8月 29

才能を活かせるタイミングはいつ?

Pocket

ID-10048585

ウェルスダイナミクスは、
4つの周波数(ダイナモ、ブレイズ、テンポ、スチール)を
季節に対応させて考えます。

ビジネスにおいても
スタートから成長していく過程は
季節の移り変わりと同じように進んでいきます。

春はダイナモの季節で物事がスタートするタイミングです。

アイデアを持った人が事業をスタートさせて、
最初の一歩を踏み出します。クリエイターの出番です。

また、事業を拡大させていくために、
スターのプロモーション力がおおいに役立ちます。

夏の季節になったら、
事業の中ですべきことが増えてきて、
チームが必要になってきます。

そのときに必要になるのがサポーターです。

ブレイズの周波数が強いサポーターの熱意で
チームを動かし、さらに事業が拡大していきます。

夏は拡大の季節です。

さらにディールメーカーの力で、
さまざまなコラボレーションをして、
拡大を続けていきます。

しかし、そのままずっと拡大を続けていくと、
あとで反動が来てしまいます。

秋の季節になったら、
拡大するのを少し控えて、
淡々と今までやってきたことをやり続けることで、
安定して利益を得ていく必要があります。

そのときに力を発揮するのが、
テンポの周波数を持つトレーダーです。

トレードをするだけでなく、
事務担当として裏を支えているのは、
トレーダーの方が適任です。

アキュムレーターの人は、
スケジュールどおりにプロジェクトを進めていくのが得意で、
決まった予定を淡々とこなすには最適なプロファイルです。

秋の収穫が十分にできたら、
冬がやってきます。

厳しい冬の季節には、
ロードによる効率化が必要です。

これまでやってきたことの中で、
無駄な部分をそぎ落とし、
より洗練したビジネスにしていきます。

今のビジネスモデルを分析して、
効率よく利益を出せる仕組みを作っていきます。

メカニックは既存の仕組みを改善して、
より良い状態にしていきます。

また、マニュアル化やフランチャイズ化をして、
同じ仕組みを増殖できるようにします。

いかがでしょうか?

この季節の流れによって、
さまざまなことが動いていきます。

なんだか不思議な気がしますね。

あなたが働いている会社や、
今、やっているビジネスの季節はどこでしょうか?

その季節と、あなたのプロファイルとの関係は、
どうなっているでしょうか?

もし、今のビジネスの季節と、
自分の季節が違うのであれば・・・

今の季節に合った人を中心に、
ビジネスを進めていくのが効果的です。

今のチームにその人がいなければ、
外部から連れてきたりアドバイザーを入れた方がいいのです。

もちろん、ご自身のプロファイルが
今のビジネスがいる季節と合っているものであれば、
率先して自分が動くことが望ましいです。

季節が変わったら衣替えをするように、
ビジネスも季節を意識して、
季節が変わったら戦略を変えることを意識してみてください。

そうすることで、
スムーズに展開できるようになります。

 

Pocket

8月 20

アナタの価値は何ですか?

Pocket

アナタの価値は何ですか?

こんにちは!
ミズコウアキヒコです。

今日は【価値】について
お話したいと思います。

アナタの価値は
なんでしょうか?

