プロファイル別!アイデア発想法

Pocket

Creator

「アイデア発想」と言ったら、
やはりクリエイターが得意だと思いませんか?

たしかに、クリエイターはアイデア発想が得意です。

「◯◯についてのアイデアを書いてください。」

とお願いすると、

次から次へと数えきれないほどアイデアを思いつき、
どんどん発言していけるような人は、
クリエイターであることが多いです。

ところが、必ずしも、
クリエイターのアイデア発想力が1番!

という場面でもないのです。

ウェルスダイナミクスは、

「ダイナモ」「ブレイズ」「テンポ」「スチール」

という4つの周波数のバランスによって、
プロファイルが決まります。

クリエイターは、

「何?(What)」を発想するのが得意な、
ダイナモの周波数です。

だから、アイデアの発想というのは、
得意分野なんですね。

ほかにもダイナモが強いプロファイルは、
「メカニック」「スター」があります。

実は、クリエイター以外のプロファイルの人が、
アイデア発想が苦手かといえば、そうではありません。

各プロファイルによって、
アイデアを得やすい分野があります。

アイデア発想で困ったときには、
自分の得意なテーマにフォーカスすればいいのです。

あるいは、自分の欲しいテーマについて、
得意な人にサポートをお願いするのも良いでしょう。

ブレイズの周波数(スター、サポーター、ディールメーカー)の人は、
「誰?(Who)」という質問に答えるのが得意です。

ですので、人と一緒に会話をしたり、
コミュニケーションを通じてアイデアが出やすいんですね。

また、

「誰と組めばいいか?」

「誰にお願いすればいいか?」

など、人に関するアイデアを、
最も思いつきやすいのがブレイズの周波数の人たちです。

人に関するアイデアであれば、
ブレイズの周波数の人に聞くことで、
良いアイデアを得やすいと言えます。

テンポの周波数(ディールメーカー、トレーダー、アキュムレーター)の人は、
「いつ?(When)、どこで(Where)」の質問に答えるのが得意です。

市場調査であったり、
具体的な現場に居合わせての対応に対して、
アイデアを得やすいのです。

対極のクリエイターの人などは、
あまり細かい現場のことは気にしなかったりします。

ですが、実際にプロジェクトを進めるにあたっては、
現場の作業は非常に重要なことです。

現場の目線に立ったアイデアに関しては、
テンポの周波数の人が抜きん出ているのです。

スチールの周波数(アキュムレーター、ロード、メカニック)の人は、
「どうやって?(how)」の質問に答えるのが得意です。

データであったり、
ノウハウを集めることによって、
アイデアを得やすくなります。

ですので、この人達がアイデアを得るには、
知識やデータをどんどんインプットすることが、
良いアイデア発想につながります。

また、そもそもアイデア発想の内容が、
問題解決であったり、ノウハウ化、仕組み化に、
自然と偏ってしまう可能性があります。

このように、どのプロファイルの人にとっても、
アイデア発想がしやすいテーマがあり、

また、アイデアを思いつきやすい、
シチュエーションがあることがわかります。

良いアイデアが出ない!

と悩んでいたら、
向き合っている質問が、
自分の周波数とずれていないかを
確認してみましょう。

また、いいアイデアが出た!という時に、
その時どういう質問を自分に投げかけて上手くいったか?
どんなプロセスをたどっていたか?
を振り返ってみると
次回に活かせるかもしれません。

また、欲しいアイデアのテーマについて、
得意なプロファイルの人に意見を求めてみるのは、
いかがでしょうか?

思いがけない、良い発想が得られるかもしれません。

また、プロファイルだけではなく、
スペクトルのレベルによっても、
向き合う質問が違ってきます。

ロジャーの新刊では、
そういった具体的質問も数々出てきます!

ぜひご活用くださいね!

才能は開ける
ロジャー・ハミルトン

 

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴
◆ 出版のお知らせ ◆
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

フォレスト出版社より
ロジャーの最新刊「才能は開ける」が
発売となりました。

才能は開ける

4つの周波数に沿った
具体的な行動プランや
富のレベルアップについて
ロジャー自身の体験談や事例とともに、
記されています。

昨年、ニューヨークタイムズでベストセラーとなった
The Millionaire Master Planが
ついに日本語で発売です!

Pocket