ウェルスダイナミクスで自由な働き方を手に入れる!

Pocket

「なんでこんなに一生懸命毎日働いているのに、
 全然生活が楽にならないんだ!!」

これは、
私がウェルスダイナミクスと
出会うまでの心の叫びです。

 

毎日せかせか働いても、
ただ忙しいだけで、労力の割に
お金が入ってこない…

苦手なこともコツコツやって、
自分は仕事ができる人だと
勘違いをし…

「できないやつの気持ちなんてわかるか!!」と…

周りに圧をかけ、
傲慢な態度をとり…

誰に助けも求められず、
睡眠時間は3時間、毎日時間と締め切りに
追われる日々を過ごしていました。

 

その結果、ついに体調を壊し、
ドクターストップ。

これまでなんのために働いていたのか…
なんで!

あともうひと息なのに…
こんな人生もう嫌だ…

そう、これが2018年12月末日の
私、浅山佳映子です。

東京へ進出し、結果を出し、
今までの苦労を回収してやる!

よし、これからだ!

という時に起こった悲劇です。

 

ウェルスダイナミクスを知るまでの私は、
一人で何もかもやり、
労力の割に収入が少ない…

そんな状態でした。

それが、
ウェルスダイナミクスに出会ったことで、
人生が激変しました。

今日は、そんな私の

ウェルスダイナミクスを
どうビジネスに活かしてきたのか?

そんな話を紹介します。

 

「ウェルスダイナミクスを知ったけど、
ビジネスにどう活かせばよいのか
まだわからない…」

そんな人へのヒントになればと思います。

 

 

●ロジャーに金槌で頭を殴られました…

 

2019年6月に開催された
ウェルスダイナミクスの考案者である
ロジャー・J・ハミルトンの来日イベントが
私のターニングポイントでした。

 

前述した通り、それまでの私は、

 

「全部自分でやったほうが早い!」

「できないやつは、やる気がないからだ!」

「別に自分でできるからいいし!」

 

と、本気で思っている
傲慢で痛いヤツでした。

ですが、
2019年にロジャーに出会い、
頭を金槌でかち割られました。

 

「一人で全てをやろうとするから
 うまくいかないんだ!」

 

このロジャーの言葉が、
あまりにも衝撃すぎたというか、

当たり前すぎて、
見落としていました。。。

ビジネスの本質は、分業制なのに…
なぜ一人で全てをやろうとしていたのか。

 

自分の傲慢さに
愕然としました。

 

私のプロファイルは、クリエイター。

ですから、本来は
コツコツとした作業が大の苦手!

なのに、、、自分はできるやつだ!と
勘違いをして、

クライアントのWEB制作をし、
動画も編集し、
コンサルもして…
売れる仕組みを一人で構築する。

全てを一人でこなす。

そんなことをしていました。

時間がなくて当たり前です。

 

しかもそれだけではなく、
本来、自分が最も得意としている

時代を先読みし、
まだそこには現れていない、新たな価値を創作する。

そんな斬新な企画も制作の中に含まれているのに…

その「企画」部分では、
お金をいただいてなかったんです…

私がいただいていたのは、
制作費のみ。

 

なのに、
同じクリエイターのロジャーは、
自分の価値をどんどんお金に変えて
富を築いている。

 

その違いは何…?

 

そして、2019年の来日イベントで、
「クリエイターの価値をお金に換える方法」
ロジャーからリアルに教えてもらったんです。

 

それ以来、私のビジネス戦略は
180度変わりました。

 

今まで背負ってきた制作作業は一切やらない!

制作は、できる人に依頼する。

そして、
自分の才能を活かす戦略に切り替えました。

そう。
今のビジネスが確立した瞬間です。

 

ちなみに、いま私が何をしているのか
知らない方のためにお話をすると、

ベストセラー作家やカリスマ講師、
トップコンサルタントの
売上を1.5倍にアップさせるプロデュース

です。

 

具体的には…

忙しい割に売上の限界を感じている人。

「商品もフツー、大したこと言ってないのに、
なぜアイツの方が稼いでいるんだ!」
と悔しい思いをしている人。

高単価商品を単発で持っていて
クチコミなどでそれなりにうまくいっているけど、
売上が安定せず、不安がいつまでも拭えない…
という人。

 

そんな人に向けて、
商品やサービスの視点、伝え方の
再創作することで、新しい価値を生み出し、
新らしい市場を構築するプロデュース。

簡単に言えば、

長期的に売れ続ける仕組み

を構築しています。

 

ウェルスダイナミクスに出会って
自分の才能に1点集中したことで、
付き合う相手も変わり、時間にもお金にも
余裕が生まれました。

もちろん!

私が手に入れたのは、
それだけではありません。

 

 

●相手のために使う“プロファイル”

 

今までの私のコンサルティングは、
自分のやり方に相手を合わさせていた…

だから、
これに合う人(私と同じタイプの人)は
ガッツリ結果が出るけれど、そうでない人は
なかなか前に進めない…

そんな状態。

なぜ同じことを伝えているのに
うまく行かない人がいるのだろうか?と、
私の悩みでもありました。
(一番大変だったのはクライアントさんだと思いますが…汗)

 

当然と言えば当然ですが、
当時の私は、自分のやり方が全て。

ですから、良かれと思って
自分のやり方を相手に押し付けていた。

自分がこうやったらうまくいったから、
あなたもこうすればうまくいくよ。って…

今思えば、あまりにも
傲慢すぎです(笑)

 

ですが、それしか知らなかった…
ごめんなさい。

 

しかし、プロファイルを知ったことで、
相手の才能をより活かす戦略を提案できるように。

クライアントさんが無理なく成果を出せる
確率がグッと上がりました。

クライアントさんの売上が
1.5倍にアップしたり、さらに
あるベストセラー作家さんは、
売上を2倍にしたりと、脅威の結果を
出してくれています。

 

私がプロファイルを知った時の
一番の衝撃は…

石橋を叩いて叩いて
割ってしまう人がいるということ(笑)

「これ、すぐにやれば結果が出るのに、
なんですぐやらないんだろう???」

「やる気ないのかな?
やる気ないならやめれば良いのに…」

って、思っていたぐらいです。
(スミマセン)

 

それ以外にも、
部分は、精細に見えるけど
全体を見るのが苦手な人や、
未来を構築するのが苦手な人。

そんな人たちがいると知り、

「私とは真逆のタイプの人たちにも
自分とまったく同じやり方を
押し付けていたんだ!」

と、衝撃を受けたのと同時に、
猛烈に反省したのを覚えています。

 

それ以降、プロファイルに合わせて、
どうすれば、その人が動きやすくなるのか?

どの要素があれば、
結果がを出しやすくなるのか?

相手に合わせた提案を意識できるようになり、
クライアントが次から次へと
結果を出してくれるようになりました。

 

ウェルスダイナミクスと
出会わなければ、きっと今も
貧乏暇なしの生活を送っていたことでしょう。

ウェルスダイナミクスは、
自分のためにも使うことができますが、
一番は、

 

『相手を活かすためにどうしたら良いのか?』

 

それが、明確になることですね。

当然ウェルスダイナミクスは、
プロファイルだけではありません。

プロファイルは一部にすぎないのですが…

そのプロファイルを
自分のためだけでなく、相手のために使う。

これができるだけでも
大きく相手との関係が変わることは
間違いありませんね。

 

自分の成功、自分の富。
ではなく!

自分と相手を活かし合う関係が作れると
富は、勝手にあなたのところへ
やってきますよ。

 

今日の話が、何か一つでも
あなたのヒントになりますように。

 

浅山 佳映子(クリエイター)

 

Pocket