と、聞かれても
即答出来る方は
少ないかも知れません。

でも、
ウェルスダイナミクスに
触れた方なら簡単です。

アナタの価値は
【自分のプロファイル】
なんです。

プロファイルとは
すなわち脳の特性。

その特性を活かして
人より上手に難なく
出来てしまうこと。

人より楽しく
感じられること。

集団の中で
無意識にして
しまうことなど。

それがアナタの
中に眠っている価値です。

言い換えると
他の人には
出来ないけれど
アナタには難なく
出来てしまうこと。

そして、それは
有料テストを受けて
出てくる内容に
示されています。

そのカギは
周波数のパーセント。

そのパーセンテージで
アナタの価値の種類が
分かれてくるのです。

大きく分けると
上下の周波数で
【2極化】しています。

WD_Square_Original_2

上の周波数は
ダイナモです。

この周波数が
生み出せる価値は
【創造のエネルギー】
になります。

物事を高い視点で
観る事によって
アイデアや
アクションや
本質を掴む力。

それを元に
何か革新的な
モノを生み出します。

下の周波数は
テンポです。

この周波数が
生み出せる価値は
【タイミングのエネルギー】
になります。

物事を低い視点で
観る事によって
細かく辛抱強く
細部を観察して
市場を観察して
タイミングを計る。

商品やサービスの
売上げを上げたり
そのほか何かを
成し遂げたい時に
時にはアイデアが
必要な時もあるし
時にはタイミングが
大事な時があります。

チームや仲間に
提供出来る価値が
周波数に示されている
ダイナモとテンポの
パーセンテージで
判断出来るのです。

また、
ブレイズの人は
人との繋がりから
価値を生み出し
スチールの人は
戦術・戦略などを
分析力や収集力で
価値を生み出します。

アナタが
提供出来る価値は
チームや仲間にとって
成し遂げる事が
難しい局面で
テコの役割をします。

これがすなわち
レバレッジなのです。

アナタが難なく
出来る事こそが
相手にとっては
最大のレバレッジ。

「このくらいの事は
誰だって出来るよね?」

と、言うアナタに
とって当たり前が
誰かにとって必要な
ことかも知れません。

アナタの当たり前=価値

アナタのプロファイル=価値

ウェルスダイナミクスは
それを明確に示してくれる
羅針盤のようなモノです。

ぜひアナタの
人生やビジネスで
活用してくださいね!

では、今日はこの辺で!

水河昭彦(サポーター)

 

Photo credit: frankly, my dear via Foter.com / CC BY-ND

Pocket

7月 17

アナタが提供できる価値とは?

Pocket

あなたが提供できる価値とは?

ウェルススペクトルを上げていくにあたって、
大きな変革を経験するであろうステップの1つが、

基礎プリズム⇒企業プリズム

への変革。

すなわち、雇われて給料を得るのではなく、
自分の力でお金を稼ぐことを経験することではないでしょうか?

多くの人は、この価値観の変化に対応できずに、
独立してもまた会社員に戻ってしまいます。

だから、ロジャー・ハミルトンも、
「才能は開ける」の著書の中では、
今、会社員の人がいきなり独立することは、
推奨しているわけではないのです。

今、会社員の人が独立する過程においては、

「他人のフローに沿う」経験を積むことを、
推奨しています。

これはどういうことか?

今の会社で働きながら、
あるいは今のビジネスを行いながら、

・自分がやってみたいと思える分野を見つけ、

・その分野で卓越した結果を残している、
人や企業を見つけてアプローチをし

・より相手のフローを大きくするための、
手伝いをすることで収入を得る。

これを起業する前段階の、
練習として行えばよいのです。

そのためには、
今の自分が相手にどんな貢献をできるのかを
見極めることが必要です。

WD Square Original CompactvxLなし

周波数別の相手の事業の収益を伸ばすために
貢献できることの例としては、
以下のようなものが考えられます。

【ダイナモ】

・既存顧客が必要とする新しい商品やサービスを考えだす

・マーケティングパートナーになる

・セールスパーソンがさらに収益を伸ばせるよう、計画や戦略を練る

・画期的な販売キャンペーンのプロモーションを行う

【ブレイズ】

・マーケティングパートナー、アフィリエイターになり、
自分の人脈をターゲットとして商品販売の協力をする

・各種イベントや会議でメッセージを伝え、
新規顧客と交流する。

・既存顧客にどんなニーズがあり、
何を買いたいと思っているのかを電話でヒアリングする

・価値を付加してくれる人脈や
商品がある人とパートナーシップを結ぶ

【テンポ】

・セールスパーソンの生産性を一層向上させるような組織構造を作る

・経費を削減する方法を見つける

・価格設定のテストを行い、顧客が払う意志のある価格を探る

・既存顧客へのサービスの向上を支援することで、
注文のキャンセルを減らし、再注文や紹介を増やす

【スチール】

・数字を分析し、コスト削減方法を見つける

・現金回収率を向上できるよう、システムを変える

・コストがかさむ事業活動を自動化することで、
生産性と費用効率を向上させる

・セールスパーソンが最も付加価値の高い活動や
顧客に集中できるよう、分析結果やデータを提供する

・ネット上でセールス、更新、サービスの提供、
コミュニケーションができるようなシステムを提供する

いかがでしょうか?

