プロファイルが違うと解釈が違う!?

Pocket

surprised

先日、愛媛で開催した
プラクティショナー養成講座の休憩中に、
「えーー!? プロファイルで、こんなにも言葉の意味が違うんだ!」
と思える事があったので、シェアしたいと思います。

あるパートナー同士の会話。(仕事も一緒にしている)

ロード(男性)
「今回の大阪出張、会った方がいい人がいるし、
一緒に行った方がいいと思うのだけど、行く?」

クリエイター(女性)
「私、結構しなきゃいけない仕事あるし、洋服も買う時間ないし…」

そのあと少しやりとりしたあと、会話はこのまま終わりました。
さて、みなさんは、この時、
パートナー(女性)の気持ちは
どんな状態だったと思われますか?

A:「出張は、行かないか、保留」

B:「出張は行く方向で前向きに」

 

もしかしたら、「違う解釈の人がいるの?」

と思われた方もいるかもしれません。
このとき、参加していた方々に聞いて見ました。

スター   :「行くでしょう」
サポーター :「両方の気持ちが分かる」
ロード   :「保留」
ロード   :「保留」
メカニック :「保留」

一同、「え??! そうなの???」

それぞれが、
「それは、当然、○○でしょう!!」
と思い込んでいたのです。

驚愕の事実・・・。

日本語なのに・・・こんなに解釈が違うなんて!!

ロードの場合、
「言葉を言葉通りに受け取る」傾向があります。

「明確にしたい」気持ちが強く、
「行くのか、行かないのか」を
「言葉で明確に」知りたいのです。

それがわかると、
ホテルや飛行機の予約、
アポイントの段取り
をたちまち始められるからです。
それに対して、
クリエイターの方の場合、頭の中で、
一瞬のうちに
「ということは、行った方がいいってことでしょ」と理解すると、
「行く」という言葉をすっとばして、
もう未来に進んでしまうことがあります。。

そして、すでに「どうやったらいいか」を検討を始め、
「それって難しいけど、どうしよう」と悩むのです。

今回のクリエイター(女性)の場合は、
その部分が言葉となって出てきていたのです。

 

そうすると・・・

ロード:「忙しくても、時間なんて、作ればいいだろう」

と、「どうやって」が得意で、
問題解決が好きなロードや、
メカニックは、ついアドバイスしてしまい、
すれ違いはさらに拡大していくのです・・・。(泣)
クリエイターであっても、
全ての人が今回の女性と
同じ行動をとるとは限りません。

ですが、自分の中だけで終わっていて、
その確認、合意というプロセスを飛ばしてしまい、
突き進んでいくという傾向は
多くのクリエイターやスターに見受けられます。
アキュムレーター、ロード、メカニックの方は、
「言葉の裏にある意図を読み取れるようにしよう」

クリエイター、スターの方は
「言葉をすっとばさず、結論を明確に相手に告げよう」

を注意すると、誤解がぐっと減ると思います。

また、それぞれ相手の傾向を
認識して確認しあうようになると
お互いのためになりますね。

何十年の謎が、ウェルスダイナミクスで解けるので、
改めて、ほんとにすごいと思いました。
ウェルスダイナミクスを使いこなして、
人生の謎を解くためにも、
ぜひ、プロファイルテストと診断セッションを
受けてみることをおすすめします。

そして、もっと体系的に、しっかりとマスターしたい方は
ウェルスダイナミクスプラクティショナー養成講座が
何といっても、おすすめです。

養成講座、イベント一覧はこちらから

Pocket