8月 30

ウェルスダイナミクスで売上が数倍に!?

Pocket

ID-100145313

 

ウェルスダイナミクスで、
ビジネスの売上を数倍にする方法を知りたいですか?

実は、ウェルスダイナミクスを活用して、
月商150万円→月商2000万円以上に、
なった方がいらっしゃいます。

その方が何をしたのか?
Continue reading

Pocket

8月 29

必要とされない所に行こうとしてない?!

Pocket

「ロードのプロファイルなのですが、
ロードらしく成功するにはどうすればいいでしょうか?」

ということをよく聞かれます。

 

ロードに限らず、

「●●のプロファイルらしく成功するには、
どうすればいいか?」

が気になる方が多いようです。

そう思うのは当然だとは思います。
Continue reading

Pocket

8月 28

ショムニ・ダイナミクス?!

Pocket

ここ数日は、朝晩涼しく過ごしやすくなってきましたね。

先週、たまたま見ていたテレビで
ドラマ「ショムニ2013」が流れていました。

半分くらいは、
あまり見ていなかったのですが、
途中から釘付けになりました。

ショムニに左遷されて配属された上司の男性が、
とんでもなく空気が読めない人で、
ショムニをひっかきまわします。

それに耐えきれず、
ショムニのリーダー坪井が
その上司を追い出すために考え付いたのが、

『その上司を出世させること』。

なかなか、思いつかない発想ですよね。
思わず笑ってしまいました。

 

そのために、
ショムニのメンバーは、
それぞれの役割をこなして、
準備をします。

 

そして、見事、
その作戦は成功し、
上司は、大喜びでショムニを後にしたのでした。

 

そのストーリーを見ていて、
ウェルスダイナミクスと
通じるところがあるなと思いました。

 

自らがフロー状態に乗ろうとすることは、
実は、非常に難しいことなのです。

 

一方、
自分の周りの人が、
フローに乗っていると、
いつの間にか自分も
フローに乗ることができます。

 

ともすれば、
自分がフローに乗るためには、
周りの人をフローに乗せる
お手伝いをするといいのです。

 

・・・と、いうと、
自分はやりたいことを我慢して、
やりたくないことを無理やり引き受けて、
『犠牲』になるということを連想されるかもしれません。

 

みなさんは大丈夫でしょうか?

 

誰しも経験があるかと思いますが

『与えること』
はイコール、
『犠牲になること』

だと思ってしまうことがよくあります。

 

もしくは、
自分が我慢して、
人に尽くすことを喜びと感じられないと
人として間違っている!と、思ってしまったり…。

 

でも、両方、違うんです。

 

では、どうしたら『犠牲』にならず、
人をフローに乗せる手伝いができるのか?

 

その疑問に答えてくれたのが
プロファイルの強みを活かし、自分の役割に責任を持つこと。

 

つまり、価値の提供をし合うという考え方です。

 

ウェルスダイナミクスは、

「自分の強みに特化して、
好きなことだけをし、
その結果フローに乗る」

ための理論です。

 

 

多くの成功者が
「うまくいっている人のそばにいなさい」
と言っています。

 

なぜなら、
「うまくいっている人=フローに乗っている人」は
周りの人をもフローに乗せる力を持っていることが多いからです。

 

それを成功者は自然と知り、体験し、
さらにそこで社会に貢献しているのです。

 

いかがでしょうか?

