サポーターはサポートをやめるべし!

Pocket

サポーターはサポートをやめるべし!

===================================
サポーターはサポートしない?の謎
===================================

サポータープロファイルは、
名前のせいか、
誤解されることの多い
プロファイルの一つです。

Supporter

日本語で「サポート」というと
縁の下の力持ちとか、
陰で支える

どちらかと言うと
裏方のような
イメージではないでしょうか?

ウェルスダイナミクスの
プロファイルの
サポーターは
そのイメージとは
ほど遠いタイプです。

実は、日本語での
サポート役は
トレーダーという
プロファイルが得意です。

サポーターは
一言でいうと
リーダーです。

ケアをするというよりも、
熱く応援することで、
心の支えになるような人です。

チームの中で
意思決定をする権利を持ち、
グイグイとチームを
引っ張っていきます。

サポーターは
中身だけではなく、
いかにも『熱い』と言う
印象を与えることが多いです。

熱さがあっても
あまり外に出ないのは、

サポーターと
反対側のプロファイルの方の
傾向です。

私はよく、
赤い炎と青い炎に
例えて説明します。

サポーターはまさに
赤い炎

いかにも熱そうに
見える方が多いです。

サポーターは
自ら次々と
新しい人と出会い、
信頼関係を築くのが得意です。

炎のように
熱く周りを巻き込んでいきます。

良い人で終わってしまうことも
多々あります。

===================================
サポーターをどう活かすのか?
===================================

ウェルスダイナミクスは、
自分の特性を知って、
フローに乗るための
ツールです。

サポーターの特性を
活かしてフローに乗るには、
どうしたらいいでしょうか?

起業家の方であれば、
PR会社や
ヘッドハンティング会社などの運営は
楽しくできる業種でしょう。

サポーターは
自分の外側に意識が向いているので、
どうすれば人の感情が動くのかを
よく知っています。

積極的、能動的に
働きかけていきます。

ですので、
常に人とかかわる仕事が
楽しくできる仕事でしょう。

バックオフィスや
細かい仕事はフローから
外れてしまう仕事です。

また、
サポーターは
チームマネージメントに
向いています。

サポーター自身が
この人なら!!
と思う人のために、

チームをまとめるたり、
チームのモチベーションを
上げる役に従事すると、
企業の中でも
楽しく働くことができるでしょう。

サポート役ではなく、
頼りがいのあるリーダーになる
イメージです。

起業家であっても
会社勤めをしていても、
共通して言えるのは、

サポーターにとって
『誰』という
キーワードが
重要だということです。

ある不動産屋の経営者さんは
何を売りにしていくかを
自分で考えるのではなく、

『この人は絶対伸びる!』

と感じた人が開発した
システムを導入し、
加盟店になったことで
ビジネスが伸びていった
とお話してくださいました。

『誰』という質問を
日々、活用してみて
くださいね。

『誰』とつながっていますか?

あなたが心から応援したいと
思うのは『誰』ですか?

『誰』ために活動すると
モチベーションが上がりますか?

『誰』に会いに行くといいでしょう?

 

Photo credit: pedrosimoes7 via Foter.com / CC BY

Pocket