ウェルスダイナミクスのプロファイルの迷いを解決しませんか?

Pocket

矢印

ウェルスダイナミクスを学んでいて、
こんなふうに思われる方がいます。

・私は本当にこのプロファイルだろうか?

・ウェルスに詳しい人に別のプロファイルだって言われたんだけど・・・

・クリエイターと結果が出たけど全然アイデアが出せない!

・ロードのプロファイルが出たけど数字が苦手!

もちろん、自分の正しいプロファイルを認識して、
強みを活かしていくことは大切です。

ですが、もし自分のプロファイルが
しっくり来ないのであれば、

「1度、プロファイルを忘れる。」

というステップを取り入れてみましょう。

あなたの目標は、
プロファイルを明確にすることでしょうか?

おそらく違うと思います。

・仕事でもっと成果を出すこと

・強みを活かして楽しく仕事をすること

・自分やまわりの人を幸せにすること

などがあなたの目標であり
ウェルスダイナミクスを使って、
得たい結果なのだと思います。

であるなら、
まずはウェルススペクトルの
各スペクトルごとの課題に一つずつ
取り組んでみましょう。

そうすることで、
得たい結果に着実に近づくことができます。

ウェルススペクトルは、
全プロファイルに共通する課題を提示してくれます。

そもそも、大成功している起業家が、
みんなプロファイルを理解しているか?

といわれれば、

ウェルスダイナミクスのことを知らない方が、
むしろほとんどでしょう。

それでも彼らが成功しているのは、
各スペクトルの課題をきちんとクリアしているから。

にほかなりません。

ウェルススペクトルの課題の実践は、
プロファイルに関係なくどなたにとっても、
有益な行動になります。

自分のプロファイルに迷いがあっても、
まずはプロファイルのことを忘れて、
スペクトルの課題に集中してみてください。

ウェルススペクトルについて学べる
レポートのダウンロードはこちらからできます。

自分1人では、どこから取り組んだらいいか分からない!

と感じられたときには、
ウェルススペクトルセッションを活用してみてください。

ウェルススペクトルのコンテンツの中で、
考案者のロジャー・ハミルトンも、

「1人で何でも解決しようとしてはいけない。」

と言います。

1人で悩まずに適切な第三者をアドバイザーとして、
客観的なアドバイスをもらうことも時には必要です。

ぜひ、ウェルススペクトルセッションを、
その機会としてご活用くださいね。
⇒ ウェルススペクトルセッションの詳細・申し込みはこちら

 

Pocket