自分の強みの身につけ方

Pocket

ID-10090947

もし自分の時間を確保できそうでしたら、
自由時間のほんの一部でも良いので、
ウェルスダイナミクスを学んで、
自分の強みを活かす方法を身につけてみませんか?

そのためのヒントを今回はお伝えします。

ウェルスダイナミクスの教材はいくつかありますが、
おそらく、多くの方が手に入れることができる手頃な教材は、

・ウェルスダイナミクスのプロファイル解説レポート

ではないでしょうか。

「そんなレポート持ってないんですけど!?」

と思われるかもしれませんが、
ウェルスダイナミクスのプロファイルテストを受験されていたら、
このレポートは全員ダウンロードすることができます。

もし、まだプロファイルテストを受験されていなければ、
こちらのページから受験することができます。

→ https://www.profiletest.net/token/user

受験後に送られてくるのが解説レポートです。

既に受験済みの方は上記のページの「ログイン」から、
閲覧画面に入るとレポートを何度でも閲覧できます。

さて、このレポートなのですが、
非常に盛りだくさんな内容になっています。

そこで、「自分の強みを身につけるには?」という観点から、
特にどこを見ていけば良いかをお伝えしたいと思います。

レポートの中で特に見てほしいのが、

・あなたのプロファイル詳細

に書かれている部分です。

ここには、判定されたプロファイルの強みや弱み、
どういう役割が向いていて、
どいいう役割が向いていないのか?

などが分かるので、
プロファイルを日常生活の中で活かしていくのに、
参考になることでしょう。

さらに、自分の強みを強化する第一歩として注目してほしいのが、

プロファイル概要の「強み」の部分です。

例えば、ロードであれば、

強み:計画的、用心深い、整理整頓されている、きめ細かい、
あらゆる状況を分析する、まわりの人たちが気づかないような「差」を見抜くことができる、
すべての基盤が整うまで気を抜かない、細かいことまでリストアップできる

と書かれています。

この、自分のプロファイルの強みの項目が全部が当てはまるとは限りません。

当てはまるものもあれば、当てはまらないものもあるけど、
おおむね当たっているかな?

くらいに感じられる方が多いかもしれません。

もし、全然当てはまらないなと感じられたら、
1度ウェルスダイナミクスのプラクティショナーの方に、
相談することをおすすめします。

お知り合いのプラクティショナーがいなければ、
ご連絡いただければ適した方をご紹介することができます。

さて、たしかに自分はこのプロファイルだなと確認ができたら、
次は強みの中から1つを選んで、
その強みを仕事の中で、あるいはプライベートの中で活かすには、
どんなことができるかを考えてみましょう。

もし、この「強み」の項目の中に書いてあるものの、
自分にはできていない項目があれば・・・

それは、向いているんだけど挑戦してこなかった、
伸びしろにあたる部分かもしれません。

ロードだけど「計画的」ではないかもしれないな・・・

と思った方は、1度意識して計画を立ててみたり、
計画を立てるのに役立ちそうな本を読んでみるなど、
その「計画的」という要素を活かすべく、
行動をしてみるのです。

今後お仕事の中で何かプロジェクトが発生したら、
率先して計画を立てて提案するなど、
自分の強みを活かすことを意識してみましょう。

もちろん、計画を立てるのが大好きだと
自己認識があるロードの方も、
より計画を立てて実現させていくことについて、
学んでみて長所を伸ばすのも良いでしょう。

あるいはほかの「チームにおける最適な役割」「人生における最適な役割」
などの項目においても、その役割ができているかどうかを考えてみて、
その役割を果たせる機会を意識して作ってみてください。

もうその役割を果たしている方は、
引き続きその役割がなすべきことを極めていけば良いでしょう。

プロファイルテストを活用するコツは、
自分は自分でいいんだと、
自分に対してOKを出してあげることです。

その上で、自分の良いところを
どんどん伸ばしていくよう心がけていけば、
そのプロファイルとしてフローに乗ることができるのです。

解説レポートの中で示される、
プロファイルの強みや向いている役割は、
自分の中に眠っている長所を見つけるための、
最高のツールになることでしょう。

活用してみてくださいね。

 

Pocket

One Comment