会長のリチャード・ブランソン氏など
そのほかにも多くの有名人や成功者たちをプロファイリングしてきました。

これは必ずしもその方に、
テストを受けてもらっているとは限りません。

受けていただきたいけれど、
まだ受けていただけていない有名人、
成功者の方々もいらっしゃいます。

それでも、協会では、
その方たちのインタビューや動画などを見て、
その有名人がどんな思考をしているのか判断し、
プロファイルを推測していきます。

プロファイルには、それぞれ特徴があります。

プロファイルによっての成功パターンも異なります。

有名人というのは、
プロファイルを活かして成功できたからこそ、
有名になっているケースが多いです。

だからこそ、

「その有名人が、なぜ成功できたのか?」

を分析することで
プロファイルを推測することが可能になるのです。

日常生活の中でも、
必ずしも相手にプロファイルテストを、
受けてもらえるとは限りません。

このように、その人の特徴や考え方を参考に、
プロファイルを推測していくことで、
コミュニケーションを円滑にすることができます。

さらに、その人に向き不向きも、
おおよそ、分かるようになります。

そういった、相手にテストを受けてもらわなくても、
その人のプロファイルを推測する方法に興味がある方は、
WDプロファイラー通信講座を受けてみてください。

コミュニケーションに特化した、
プロファイリングを行うことを目指す講座です。

http://jwda.ocnk.net/product/69

 

Pocket