成功に「絶対」必要なもの・・・

Pocket

メカニックの松井です。

前回の記事は少し難しかったですか?

今回もいろいろな方から
お返事いただき嬉しいです。

が、それと同時に..

「ちょっと抽象的すぎたな」

と、反省しています。

ですので、今回はより具体的な..

「お金の稼ぎ方」

に、ついてお話していきます。

 

●収入と幸福度の関係

 

ハッキリと言います。

現代社会において収入が
あまりにも少ないと
満足の行く生活は送れません。

データによりますと、

「年収700万円以上の人」

が、それ以上の収入上昇による
幸せが変わらないと言われています。

 

この数字は600万円〜1500万円と
ばらつきがありますが、概ね700万円が
最適なバランスと言われているようですね。

 

情報ソース:

 

逆に言うと…

「年収700万円以下の人は
 収入の増加が大きく幸せに関わる」

ということだと予測しています。

 

もちろん、

「松井さん、そうはいいますけど、
 今はお金だけでなく別の価値が
 認められつつあるんですよ!」

と、言う人もいると思います。

おっしゃるとおりです。

これからの時代はより本質的な

「価値」

に注目が集まる時代となってきます。

 

なぜなら、インフラが整いお金以外の
価値基準で取引が可能になるからです。

だからこそ、本質的な価値が
重要視されていきます。

しかし、その辺の抽象度が高い話を
いくら学んでも実際に目の前に
現金がないと不幸だと考えます。

まだまだ現代社会(特に日本)では
「キャッシュ」が優位だと思います。

 

ということで、今日は直接的に・・・

「お金を稼ぐ」

ための具体的な方法について
あなたにシェアしていきたいと思います。

 

 

●お金を稼ぐためにはどうすればいいか?

 

答えは簡単です。

「売る」

以上です。

 

セールスをしないとお金は
手に入らないという単純な
事実を忘れている人が多い。

 

「いやいや、私は事務員なんで
売るなんて関係ありません」

「私は学生だから、物を
販売したことなんてないです」

「親からの遺産で生きてますので
売らなくても生活できてます」

 

と、さまざまな意見があると思います。

もちろん、そう感じるのは
よく分かります。

実際に「売っている」実感がなく、
売っている人はたくさんいますから。

 

しかし、実際には「何かの価値」を
提供することでお金を手に入れています。

給料というのは自分の時間を
会社に売っているから存在します。

学生は両親に自分の存在を
「売っている」から
お金が手に入ります。

親の遺産は、あなたの代わりに
親が売ってきてくれたから存在します。

 

まずはこの現実から決して
目をそらさないでください。

====================
「売る力がないと絶対に経済的成功はできない」
====================

この経済の仕組みをしっかりと
直視していただきたいのです。

 

つまり、あなたがこれから
幸せを感じながら成長していくには..

「売る力が絶対に必要」

なのです。

よろしいですか?

これから「売る」ための具体的な仕組み
あなたにシェアしていきたいと思います。

しかし、その前に・・・

 

 

●お金を受け取ることへの遠慮・・・

 

多くの人がこの売るという行為に
強烈な違和感を感じているように
私には見えています。

実際に私自身も・・・

「なんとなく大金を受け取るのが怖い」
「お金を受け取ったら責任が発生する」
「お金を受け取ったら迷惑じゃないか?」

と、躊躇する気持ちがあります。

 

しかし、あなたが経済的な成功を
手に入れたいと望んでいるのなら…

この躊躇は乗り越えるべき恐れです。

ここの違和感を乗り越えて..

「自分がお金をもらうことは正義だ」

と、心底納得しなければ
経済的に豊かには決してなれません。

 

どうやってこの気持を乗り越えるのか?

それに関して長くなってしまいますので、
今日は詳しくお話しません。

しかし、今からお伝えする数々の

「ショッピングの心理」

を、腑に落とすにはこの自身の遠慮を
乗り越えておく必要があります。

 

ですので、興味がある人は・・・

「お金のマインドに興味あり!」

と、メッセージを送っておいてください。

別途、このお金に対する遠慮を
乗り越える方法をお話します。

※直接返信するか、記事にするかは
返信の量と質で判断しますね。

【バンちゃんにメッセージを送る】
matsui@jwda.org

 

 

●お金を稼ぐ心理学を公開!

 

さて、ここからは実際にお金を
稼ぎ出すための具体的なステップ
詳しく公開していきたいと思いますが..

