自分のやりたいビジネスで成功するには?

Pocket

0601_0117

6月1日、7年目を迎えた
「ウェルスダイナミクスFESTA2015」が終了しました。

フェスタにご参加いただいた皆さま、
応援してくださった皆さまに心から感謝いたします。

今年のフェスタにおいて、
昨年同様おおいに盛り上がったのが
「質問コーナー」でした。

実際に「ウェルスダイナミクス」を
考案したロジャー自身に質問ができたのです。

多くの参加者の方の質問に、
ロジャーが答えたのですが・・・

その中の一人の質問と
ロジャーの回答をご紹介しますね。

質問者
「私のプロファイルはスターです。
サロンのビジネスをやりたいと思います。

自分のやりたいビジネスで成功するには、
どのようなことをすればよいでしょうか?」

ロジャー
「スペクトルは?」

質問者「オレンジ(労働者)です!」

ロジャー
「オレンジのスターだね。
まず、君はスターのプロファイルだよね?

スターにとって、「どうやって?」
という質問をするのは、
良い質問ではないんだ。

スターにとって大切なのは、
「何?」「誰?」という質問。

「何?」は決まっているので、
次は「誰?」を考えるべきなんだ。

君のやりたいビジネスで、
既に成功している人はいるかい?」

質問者「います。」

ロジャー「この段階で、やってはいけないことは、
いま働いている会社を辞めてしまうことなんだ。

そうすると、収入がゼロになって、
ウェルス灯台の1番下の赤外線レベルまで、
落ちてしまう。それは健全な状態ではないよね。

まずは、自分のやりたい分野で、
成功している人や会社を探すのが最初のステップ。

そして、君はスターだね。」

質問者「はい」

ロジャー「ということは、人に会うのは苦ではない。
知り合いもたくさんいるはずだ。

だから、既に成功している人で、
あなたがやりたいビジネスをやっている人。

この場合はサロンのオーナーなどかな。

その人にこういうんだ。

『私は人を集めるので、
あなたのサロンでイベントをやりませんか?』

という提案をする。

イベントといっても、
パーティーみたいなものでもいい。

そうして、
得られた収益の一部を、
あなたがもらうことができるし、
イベントを通して既に成功した人が、
どのように考えて何をしているのか?

近いところで見て学ぶことができるんだ。

1から何かを始めるのではなく、
フローのあるところを見つけて、
そのフローを自分のところに持ってくることを、
考えてみよう。

それが、スターとして、
サロンのビジネスをスタートさせる、
良いステップになるよ。」

このようなやりとりがありました。

今回の質問とロジャーの回答は、

・ウェルスダイナミクス

・ウェルススペクトル

を両方活用したアドバイスとして、
とても理想的な使い方だなと思ったので、
ご紹介しました。

これはスターの方に対する回答でしたが、
プロファイルが違っても応用はできます。

クリエイター(ダイナモ)であれば、
斬新なアイデアや戦略を活かしたセールスなどで。

トレーダーであれば、
現場での活動や事務が必要な場面で。

ロードであれば、
専門的な知識や裏方の仕組み作りの場面で。

それぞれ、既にフローのあるところ。
大きな売上が既に立っている人や組織の中に入っていき、
自分の得意な分野の力で貢献をし、
よりいっそうフローを大きくすることで、
自分の収入も増やすことができます。

あなたは、どんなことをこれからやってみたいですか?

それをすでに達成できている人って、
どんな人でしょうか?

その人に対して、
あなたの強みを活かして貢献できることには、
どんなことがあるでしょうか?

ぜひ、あなたの場合はどうなるのかを、
考えてみてくださいね。

考えるヒントとしては、
ロジャー・ハミルトンの著書、

『才能は開ける』を参考にするのが良いです。

もちろん、お持ちですよね?

フェスタに参加された方は、
改めて読んでみると、

「これは、こういうことだったのか!」

と新たな発見があって面白いと思います。

ウェルスダイナミクス、ウェルススペクトル、
2つの柱を活用することが、
より良い人生を皆さんが送るための、
サポートになりましたら幸いです。

 

【ロジャーの講演を体験したい方へ】

ウェルスダイナミクス考案者

ロジャー・J・ハミルトンの講演の様子は、

下記の動画コンテンツ

「収入を劇的に変えるマインドセット」

などの中でご覧になることができます。

 

リアルタイムの講演は日程が決まり募集が開始したら、

LINEやメルマガの中でご紹介します。

知りたい場合は登録しておいてくださいね。

→ ウェルスダイナミクス公式LINEへの登録はこちら(無料)

Pocket