 

自分の周りの人を、
一人でも多くフローに乗せることが
回りまわって、
自分をフローに乗せることになるなら、

まずは、

自分が楽しくやり続けられることの中で、
周囲の人をフローに乗せるためにできることが何か?
を、本気で考えてみることです。

 

それを、
『気に入らない上司を出世させることで、
自分たちのいい状態を取り戻す』という
ショムニの発想は
ウェルスダイナミクスに通じる、
大変ユニークな考え方だなと思いました。

 

名付けて
「ショムニ・ダイナミクス」(笑)

 

見逃した方は、
DVDになった時に、一度ご覧になるといいかなと思います。

 

Pocket

8月 26

ウェルスダイナミクスで夢を実現するために今できること

Pocket

一昨日の8月24日(土)

渋谷で、樋口シニアによる
「ウェルスダイナミクスで夢実現セミナー」を開催いたしました。

ワークなどもふんだんに取り入れられて、
和気あいあいとした雰囲気で、
盛り上がったセミナーとなりました。

ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

また残念ながらご参加いただけなかった方々に
セミナーの様子を少しご紹介したいと思います。

 

一つは、LUCKの法則について。

(LUCKの法則について、詳しくは
こちらをご覧下さい)

 

樋口シニアが体験されたLUCKの実例をもとに
みんなで過去のLUCKを
上手くいったときのことと
上手くいかなかったことに分けて
書き出してみました。

 

書き出してみると、
上手くいったときは、
LUCKが揃っていたということを
改めて感じて頂けた様子で
皆さん納得されていました。

 

樋口シニアは、
パチンコ店で店長になったときの
LUCKについてお話いただきました。

 

L・・・場所(Location)

そのパチンコ店で働いていたこと。
そしてパチンコ店のコンサルタントに付いて歩いていたこと。

樋口シニアは、感覚で
どの人が自分にとって
チャンスをくれる人なのか、
重要なアドバイスをくれる人なのかが
分かるとおっしゃっていました。

ディールメーカーの特質ですね。

「自分にとってチャンスをくれる人のそば」という場所がポイントです。

 

U・・・理解(Understanding)

ゲームのルールを理解していること。

樋口シニアは自分から店長に志願しました。

そのとき、自分の実績、そして、何ができて何ができないのかを伝えました。
そうすることがチャンスを幸運に変える鍵だと知っていたそうです。

 

C・・・つながり(Connection)

コンサルタントとの信頼関係を作っていたこと。

立候補は、自分で考えたことではありませんでした。

コンサルタントの方が
「樋口君、社員になりたかったら社長のところに行って、
『店長にしてください』と言ってごらん」
と、アドバイスをもらっていたのでした。

社長さんとの信頼関係も然りです。

 

K・・・知識(Knowledge)

コンサルタントの助言を素直に実行したこと。

そのアドバイスをもらったとき(チャンスがやってきたとき)に
自分がやるべきことがわかっていました。

そして社長に「店長になりたいです」
と話に行きました。

 

ワーク中に
内向トレーダーの方が

「自分の過去の運が良かったときに
『C』がなかった気がするんです…」

アキュムレーターの方は
「私はやっぱり『C』が弱いという気づきがありました」

と話してくれました。

 

『C』のつながりは、
主にブレイズの
「スター」「サポーター」「ディールメーカー」の方が
得意とする分野です。

 

逆のプロファイルの方にとっては
『C』の重要度を見落としやすかったり、
重要だと気づいてもどうやって強化していいかが、
わかりにくい部分でもあります。

 

プロファイルを知っていると、
LUCKの要素を整えるときに
どこが盲点となりやすいかがわかるようになります。

 

夢を叶えるためには、
LUCKを偶然ではなく、必然的に起こしていく
という発想が必要になります。

 

ぜひみなさんも
過去の出来事の中から、
LUCKを書き出してみてください。

そうすることで、今後LUCKをもたらすときに
何が必要かが可視化できるようになるでしょう。

 

もう一つセミナーの中で樋口シニアは、

「夢を叶えるためには
自分の出来ること、できないことを
しっかりと人に伝えておくことが重要。」

と何度も話されていました。

 

役割分担をする時に
ウェルスダイナミクスを知っていると

「自分はここはできないけれど、
これは得意です!」

と、素直に伝えることができます。

 

参加者の方も、

「できることを言うより、
できないことを伝えるほうが難しいと感じます。

ウェルスダイナミクスを知ると、
それが言えるようになり、
とても解放された気がします。」

とお話してくださいました。

 