その前に、お伝えしておきたいのは
私よりも莫大な現金を稼いでいる人は
たくさんいるという事実です。

所詮、私は1日3時間程度の労働で、
年収1818万円が最高値です。
※独立後のアベレージは996万円…

中小企業であれば年商1億円が
当たり前なのを考えると
かなり微々たるお金です。

 

ただ私が誇れるのは最前線で、
2億とか1億とかを稼ぐ現場で
文章で物を売ってきたという
その「一点」だけです。

ですので、私の言っていることは
あくまでも私が4年にわたって
セールスをしてきた実践知となります。

私よりより効率よく価値を
レバレッジして稼げる人は
たくさんいるのです。

 

ですので、正直に申し上げますと
私のような人間が人様に

「お金の稼ぎ方」

を提供するのは気が引けます。

ただ、多くの人がちょっとした
「コツ」を知らないだけで収入に
困っているから提供してみます。

 

 

●人がお金を支払う瞬間とは?

 

多くの人が人がお金を
支払う瞬間について
大きな勘違いをしています。

人はどんな時にお金を払うのか?

それは・・・

 

「痛み×緊急性×期待×情熱」

 

この4つが組み合わさったときに
始めてお金を支払うのです。

この4つのどれが欠けても
支払いは発生しません。

この4つ全てが揃った時に
お金が始めて発生します。

 

例えば、洋服が売れる瞬間は・・・

 

【痛み】
・今持ってる服だと寒い
・少なくて不便
・こんな格好では恥ずかしい

【緊急性】
・近々、セミナーがある
・よく外に出かける
・ビジネスで必要になる

【期待】
・周りの人に認められるかも
・これで洗濯物を探さなくてすむかも
・自分自身に自身が持てるかも

【情熱】
・見た目の美しさが大切
・ファッションで変わるのが好き
・信頼されるのは大切

 

ザクッとこんな感じですね。

で、

この痛みや緊急性、期待や
情熱が大きければ大きいほど
大きなお金を支払います。

 

お金を支払う心理と
価値を感じる心理は違います。

よく、人の相談に乗ったり
人の考えを整理してあげるのに
対価をもらえないという人がいます。

そういう人は、キチンと
この4つを満たせているかを
再度、確認することがオススメ。

そのように

「良いように扱われる人」

は、多くの場合…

期待や情熱は掻き立てられているが
痛みや緊急性については怖いから
言及していないということが多いです。

 

人は「痛み」がないとお金を
支払わないのです。

ただ「いいなあ〜」という
気持ちだけでは人は決して
動かないという事なのです。

 

また覚えておかないといけないのは…

「人は満足したらお金を払わない」

ということです。

 

人は「期待」にお金支払います。

「え?松井さん、でも先に
与えるってよく言いませんか?」

という声が聞こえてきそうですが..

そのとおりですよ。

先に価値を実感させるのは大事です。

なぜならお客さまは商品や提供者を
全く信じていませんから。

だからこそ、先にサンプルを渡し

「実感」

してもらうことは大切です。

 

しかし、そこで満足すると
お金を支払う理由がなくなります。

つまり、痛みと緊急性がなくなります。

だからこそ、サンプルを渡す時は..

「そこで満足させてはいけない」

ということを覚えておいてください。

 

むしろ、更に欲望を掻き立てる・・・

「期待」

そして、それがないことで起こる・・・

「痛み」

さらに、その商品に対する
「切迫感」「情熱」
掻き立てる必要があります。

 

そして、もうひとつ・・

強烈に大切なことがあります。

 

 

●要求を伝える

 

多くの人が価値を提供したのに
お金を受け取れない理由は
これが多いと思います。

この4つの交差点にいる人に
ハッキリと..

「お金をください」

ということが重要です。

 

そして、この時大切なのが

「タイミング」

です。

 

この4つが交差した「瞬間」
このセリフを言わなければ人は
決してお金を支払いません。

試しに、人の相談に乗ったりして、
相談が終わって「ありがとう」と
言った瞬間に・・・

「じゃあ、缶コーヒーをおごって」

と、いってみてください。

かなり高確率でおごってくれます。

このように要求はなんでもいいんです。

 

 

●価値と価格の天秤

 

取引というのはシンプルです。

自分の感じる価値よりも
価格が安い(お得感)を
感じれば買います。

逆に自分の感じる価値よりも
価格が高いと思えば買いません。

それだけです。

 

そして、この価値とは・・・

「痛み、緊急性、期待、情熱」

の4つではかられます。

 

そして、未だ手に入れてない【違い】から
この4つのパズルのピースが生まれます。

人は既に持っているものに
価値を感じません。

言い換えれば、満足しているものに
価値を感じることはありません。

だからこそこの「違い」
お客さまの痛み、緊急性、期待
情熱に絡めて表現すれば..

