職業とプロファイルの相性

Pocket

ID-100123082

こんにちは!
ミズコウアキヒコです。

先日、メルマガを読んだ方から
ご質問をいただきました。

現在就職活動中の男性で
恐らくはワタシと同じ
サポータープロファイル
だと言うことでした。

そして、いったい自分は
どんな職業が向いているのか?
と、言うご質問でした。

ワタシなりに考える
それぞれのプロファイルと
職業の相性をお答えしました。

サポーターは
周波数で見ると
ブレイズと言う
人に対する情熱が
多いのが特徴です。

その周波数が持つ
求めているモノは
「多様性」です。

しかし、その
周波数だけで
思考や行動をしてる
ワケではありません。

上下に位置する
ダイナモと言う
何かを生み出す
周波数もあるし
テンポという
タイミングを
はかる周波数もある。

だから中心である
サポーターと言う
プロファイルなのです。

なので、職業や
職種はさておき
一つの場所で
じっとしてたり
毎日同じ人としか
接しない職場では
つまらないと思うし
アイデアも自ら
出して行きたいし
タイミングや
人の気持ちも
推し量ることが
出来るはずなので
そのすべての要素を
兼ね備えた職業が
良いと思います。

これは他のプロファイルや
周波数でも同じなんですが
ある一定の職業の
向き不向きではなく
その仕事の中に
そんな要素はあるか?
と、言う点に着目を
していただきたいのです。

で、ワタシは
どんな返答をしたと
思われますか?(笑)

それは、、、、、。

職業や職種は
プロファイルとは
何も関係無いと言う
お返事をしました。

どんな仕事の中にも
そんな要素はありますし
仕事の中で「やり方」を
工夫すれば良いだけ。

そう自らが
自らの心が喜ぶ
働き方をすれば
フローに乗れると
お答えをしました。

みなさんも
仕事の中において
どこに喜びを
感じていますか?

成果を上げた時?
計画を練る時?
顧客の笑顔に?
仕組みを作った時?

同じ仕事でも
喜びを感じる所は
人それぞれです。

自分の中の
喜びを知ること。

それこそが
フローに乗る
秘訣なのかも
知れません。
水河昭彦(サポーター)

 

Pocket