今回のセミナーでは、
樋口シニアのサロンビジネスの体験をもとに、

ウェルスダイナミクスのプロファイルを知って
そのあとどうすればいいのか、

プロファイルと自分のやりたいことを実現するのには、
どうつながりがあるんだろうという

疑問にお答えできるセミナーでした。

 

また、結果を出しているディールメーカーの人が
どんな才能を持ち、何を考え、どう動いているのかが
感じられました。

 

懇親会で樋口シニアが最後のまとめで
言った一言。

「俺を使え!」

 

ディールメーカーの人が
口を揃えていうのは

「自分に、欲しいもの、やりたいことは
言った者勝ちだよ!」

樋口シニアもそう言っていました。

 

「ぜひお願いします!」と
何人もの方が名乗りを上げていました。

 

こうして、ディールメーカーを通じた
新たなビジネスの芽が発展していくのだと感じました。

 

また今後も実例を元に、
ウェルスダイナミクスの学びを深められる会を
開催していきたいと思います。

 

そのときには、メルマガでもご案内しますので、
ご都合つきましたらぜひご参加くださいね。

Pocket

8月 19

実は聖書にも書いてあるんです。

Pocket

ID-10065346

こんにちは。
スタープロファイルの瀬賀です。

毎日、暑い日が続いていますが、
水分を十分とって、お体ご自愛くださいね。
私はクリスチャンではありませんが、
聖書のこんな一説に出会いました。

「ペテロの第一の手紙 4:10
神様はあなたがた一人一人に、
何らかの特別な能力を授けておられます。
その能力によって、互いに助け合い、
神様からのあふれる祝福をひとり占めにはせず、
他の人と分かち合いなさい。 」

聖書の中で、
長きに渡り語り継がれている真理を
ウェルスダイナミクスも伝えていることをお気づきですか?

「あなたの特別な能力は何ですか?」

そのヒントを私は、
ウェルスダイナミクスとの出会いで手に入れました。

 

ウェルスダイナミクスに出会うまで、

「私なんて、特別なものはなにもない」

「私ができることは、
みんなもできるに違いない」

私は、ずっと、
そう感じてきました。

だからこそ、
いろんなスキルを磨くために
資格を取ってみたり、
本を読んだりしてきました。

「自信がないから…」

だからこそ、
自分の強みってなんだろう
そう求め続けていたのだと思います。

ウェルスダイナミクスを考案したロジャーが

「あなたが何をしているかは関係ない
あなたが誰であるのかが重要」

と、言っている意味がここにあると思っています。

あなたのプロファイルは、
ご自身がフローに乗る最短の道を示したものです。

だからまず、自分が誰であるか、
どのプロファイルであるかを知ることが大切です。

プロファイルを知ると、
それが全ての人の強みなわけでは
ないんだということが理解できます。

そして次に、誰かとその能力を分かち合うこと。

自分以外の7つのプロファイルの人たちに
自分が持つ「特別な能力」をどのように提供するのかを
考え、実行していくことです。

それが、富を築く基盤になります。
自分のプロファイルに確信を持って、
行動を続けていくこと
その繰り返しでフローに乗ります。

その行動とは具体的に言うとなんでしょう?

それが聖書にも書いてある
「自分の特別な能力を使って互いに助け合う」ことです。

 

そのために、ウェルスダイナミクスがお手伝いできるのは、

*自分のプロファイルを知ること
*プロファイルに確信を持つこと
*自分の行動に確信を持つこと

です。

そしてそれをより早く実現するためにオススメなのは、
テストを受けたあとに診断セッションを受けていただくことです。

ぜひお近くのウェルスダイナミクスの認定講師(プラクティショナー)に
ご相談ください。

誰(WDプラクティショナー)が自分に合うかわからないというかたは、
協会にお問い合わせください。

<お問合せ先:info@jwda.org >

 

瀬賀啓衣(スター)

Pocket