チームを組んだとき失敗する理由

Pocket

ID-100131135

 

ウェルスダイナミクスでは、
異なるプロファイルの人とチームを組むことを、
推奨しています。

お互いの強みを活かし合えるチームができると良いのですが、
なぜか、理想的なプロファイルでチームを組んでも、
うまくいかないことがあります。

これは、いろんな要因があると思いますが・・・

先日、無料レポートがリリースになった、

「ウェルススペクトル」

の考え方を使うと、
かなり明確にチームを組んで失敗する理由がわかります。

チームを組む場合はプロファイルだけでなく、
スペクトルも意識しないと失敗する可能性があります。

実は、チームを組んでうまくいくパターンは、
スペクトルの考え方を考慮すると2パターンしかありません。

1、チームリーダーが緑のパフォーマーレベル以上

2、チームメンバーが全員黄のプレイヤーレベル以上

このどちらかの条件を満たさない場合、
チームを組んでもチームとしてフローに乗りにくいです。

1の場合は社長と従業員という、
会社組織のチームになることが多いでしょう。

2の場合は個人事業主同士のジョイントなどに、
よく見られるケースです。

まだ自分のビジネスで独立できていない人同士で、
チームを組んでもうまくいかないのです。

チームを組む場合はリーダーに、
パフォーマー以上の人を立てて指導してもらうこと。

もしくは、自分がプレイヤー以上のレベルまで上がった上で、
チームを組む相手も全員プレイヤー以上の人を選ぶこと。

このどちらかを目指していきましょう。

ウェルススペクトルの詳細は、
こちらのレポートをご覧くださいね。

⇒ http://jwda.org/ws/

※無料でダウンロードできます。

自分のスペクトルがどの状態なのか?

そこから、上のスペクトルを目指すにはどうすればいいのか?

レポートの中に書かれています。

 

 

この機会にスペクトルについて、
学んでみてくださいね。

Pocket