あなたが貢献できそうな分野は有りましたか?

 

どうやって価値を提供すればいいか、
わからない方は上記の一覧の中から、
ご自身の周波数の得意分野を1つ選んでみましょう。

そして、
その価値が提供できる人間になることを
目指してみましょう。

それが、スペクトルを上げるための、
一歩につながるのです。

 

Pocket

6月 20

どの戦略をとるべきか?

Pocket

どの戦略をとるべきか?

今回は読者さんからの質問に、
お答えしていきたいと思います。

「ロジャーの新書『才能は開ける』を買いました。

私はメカニックですが
ダイナモの戦略を採用すれば良いのか
スチールの戦略を採用すれば良いのか分かりません。

私はこの本で見る限りは
どうもダイナモの方に当てはまると思っているので
今後メカニックとしてスペクトルを歩む上で
ダイナモの戦略を取ろうと思っていますが大丈夫でしょうか?

また、スター、ディールメーカー、アキュムレーター、メカニックのように
2つの周波数を合わせ持つプロファイルは、
クリエイター、サポーター、トレーダー、ロードといった
特定の周波数の強いプロファイルよりも
才能(個性)が劣ると捉えて宜しいでしょうか?」

との質問でした。

たしかに、『才能は開ける』では、
4つの周波数別にとるべき戦略が解説されていました。

すでに8分類のプロファイルテストを受けている方で、

・スター

・ディールメーカー

・アキュムレーター

・メカニック

の4つのプロファイルの方は、
2つの周波数が両方高い特性を持ちます。

どちらの周波数の戦略に沿えばいいのか、
迷ってしまった方も、
いらっしゃるかもしれません。

もし、8分類のプロファイルテストを
すでに受けている方でしたら、
レーダーチャートとともに、
4つの周波数のパーセンテージが
結果に表示されています。

そのパーセンテージの中で、
もっとも強いものの戦略をとるのが、
よろしいかと思います。

あるいは、この質問者さんのように、

「私はこの周波数の方に当てはまると思う。」

と感じられましたら、
その直感に従うのがよいです。

ですので、質問者さんの選択で大丈夫です!

また、後半の質問、

「スター、ディールメーカー、アキュムレーター、メカニックのように
2つの周波数を合わせ持つプロファイルは、
クリエイター、サポーター、トレーダー、ロードといった
特定の周波数の強いプロファイルよりも
才能(個性)が劣ると捉えて宜しいでしょうか?」

とありますが、
プロファイルによって才能が劣ることはありません。

プロファイルテストを受けたときのレーダーチャートは、
能力を表しているものではないのです。

特定の周波数が強い方というのは、
性格の傾向が比較的はっきりしている。

という見方はできるかもしれません。

ですが、そうではない方の、
才能や個性が劣るということにはなりません。

すべての人は、
その人独自の才能や個性を持っています。

その人の富のレベルを見るという意味では、
プロファイルテストのレーダーチャートを見るよりも、

「才能は開ける」の中に出てくる、
ウェルス灯台のレベルに注目する方が良いです。

今、ウェルス灯台の何階にいるのか?

何階まで登っていきたいのか?

を明確にした上で、
必要な課題をこなしていきましょう!

今回質問をくださった方のように、
人によっては複数の周波数を合わせ持つ方も
いらっしゃいます。

ですので、4分類の周波数を調べるだけでなく、
8分類のより詳細に自分のタイプを特定できる
プロファイルテストの受験をおすすめしています。

そうすることで、
より自分に合った戦略を、
とりやすくなってくることでしょう。

プロファイルテストの詳細はこちら

オススメはスカイプ診断セッション付きの、
プロファイルテストを受験することです。

フローに乗るための最適なアドバイスを、
ウェルスダイナミクスの認定講師から受けることができます。

 

Photo credit: siyamalan via Foter.com / CC BY-ND

Pocket

5月 15

貢献できるのはどの分野?

