学習効果を倍増させる学び方

Pocket

「ウェルスダイナミクス活用方法」のヒント、
今回のテーマは

「学習効果を倍増させる学び方」

です。

あなたは、これまで
自分にあった「学び方」
意識したことはありますか?

ウェルスダイナミクスでは
成功を目指す時に
自分の才能を知ることで
あなたにとっての

「最も抵抗の少ない道のり」

を選択できるようになる、
とお伝えしています。

ということは!
学び方にも、抵抗の少ない道のり(方法)
があるということなんです。

 

この学び方は周波数
によって異なります。

【周波数とは?】

ウェルスダイナミクスの独自の視点で
人のエネルギータイプを
4つに分けた時の各名称です。

この周波数の種類は

・ダイナモ
・ブレイズ
・テンポ
・スチール

の4つです。

では各周波数による
効果的な学び方を
具体的に見てみましょう。

 

ダイナモ

ダイナモは
「雲の上に頭を突っ込んでいる人」
と表現されます。

直感的な思考方法で
世の中に革新的な
アイデアを生み出します。

直感的に大きな枠で
物事を捉えることが得意なので
詳細にまとめられた
分厚い報告書を渡されるよりも

全体像がわかるような
図を使って説明を受けた方が
すんなり理解できます。

図を目で見て把握する
「視覚的」な学びが
ダイナモを活かす秘訣です。

 

ブレイズ

ブレイズは人が好きで
「常に誰かと電話をしている人」
と表現されます。

外交的で、人との会話の中から
ポイントをつかむことが出来ます。

数字やデータではなく
人の持っているストーリーや背景が
重要だと感じています。

ダイナモが視覚的なのに対して
「聴覚的」な学びが
ブレイズを生かす秘訣です。

 

テンポ

ダイナモが雲の上に頭を突っ込んでいるのに対して
テンポは
「地面に耳をつけている人」
と表現されます。

テンポの思考は
ダイナモの直感的に対して
五感的です。

五感が優れているので
自分が触ったものや
体感から物事を把握します。

五感を通じて実際に
自分が体感していることが重要。

実践が伴う「動作型」の学びが
テンポを活かす秘訣です。

 

スチール

スチールは詳細を好みます。
細かなところまで全て
把握したいと思います。

ブレイズのように
人との会話などは優先順位が
高くない傾向にあり

それよりも家電製品についてくる
取扱説明書をしっかりと読み込んで
詳細を把握しようとします。

心から理解できた!
と思うことが重要。

「分析型」の学びが
スチールを活かす秘訣です。

 

といったように、各周波数には
それぞれ得意とする学び方があるのが
おわかり頂けたでしょうか?

あなたは

数字やデータばかり追いかけようとして
なかなか頭に入ってこない・・・

大まかな図面だけ見せられても
なかなか納得ができない・・・

無意識のうちに
自分の苦手な学び方を
していませんか?

ご自身の周波数を
きちんと理解して
学び方を選択できると
その学習効果は倍増しますよ!

ちなみにもっと
ウェルスダイナミクスを学びたい!
と思ったらこんな方法もあります。

http://jwda.ocnk.net/product-group/38

是非これらを活用して
自分にあったやり方を意識して
学んでみてください!

 

Pocket