目標設定の見直しと、4つの質問

Pocket

あなたは今年のはじめに、何か計画を立てましたか?

ウェルスダイナミクスにおいては、考案者であるロジャーハミルトンが

「フューチャービジョン」

と呼ばれる年間目標を立てることを推奨しています。

これは単なる計画ではなく、1年後すでにその目標を達成した自分をリアルにイメージする方法です。

それに対して実際に四半期ごとの飛行計画(マイルストーン)を設定し、進捗を見ながら都度計画の見直しを行うんです。

 

9月も中旬を迎え、2018年も第四四半期を迎えようとしています。

ということで!

せっかくなのでこのタイミングで、一緒に飛行計画を見直してみましょう。

 

フューチャービジョンでは

私の収入は・・・
私のビジネスは・・・
私の時間は・・・
私のチームは・・・
私の家族は・・・
私の健康は・・・

といったように各項目に対して「1年後どうなっているか?」をリアルに思い浮かべながら設定します。

フューチャービジョンでなくて構いませんので、あなたも年始に立てた目標を思い浮かべてください。

 

ちなみに目標設定をした後にやってはいけないこと。

それは

「何もできなかった・・・」

と、ただうなだれることです。

厳密に言えばどこかで変化は起きています。
でも多くの場合、何も変わっていないと勝手に決めつけてしまいがちです。

そして行動できなかった自分に「ダメなやつ」というレッテルを貼ってしまい、それが翌年の自分にまで影響を与えます。

そうならないためにもまずは、ここまでの変化をしっかり確認しましょう!

 

1) 変化を書き出す

さあ、年始に比べて現時点ではどんな変化が起きていますか?

収入は?
ビジネスは?
家族は?
健康は?

どんなことでも良いので、変化したことを書き出しましょう。

「行動は起こしてないけど意識や考え方が変わった」

でも全然OKです。

そして少しでも良いので、日々前進していることを感じてください。

 

例えば私の場合はありがたいことに、収入とビジネスにおいては飛行計画よりも大きく成長させることができています。

これは120点満点なので、自分を褒めつつ残りの期間で更に高い目標を設定します。

しかし健康に関しては・・・

「体重を落としたことでパフォーマンスが向上。モチベーションの高い状態で仕事に取り組むことができています」

としましたが、すくなくとも現時点で体重は落ちていません(笑)

通常ならここで

「はあ・・・」

とうなだれますが、何もしていないか?と言われるとそうではなく、一応途中からジムには通い出したんですね。

まだ結果は伴っていませんが、変化は起きているわけです。

 

そこで大切なのが次のステップ

 

2) 目標に対して今からの変化を決める

もし現時点で結果が出ていなくても大丈夫です。

では今一度、目標を明確にしてください。
・・・よいですか?

 

その次に今度は

「目標と現状のギャップ」

を明らかにしましょう。

そして目標を達成するために今から

・何ができますか?
・誰の助けを得られますか?
・環境は変えられますか?
・やり方をどう変えますか?

いかがでしょう?
思いつくことはありますか??

それが分かったら、残りの期間はそこに注力するだけです。

そうやって現時点で起きている「わずかな変化」を加速させるんですね。

 

どんな時も大切なことは、現状を正しく知ることです。

そして叶うかどうか?は別として、とにかく叶えたい目標や目的をもつこと。

ウェルススペクトルにおいても、まず最初にやることは現状のレベルを測定することですよね?
そして次に行きたいレベルを設定します。

そこで生まれたギャップを一つずつ解消していくことで、確実にレベルが上がっていきます。

うなだれている場合ではありません(笑)

 

2018年もまだ残り3ヶ月あります。

もう3ヶ月?まだ3ヶ月?

このちょっとした意識の違いで、間違いなく2019年の迎え方は大きく変わりますよ。

さあ、あなたはこれから

・何ができますか?
・誰の助けを得られますか?
・環境は変えられますか?
・やり方をどう変えますか?

もし、どうしても
この答えに行き詰まったら・・・

10月のこのイベントに来てください!


※↑タップで特設サイトへジャンプします。

 

こういったちょっとしたきっかけが
上記の質問の答えにつながるはずです。

実は今回、私はイベントのMCを務めることになっています。

会場でお会いできることを楽しみにしていますよ!

 

岩下知史(スター)

 

Pocket