物(サービス)が売れます。

つまり、ものを売るのは・・・

 

 

●売るための6ステップ

 

ステップ1:
問題を聞き出す

ステップ2:
痛みを拡大する

ステップ3:
望ましい未来をイメージさせる
※期待を膨らましていく

ステップ4:
価格が価値に比べて得だと伝える

ステップ5:
要求を伝える。

ステップ6:
フィードバックを得る
(売れなかった場合はどうしたら買うのか聞く)

 

以上の6つのステップです。

この6つ目のステップは
別の角度の問題のヒアリングですね。

つまり、この6ステップは
サイクルになっているのです。

一度、売ってみて買わなかったからと
二度とオファーをしないのはダメです。

 

データによると人は7回目が
一番購入するというデータがあります。

ただ単にタイミングじゃない人も
たくさんいるということですね。

ですので、一度断られても
違う角度で再チャレンジする。

これがスゴく大切です。

 

 

●ビジネスで最も大切なもの・・・

 

最後にあなたにお伝えしたいのは
大切なのは「お金」ではありません。

確かに売ればお金は手に入ります。

しかし、目の前のお金以上に
大切なのは人間関係の量と質です。

 

だからこそ、ビジネスで
最も大切なのは商品を
売る事ではありません。

お客さまを紹介してもらうことです。

これを覚えておいて下さい。

 

目の前の人が買おうが買うまいが
全く関係はないのです。

そうではなく、大切な人を
紹介してもらえるか
最も大切になります。

 

基本的にものを売ると信頼は下がります。

ですので、欲しいと感じてない人に
決して売ってはいけません。

相手が欲しがってない時は

「この商品に興味がある人がいたら
紹介してくださいね」

ということです。

 

その時に、

「え?どうやって紹介すればいいの?」

と、聞かれるわけですので、
一言で自分の商品の価値を
伝えられるセリフが必要です。

 

・どんな人にオススメしてほしいか?
・その商品で解決する痛み
・その商品で期待できる未来
・具体的な商品構成(価格も含む)
・その商品の緊急性(なぜ今か?)
・あなた自身のパッション
(なぜこの商品を売ろうと思うのか?)

 

これらをまとめて置く必要があります。

チラシやカードやサンプル商品があれば
さらにスムーズに紹介をもらえます。

 

 

これが一連の売る流れです。

この流れを応用すれば・・・

「スタッフに動いてもらう」
「パートナーに家事をしてもらう」
「子供に勉強をさせる」

そんな事も可能になります。

 

この「売る力」が強い人は
人に求めれて選ばれます。

これからリモートワークも普及し
どんどん「個」として稼ぐ力が
必要になってくると思います。

だからこそ、このステップを
どれだけ深くできるのかが
重要になってくると思います。

 

どれだけ相手の痛みを理解できるか?
どれだけ相手の緊急性を把握するか?
どれだけ相手の期待を掻き立てられるか?
どれだけ相手の情熱を応援できるか?

これが重要な力になります。

 

そして、この力を高めるのに
最も大切なことが・・

と、生きたいところですが
長くなっているので続きは
また別の機会にお話しますね。

 

 

いかがでしたでしょうか?

ちょっと具体的すぎましたかね?

あなたの感想を聞かせてくれたら
次の記事もより質が高まると思います。

ぜひとも、感じたこと、学んだこと
これをやっていようと思うことを
私に聞かせてくだください。

【バンちゃんにメッセージを送る】
matsui@jwda.org

 

・こういう時はどうするんですか?
・どうやって私は応用すればいいですか?
・物販の場合はどうなるんですか?

などなど、質問があれば受け付けます。

全てに答えられるかは分かりませんが
私が4年をかけて学んできたお客さまの
驚くべき心理学に基づきお話していきます。

 

今回は具体的な部分について
お話をしていきました。

生涯続く安定収入を手に入れるには
この売る力、交渉力、コミュニケーション
は本当に、本当に、本当に大切になります。

ハッキリ言ってこれがないと
経済的に成功するのは不可能です。

お客さま似思いやりを持って
相手の欲望や痛みに合わせて
あなたの価値を伝えてあげてくださいね。

そうすれば、あなたもお客さまも
確実に幸せになれると信じています。

 

最後まで、お読みくださり
誠にありがとうございます。

 

松井 万理

 

追伸:

あなたが経済的に成功したいなら
学ぶべき【知識】は以下の7つです。

 

  1. セールス
  2. マーケティング
  3. ファイナンス(マネーリテラシー)
  4. パブリックスピーキング
  5. リーダーシップ
  6. マネジメント
  7. コピーライティング

 

です。

このウェルスダイナミクスは
私の中ではマネーリテラシーに
当たる重要な知識となります。

この7つのスキルにお金と
時間と労力を投入してください。

圧倒的に経済的に楽になります。

 

また、これらを学ぶために・・・

「加速学習」

も、オススメです。

深く考える技術、
素早く情報を吸収するスキル、
体系的に情報を整理するスキル。

これらのスキルがあれば、
人生でお金に困ることは
ほとんどなくなります。

 

 

Pocket