あなたが遺したいものは、なんですか?

Pocket

メカニックの松井です。

昨日、私の祖母がなくなりました。

不思議と涙はでません。

98歳という年齢だからか、
あまり関係性がなかったからか、
それとも人として欠陥があるのか。

理由は分かりませんが、
とにかく涙は出ませんでした。

 

これまで何年も会っていませんでした。

6月23日に彼女の病床に行った時
(亡くなる約5時間前)には
スゴく小さくて枯れていくような
それでいて安らかな感覚がありました。

清潔感も感じましたし、
なんというか寂しくなかったです。

 

本日葬儀だったのですが、
近くで姉と母が泣いていました。

自分はなぜ涙がでないのだろうと
不思議な気持ちになっていました。

彼女が生きていたから母が産まれ
私がこの世に生を受けました。

このように枯れてなくなっていく
人がいる一方で今日産声を上げ、
“新しい命”が産まれていきます。

 

 

■私は死ぬ時何を遺すのか?

 

ふと私は死ぬ時に何を残して
死んでいくのかなと感じました。

私たちが周囲に与えた影響は
どんなものなのだろうと感じます。

肉体は滅びてもその人の生命は
教えや、思想、影響となって
永遠と残るものだと思います。

 

後世に残すものは
DNAだけではありません。

あなたの影響で私は変われた、
あなたの言葉で私は救われた、
あなたの存在が私を変えてくれた。

そんな影響がどこまでも
続くのだと思います。

 

私は死ぬ時何を遺すのかな?

恐らく自分が意識しているもの
以上に自分が意識していないものが
影響として後世に残るのでしょう。

良きものも、悪いものも・・・

一瞬一瞬、それは人に影響を与え
波紋のように広がるのだと思います。

 

だからこそ、毎日が
勝負だと思うのです。

今日の影響が永遠に
波及するのだと思います。

 

日々を理想の自己として生きる。

本当に与えたい影響を生きる。

本当に残したいものを伝える。

 

言葉以上に、態度やたたずまいが
伝わり影響を与えるのです。

だからこそ、日々を清らかに
涼やかに、軽やかに生きたいと思います。

 

 

■あなたにとって大切なものはなんですか?

 

私が大切にしたいのは・・・

 

・高潔さ

・誠実さ

・しなやかさ

・優しさ

 

です。

 

高潔さとは、常に深く問いかけ
目的を見定めて行動すること。

誠実さとは、常に純粋な思いと
言動を一致させること。

しなやかさとは、常に柔軟に
目的に向けてベストをつくすこと。

優しさとは、常に全体を感じ取り
あるがままを見て感じて受け入れること。

 

私はこの4つの価値観を
大切にしています。

ウェルスフィットネスの
人格の部分になってくると思います。

 

あなたはどんな価値観を持って
生きていきたいでしょうか?

自分の価値観を知り、
自分の価値観を生きると
人の能力発揮は倍増します。

人が辛いとか、苦しいとか
虚しいと感じるのは大切なことを
大切にできてないと感じるときです。

 

ぜひ、

『TQ-心の安らぎを得る究極のタイムマネジメント』

という本を読んでほしいのですが..

私たちの幸せは自身の価値観に
沿って本音で生きている時に
発生するものだと思うのです。

 

逆に言えば、この価値観を
自身で認識していないと、
かなり幸せは感じにくいです。

多くの人が最も辛いのが..

・自分のやってることに意義を感じない時

・やるべきと思っていることが出来ない時

です。

 

ストレスを感じるのは
たくさんの仕事がある時ではなく..

「やるべき事が残っている」

と感じるときだそうです。

 

 

■あなたが後世に残したいものはなんですか?

 

私の祖母はやるべきことを
しっかりと残さずに逝けたのだと思います。

私は、悲しみや寂しさ。

無念さは感じませんでした。

安らかで、枯れていくような
自然な衰えを感じ取りました。

楽になっていったと感じます。

 

人は死ぬ時に何も
持っていくことはできません。

人間関係と残したものだけです。

それはハッキリと目に見える
形でなくてもいいと思います。

あなたが後世に残したいものは
一体何でしょうか?

 

私は・・・

 

・ともに生きるという思想

・あるがままの自分で良いと思える安心感

・本音で生きることの素晴らしさ

・使命をまっとうすることの楽しさ

 

これらを残して生きたいと思います。

あなたのビジネスや人生にとっても
この遺したいものは絶対に大切だと思います。

一度、立ち止まって考えてくださいね。

 

そして、余裕があったら
私にもぜひ教えて下さい。

バンちゃんにメッセージを送る
matsui@jwda.org

 

松井 万理

 

追伸:

死に様(生き様)を見せることが
死にゆくものの一番の役目だと思います。

どのように死にたいのか?
どのように生きたいのか?

死者は私たちに問いかけてくれます。

私も気を引き締めて、
自分の生きざまを生き抜きます。

最後までお読みくださり
ありがとうございました。

 

Pocket