絶対売れる商品を見つける方法..

Pocket

 

あなたはビジネスで成功したいですか?

そうですか、ならば今日の話を
聞き逃す選択肢は存在しません。

1億円を超える売上を上げるのに
絶対的に必要な要素があります。

それが、

 

売れる商品

 

です。

この商品企画でコケていると
どんなに努力しても報われません。

商品で差別化ができない今、
商品でなく自分を売り込め!と
よく言われるようになりましたが…

自分を売り込むとしても
商品自体が誰も欲しがらなければ、
苦戦を強いられる事になります。

逆に言えば、本当に人のニーズに
ピッタリの商品を持っていれば、
それだけビジネスが楽になります。

今日は、そんな貴方のビジネスを
猛烈に簡単にしてくれる..

 

絶対売れる商品の作り方

 

の秘密のレシピを公開します。

 

 

●売れる商品の方程式

 

絶対売れる商品の方程式

この方程式に従って
商品を企画してください。

この方程式にバッチリとハマっていれば
簡単に1億円を超えることができます。

逆にこの方程式を無視していれば、
どんなに頑張っても報われないのです。

 

一所懸命、頑張っても売上が
満足行くレベルで上がらない人。

売上を安定させたいのに、
安定しなくて困っている人は、
この方程式に合わせて商品を
再チェックしてみてください。

恐らく、何かがズレているから
販売に手こずってしまっています。

 

と、いうことで・・・

売れる商品の方程式

ですが。。

以下のとおりです。

 

お客さまに欲しい物を聞く×それを売る

 

以上です。

 

あなたはお客さまとどれくらい
コミュニケーションを取っていますか?

ここの質と量が商品の売上を決めます。

お客さまが欲しい物さえわかれば、
あとは「それ」を売るだけです。

 

多くの人がお客さまの欲しいものでなく、

自分がお客さまにとって良いと思うもの

を、売ろうとしてしまっています。

その結果、売上が思うように
振るわないのです。

 

 

ビジネス=どれだけエゴを消すか!

 

私が思うに、ビジネスで成功するには
どれだけ自分のエゴを消していくかです。

そして、社会のため、関係者のために
貢献することができるか、が勝負を決めます。

お客様の声、社会の要請に
どれだけ真摯に従うかで
売上が変わるのです。

 

 

結果を謙虚に受け止める

 

「私は自分のためでなく、
人や社会のためにやっています!」

と、鼻息を荒くして話す人がいますが、
売上が上がっていないのなら
恐らくエゴが入っていると思いましょう。

 

ビジネスは完全に厳密な
富の法則のとおりに動きます。

ですので、本当にエゴを消して
社会のため、人のためにしていれば
必ず売上が爆発的に上がるのです。

ですので、謙虚に・・・

 

どこがまだお客さまや社会の
 ニーズに答えられていないのかな?

 

と、振り返る必要があります。

 

自分が豊かになりたい。

その思いは健全です。

しかし、自分が豊かになるには
人のため、社会のためになる事を
遂行していくしかないのです。

自分のどんな思い込みが、
お客さまの真のニーズに答えるのを
邪魔しているのかを振り返りましょう。

 

 

●ありがちなミスは…

 

私はこれまで何千人もの起業家と
出会いました。

そんな中で、爆発的に売る人と、
うだつの上がらない人に出会い
その違いを分析したら。

共通点が見つかりました。

 

以下、うだつの上がらない人に
ありがちな商品企画の失敗例
上げておきます。

 

1:お客さまの痛みを絞れてない。

実はお客さまが解決したいのは
たった一つの目の前の大きな痛み。

深い悩みや本質的な部分は
後で解決していくことになりますが..

特に最初のうちは目の前の

一番強い痛みだけ!

にフォーカスすることが大切です。

 

多くの人があれもこれも解決できることを
全部アピールしようとしますが..

これは実は販売者視点なのです。

お客さまは自分に関係のない
価値は「話さないでほしい」のです。

 

2:大まかな希望や痛みしか把握していない。

多くの人が「お客さまが何を求め、
何を避けたいか」を知っていると言います。

そのとおりだと思いますが、
売れる人はその解析度が異常に高いです。

つまり、お客さまの悩みをより具体的に
知っているということです。

 

3:深い部分と浅い部分の両方を理解できてない。

なぜ、その問題が問題になるのか?

なぜそれを希望しているのか?

と、お客さまの気持ちの深い部分と
浅い部分の両方を理解していない人が多いです。

抽象度の高い人は、深い問題だけに
フォーカスが当たってしまって
表面的な問題を無視してしまいがち..

逆に表面的な問題だけを扱ってしまい、
イマイチ売れない商品になるものもあります。

 

ここでのポイントは。。。

深い部分も、表面的な部分も
 両方が大事

ということです。

 

でも、ここまでのミスは
まだ取り返しのつく小さなミスです。

実はこれら以上に究極的にマズイ
致命的なミスがあります。

それが・・・

 

事業選定をミスっている

 

です。

 

ハッキリ言い切ります。

今から衰退する事業で
いくら頑張っても努力は
報われにくいのです。

逆に、これから成長する事業に
参入したら頑張った努力が
何倍にもなって帰ってきます。

このこれから伸びる事業の
見極め方を多くの人は無視しています。

 

 

この事業の見極め方は・・・

 

1: 情熱とマッチする分野

例えば、年商1000万円レベルであれば
事業選定を無視しても気合と根性で
稼ぐことが出来ますので..

まずは情熱ありきです。

 

たとえ衰退産業であっても
本当に情熱があるのなら
入り口としてそこに行きましょう。

でも、こればっかりやっていても
なかなか努力は報われません。

次に考えるのが・・・・

と、行きたいところですが、
こんな話、面白いと思いますか?

ゴリゴリ、ビジネスの話なので
ちょっと惹かれてるんじゃないかと
ビビっているフシがあります。

 

今、メルマガのテイストを
変更していっているのですが..

この方向性で正しいのかどうかを
シッカリと確認したいので..

ぜひとも感想を以下のメールアドレスに
送ってください。

matsui@jwda.org

※返信のお約束はできませんが、
必ず目を通しています。

それでは感想を送ってください。

 

おもしろい!との意見が多ければ
この方向性で続きを書いていきます。

最近はコピーライティングよりも
この商品づくりや事業選定が
ビジネスの鍵を握るとわかってきました。

※10年かけてやっと分かりました。

 

あなたは先にこの情熱を基準に
自分の事業を決めて、
ヘマしないようにしてくださいね。

それでは!また会いましょう!

じゃね〜

 

松井 万理

 

追伸:
ビジネスで大切なのは
お客さまの気持ちを知るです。

つまり、お客さまからの
意見を常に常に常に聴くことです。

 

勘の良い人は気づいていると思いますが、
私の出すメールの8割は感想を求めます。

これはこういった意味があるのです。

 

あなたも、ビジネスをやっているのなら
メールを読んでくれている人や記事を
読んでいる人とぜひとも話してみてください。

それでは!また会いましょう!

 

Pocket