Pocket

th_DSC07424

ウェルスダイナミクス・ウェルススペクトル考案者、
ロジャー・ハミルトンの著書

才能は開ける

の中に、自分の周波数を活かした業務のことが
触れられています。
(本を持っている方は202ページからをご覧ください。)

自分自身でビジネスをするにしても、
自分の得意分野で他人に貢献するにしても、

『この部分だったら、ほかの人よりも得意!』

と言える部分があると、
非常に大きな強みとなります。

では、それぞれの周波数の人は、
どんな業務が向いているのでしょうか?

あくまでも、参考例ではありますが、
次のような業務が向いていることが多いです。

WD_Square_Original_2

1、ダイナモの人(メカニック、クリエイター、スター)

・既存顧客が必要とする
新しい商品やサービスを考えだす。

・マーケティングパートナーになる

・既存商品の顧客を開拓する

・売上トップのセールスパーソンが、
さらに収益を伸ばせるよう、
計画や戦略を練ることで勝率を上げる。

・画期的な販売キャンペーンを利用したプロモーションを行い、
顧客を満足させ、口コミにつなげる。

2、ブレイズの人(スター、サポーター、ディールメーカー)

・マーケティングパートナー、アフィリエイターになり、
自分の人脈をターゲットとして既存商品を販売する。

・各種イベントや会議でメッセージを伝え、
新規顧客と交流する。

・既存顧客にどんなニーズがあり、
何を買いたいと思っているのかを電話でヒアリングする。

・価値を付加してくれる人脈や
商品がある人とパートナーシップを結ぶ

3、テンポの人(ディールメーカー、トレーダー、アキュムレーター)

・トップセールスパーソンの生産性を
一層向上させるような組織構造を作る。

・経費を削減する方法を見つける。
実験的な価格設定を行うことで、
顧客が本当に払う意志のある価格を探る。

・既存顧客へのサービスの向上を支援することで、
注文のキャンセルを減らし、再注文や紹介を増やす。

4、スチールの人(アキュムレーター、ロード、メカニック)

・数字を分析し、コスト削減方法を見つける

・現金回収率を向上できるよう、システムを変える

・コストがかさむ事業活動を自動化することで、
生産性と費用効率を向上させる。

・売上トップのセールスパーソンが最も付加価値の高い活動や
顧客に集中できるよう、分析結果やデータを提供する。

・ネット上でセールス、更新、サービスの提供、
コミュニティができるようなシステムを構築する。

いかがでしょうか?

ご自身はこれらの分野での貢献を、
することができているでしょうか?

まだ、できていなくても、
悲観することはありません。

それが可能になるように、
これからスキルアップをしていけば良いだけのことです。

大切なのは、

「どこに自分の才能があるのか?」

「どの分野を伸ばせばより力を発揮できるのか?」

というところです。

書籍を読んだりセミナーに出たりして、
学んだことを実践していくことで、
どんどん自分のスキルは上がっていきます。

ぜひ、上記の周波数別得意分野を意識して、
ご自身が学ぶ分野を選択してみてください。

ウェルススペクトルの基礎プリズムにおいては、
その磨き上げたスキルで大きなフローを持っている人に貢献し、
よりその人に成功してもらうことを心がけます。

自分1人で何かをするのではなく、
自分のスキルで誰かに貢献することで、
お金を稼ぐことに意識を向けてみましょう。

そして、どの分野を選ぶにしても、

「自分はどうなりたいのか?」

「収入が増えたときに何をしたいのか?」

といった自分自身の「WHY」を明確にすることは、
とても大切です。

6月1日にはロジャーが来日して、
講演を行うことはご存知ですよね?

詳細・申込はこちら→ http://jwda.org/wdf2015/
※終了しました

この講演をあなたにとって、
より良いものにするために、
ぜひ質問を考えてきてください。

講演ではロジャーに質問をするセッションを設けます。

そのときに、勇気を出して手を挙げて、
ロジャーに質問をしてみてください。

ウェルスダイナミクスやウェルススペクトルの疑問点でも良いですし、
ご自身の悩みやお仕事の悩みをロジャーに聞いてみるのも良いでしょう。

ぶっつけ本番でFESTAに参加しても、
それはもちろん、楽しんでいただけると思います。

ですが、明確に意図を持って、
高い目的意識でご参加いただけることで、
FESTAをより効果的に活用することができるでしょう。

ぜひ、このチャンスをつかみとりにきてくださいね。

 

Pocket