収入を増やす、最初の一歩とは?

Pocket

今、世の中が大きく動いていますよね。
理由はもちろん、新型コロナウイルスの流行が発端。

その流行によって世界各国が
首都封鎖を開始し、その結果世界中が一気に
自粛ムードに包まれることとなりました。

この自粛ムードに伴い
多くの人の行動範囲が変わっています。

 

それまで、通勤していた人も
テレワークで働くことが増え
これまで出来ないと思っていた事が
意外と自宅でもできる!と判明してきました。

人は出来ないことが出来ると分かったり
それまで容易にできていたことが、できなくなることで
価値観が大きく変化していきます。

日本に限らず、いま多くの人の価値観や
行動が大きく変わってきているのです。

ここに注目すると、

「激動の時代にビジネスがどのように変わっていくか?」

「そのときにあなたが何をすれば、
もっと収入をアップさせたり
目標達成しやすくなるのか?」

が分かるようになります。

例えばテレワークの普及。
そして外出自粛により、GWの観光地からも
すっかり人出が消えてしまいました。

地元への帰省を控えた人も多いでしょう。

私も、今年は帰省するのをやめ、
必要な買い物や散歩をする以外では、
ほとんど自宅で過ごしていました。

それでも、私たちは何かしら
「活動」をして過ごす必要があります。

 

緊急事態宣言も延長になり、
まだまだ自粛が必要な状況…。

そんな中で、収入を絶やさない、さらには
収入をしっかり増やしていくために
どうすればいいか?

今日はあなたに
1つのアイデアを紹介します。

 

 

●収入を増やす、最初の一歩

 

先日、ウェルスダイナミクス考案者、
ロジャー・J・ハミルトンが
新たに発表したコンテンツ、

「キャッシュフロークラッシュコース」

では、世界中で大きな変化が
起こっている中で、私たちはどのように
ビジネスを展開していけばいいのか?

これを大きなテーマとして
ロジャー自身の言葉で伝えています。

このコースの中で、
ロジャーが何度も伝えている、
今私たちがすべきこと。

それは、

「人の手をかけた価値提供」

をどんどん増やしていくことでした。

大きく変化する世の中を生き抜くには、
顧客の声に直接耳を傾ける必要がある、と
ロジャーは何度も伝えています。

たとえ顧客と呼べる人がいなくても
自分が価値提供できる人とのコミュニケーションを
増やすことが、重要なんです。

緊急事態宣言も延長され、
人とのコミュニケーションが欠乏した状態で
自宅にいることを余儀なくされている人も。

一方で、通勤や、お出かけが減ったぶん
自由に使える時間が増えた、というケースも
あるのではないでしょうか?

そんな状況で
喜ばれる行動の1つは、

「人との交流」

をする機会がオンライン上で得られることです。

そうして、交流を通じて信頼を獲得することが、
今の時代にビジネスを進展させるために必要な
最初の一歩になってくるのです。

 

これまでは、
無料の価値あるPDFレポートを配布して、
代わりにメールアドレスを入力してもらう。

その後、メール講座や動画コンテンツを通じて、
自社の商品の価値を伝えて、
『自動的な仕組み』を作って売っていくこと。

これが、

「効率が良くて稼ぎやすいビジネスモデル」

の1つでした。

 

なぜなら、インターネットを通じて、
情報に簡単にアクセスできるようになり、
より価値を感じる情報を得たい人が増えたからです。

この仕組みが全部使えなくなるわけではありませんが、
いま、力を入れるべきなのは、

「人の手をかけた価値提供」

なのです。

 

例えば、録画ではなく直接やりとりをするウェビナー、
フォローアップの個別セッションなど、
お客様と直接会話をして、コミュニケーションを通じて
相手の役に立つ。

あるいは、会えない分zoomなどで話す時間を増やして、

どんなことをしたら相手は喜ぶのか?
自分に提供できる価値はなんだろう?

そんなことを思い浮かべながら、
会話をする。

リアルタイムで相手の反応を見る。
相手目線で、何が必要なのか?
何が喜ばれるのか?を考える。
(時には直接聞いてみる)

のがポイントです。

 

今は情報があふれていますので
相手から直接話を聞くことによって、

「相手が今必要なもの」

を提供していくこと。

これが、求められている価値提供なのです。

 

 

●どのプロファイルでも強みは活用できる

 

会話を通じた価値提供と言われると、
特定のプロファイルの人じゃないと
難しいのでは?と感じることもあるかもしれません。

確かに、会話を通じたコミュニケーションに対して、
適性のあるプロファイルは存在します。

ですが、会話そのものが苦手な人でも、
情報をわかりやすくまとめたり、
問題解決の方法を考えることが得意なら
それを会話の中で提供すればよいのです。

必ずしも「上手に会話ができること」が
価値提供に必要な条件ではないのです。

あなたにできることから
始めていきましょう。

 

 

●オンラインでの価値提供を増やすとどうなるか?

 

あなたはウェビナー、ライブ放送、
オンライン通話など、リアルタイムに
言葉を届けることができるツールを使っていますか?

これらのツールを使うことで
やりたいことがスムーズに実現しやすくなります。

 

自分で主催できるなら、
これらのツールを使ったオンラインでの会話を通じて、
価値提供をする機会を作ってみましょう。

すでに主催しているなら、
ぜひ引き続き続けていきましょう。

 

今すぐ主催できない…という場合は、
まずは誰かが開催するオンラインイベントや通話に
参加してみることから始めてみましょう。

オンラインでの会話を通じた価値提供とは
どんなものなのか?を体感できるはずです。

収入を増やす、目標達成をする、
これらの土台を整えるのも
まずは最初の一歩からです。

 

そして、繋がりをつくったら、
その先はどうしたらいいか?

さらに詳しい話は、

「キャッシュフロークラッシュコース」

にてお伝えしています。

特に、

第6回目〜8回目にかけての動画では、
会話を通じて価値提供しながら、
どのようにビジネスを作り上げていくか?

その具体的なやり方を、
実際に収益化されているビジネスの
事例も交えて解説されています。

まだ、自分のビジネスをしていない、
会社員であったとしても、
ではなにから始めていけばいいか?
をお伝えしています。

・下がってしまった収入を回復させたい

・危機的状況をチャンスに変えて、
 目標を達成したい

・先行きが見えない不安を解消して、
 将来に希望を持てるようになりたい

そういった方に
うってつけのコースです。

ぜひ、ご活用ください。

危機をチャンスに変える。
『キャッシュフロークラッシュ』
https://jwda.mykajabi.com/cfcc

 

公開予定の12本の動画のうち、
すでに11本が公開済で、
参加後すぐに、すべて見ることができます。

 

本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

守屋 信一郎

 

Pocket